« ドル円、他国市場を揺るがす中国、自国平穏 | トップページ | ポンド円、なんとかボリバン内に戻りそう »

2010年10月20日 (水)

ユーロ円、メルケルおばさん元気

「ユーロ円、メルケルおばさん元気」

*ボリバン下限から反発(111.59-115.67)

*ただ10月12日からの上昇ライン下抜け

*9月16日-28日の上昇ライン下抜け。このラインが上値抵抗となっているので依然ほどの強さはない

*ユーロドルも中国株上昇で戻す

*10月15日-18日の下降ラインには絡む

5日線はまだ下向き

Ws000045

(材料)

*メルケル独首相=ユーロ救済プログラム、2013年以降に延長できない○為替の保護主義が最大の脅威かもしれない○ドイツ経済、今年の成長率は3%を超える可能性も。

*シュタルクECB理事=世界的なインフレは底打ちした○世界的なインフレは抑制されたまま。ECBは機能している市場への介入を避ける必要がある、現在は、インフレ又はデフレどちらのリスクもない、緩和的すぎる金融政策は悪影響となる可能性

* 独・9月生産者物価指数(前月比)前回: 0.0%、予想:+0.2%、今回:+0.3%

(予定)

20(水) 独 生産者物価指数
21(木)スイス 貿易収支、ユーロ圏PMI製造業、サービス業、総合景気指数 消費者信頼感・速報、

22(金)G-20、 IFO景況指数、

(講演)

20(水)ECBシュタルク理事

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円、他国市場を揺るがす中国、自国平穏 | トップページ | ポンド円、なんとかボリバン内に戻りそう »

為替10年10月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドル円、他国市場を揺るがす中国、自国平穏 | トップページ | ポンド円、なんとかボリバン内に戻りそう »