« 年間株・資源・金利=景気後退の欧米株は小幅高 | トップページ | ドル円、現在のPFの形 »

2010年9月12日 (日)

円高は輸出と変動相場制採用の問題

「円高は輸出と変動相場制採用の問題」

*偉そうな人が出て円高の要因は日銀の供給不足とか、また円高とは関係のない財政赤字だけを増やす円高対策モドキが打ち出されようとしている。

*円高の要因は輸出が多いことと、変動相場制を導入していること、もう一つ上げればアジアの民族性(真面目、貯蓄好き、政府を信頼しない)にある。投機筋とはあまり関係がない。

以下は2009年の経常収支ランキング。アジア民族はランク上位にいる。

*ではそのアジア諸国が完全変動相場制をとっているかといえばそうでもない

*欧州はユーロ統一通貨導入&拡大で完全な変動から離脱しようとしている

*米国はドルが世界中使えるメリットがある

円高を抑制するには輸出の抑制(輸入の増加=でもアジアの民族性から難しい)

*管理相場にすること(固定ではなく介入、リファレンス相場) 

*ドルになること

それが嫌なら数年ごとにTVのワイドショーに取り上げられる円高騒ぎが起きる

*以下は2009年の経常収支ランキング

1位  中国
2位  ドイツ
3位  日本
4位  ノルウェー
5位  ロシア
6位  スイス
7位  韓国
8位  台湾
9位  オランダ
10位  シンガポール
11位  マレーシア
12位  クウェート
13位  スウェーデン
14位  香港
15位  サウジアラビア

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 年間株・資源・金利=景気後退の欧米株は小幅高 | トップページ | ドル円、現在のPFの形 »

為替10年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年間株・資源・金利=景気後退の欧米株は小幅高 | トップページ | ドル円、現在のPFの形 »