« 宴の後、ポンド円最強、動いた通貨 | トップページ | 「ドル円、ユーロ円、朝市」 »

2010年9月16日 (木)

ドル円見どころ、輸出動意出るか、出させるか

「ドル円見どころ、輸出動意出るか、出させるか」

*MOFも一旦やったからには、尻すぼみで終わらせることは出来ないので執拗に欧米でも介入をやっている。EBSを使えば、他中銀を煩わせることなくやれる

*さて今日もMOFは実需が取引を激しく行う仲値までの取引状況をチェックするだろう

*85台で輸出が売るか、まだ待つか、 あるいはMOFが輸出に売らせるか(せっかく上げてやったのに何を躊躇しているのだと怒る、このあたりは輸出業者をヒアリングしたほうがいいだろう、自動車と電機など)

*輸入はあせらずコンスタントに買いを入れる

*問題は資本であり、日本の民間投資家はリスクテイクしなくなってしまった。郵貯カンポ年金の御三家が外貨投資に動くかどうか。個人は外貨投信残高減少からみると元気がない。

*介入以外にとめる手だてはない。金融緩和、内需拡大など上手くいった試しがない。

*介入を止めて、輸出入の売買ギャップが介入を上回ればまたドル円は下がる。

*だからMOFは寝てはいけない

*また投機筋は相場にはあまり関係がない。300兆の世界の出来高があるので介入はきかないというのは真っ赤なウソである。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 宴の後、ポンド円最強、動いた通貨 | トップページ | 「ドル円、ユーロ円、朝市」 »

為替10年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宴の後、ポンド円最強、動いた通貨 | トップページ | 「ドル円、ユーロ円、朝市」 »