« 明日も楽しくFX、週末、中国デイ | トップページ | ワールドマーケットナビ BY マネックス証券 »

2010年10月14日 (木)

外為入門93、PFその2

「外為入門93、PFその2」

(PFその2)長所はトレンドには絶対逆らわないことになるし、利益の幅もかなり拡大できる。短所は狭いレンジで行ったり来たりの相場では収益が上がらない。(しかしそんな時は誰でも儲けにくい。)

大相場は必ず取れる。しかし24時間やらないといけない。もちろん時間を区切ってやってもよい。 銀行のディーラーはこんなことをやらなくてもいろいろ楽に儲かる仕組みがあるのでやらなくてもよい。 

 一度 3人か4人で24時間ポジションを回そうということになったり、海外支店とリレーしようということになったり、傲慢にもブローカー諸氏に任せようともなったがすぐ立ち消えとなる。

 単純なシステムトレーディングである。これくらい開発してくれればいいのにと思う。自動的に売買するだけだ。 ひっくり返すのも簡単であろう。EBS(電子ブローキングシステム)とタイアップして作って欲しいものだ。

 注意点としては経済指標や 要人発言で相場が飛んだときにプライスが取りにくいことだが、確率的には低いのでそれについて議論する必要もない。

 最後はこの手段があるから、普段は人間的に感情を押し殺さず思うがままに取引している。
感情を抜いて確率の高いチャートでやるのが良いのか、人間として生まれた以上 煩悩のおもむくままにそれなりの知性を振り絞ってやるのがいいのかは個人の好みであろう。

 しかし 24時間ポイント&フィギュアーディールは必ず儲かるのである。最後の砦だがそれをやる気力と体力、辛抱力がなくなってきた。 若い人はやれば良い。儲かるけど面白くない。しかしトレンドを外さないで苦しいポジションは持つことはない。体力、気力ディールだ。 

|

« 明日も楽しくFX、週末、中国デイ | トップページ | ワールドマーケットナビ BY マネックス証券 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日も楽しくFX、週末、中国デイ | トップページ | ワールドマーケットナビ BY マネックス証券 »