« ドル円、ボリバン下限で小康、大臣不作為 | トップページ | ポンド円、損切り売りあり、ボリバン下限歯止めとなるか »

2010年9月 8日 (水)

ユーロ円、ニュースの前に下抜きあった

「ユーロ円、ニュースの前に下抜きあった」

*WSJのストレステストの不備指摘などニュースもあったが、朝お伝えしたように

8月31日-9月1日の上昇ラインを下抜いたことでの調整が大きい

*8月24日-31日のなだらかな上昇ラインも下抜く

*ボリバン(104.82-113.97)

*5日線上向きだが今日で反転の可能性

*一目の雲(111.0-111.68)

Ws000047 

Ws000048

(注文) 

*売りは106.50の小から

*買いは106.40の中から

*損切りは売り買い小さいがやや売りが大きい

(材料)

ビーニスマギECB専務理事

市場は非常に不安定になる可能性

*WSJの報道のストレステストでの不備

*IGメタルの賃上げ6%交渉

*ギリシア利回り再び上昇

*フランスロマ、スペインETA問題などあり

*その中で今日も講演会合多し。

スマギECB理事(15:00)日銀総裁会見(15:30)、EU財務相理事会、ユーロ圏財務相臨時会合90億ユーロの対ギリシャ支援を承認、 シュタルクECB専務理事(2:30AM)、バーゼル銀行監督委員会

*英テレグラフ紙が、IFO所長がギリシャの財政政策ではデフォルト回避できないとしているがギリシア金利落ち着いている
*独IGメタルは強気にも6%の賃上げ要求

(予定)

7 (火) スイス 失業率、独 製造業受注
8(水)独 貿易収支、経常収支、仏貿易収支、仏財政収支 独 鉱工業生産

9(木)仏 第2四半期非農業部門雇用者・確報値、独 消費者物価指数・確報値、独 卸売物価指数、ECB月例報告
10(金)仏 製造業生産指数、鉱工業生産

12日 名護市議選 

(講演)

7(火)スマギECB理事(15:00)、EU財務相理事会、ユーロ圏財務相臨時会合90億ユーロの対ギリシャ支援を承認、シュタルクECB専務理事(2:30AM)
8(水)ルクセンブルク中銀総裁、ユンケルEU議長、
9(木)OECD日米欧の経済見通し中間評価を発表、リッカネン・フィンランド中銀総裁、オルドネス・スペイン中銀総裁、
10(金)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円、ボリバン下限で小康、大臣不作為 | トップページ | ポンド円、損切り売りあり、ボリバン下限歯止めとなるか »

為替10年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ円、ニュースの前に下抜きあった:

« ドル円、ボリバン下限で小康、大臣不作為 | トップページ | ポンド円、損切り売りあり、ボリバン下限歯止めとなるか »