« ポンドドル、豪ドルもやや重 | トップページ | 08年2月以来の景気下方修正 »

2010年10月15日 (金)

報道の叫びより市場の叫びを

「報道の叫びより市場の叫びを聞きたい」

「米長期金利上昇、金融緩和期待でも」

*金融緩和期待はFFレートや短期金利に影響して長期債には影響しないこともあるが

今週の米国債3年、10年、30年債の入札はいずれも不冴えで利回りが上昇している

*景気回復の兆しならばいいのだが暫くは要注意だ。

いろいろな米国景気の報道よりも長期債市場が実態を表してくれる

ギリシアでも悲観的報道のなか、長期債金利が低下して市場では景気回復、債務問題の落ち着きを叫んでいた

*報道の叫びより市場の叫びを聞きたい

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンドドル、豪ドルもやや重 | トップページ | 08年2月以来の景気下方修正 »

為替10年10月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報道の叫びより市場の叫びを:

« ポンドドル、豪ドルもやや重 | トップページ | 08年2月以来の景気下方修正 »