« 豪雇用後の5分足、ラッキーカントリー | トップページ | ポンド円、いよいよ政策金利、物価上昇の兆しあり »

2010年9月 9日 (木)

ユーロ円、上値抵抗多い

「ユーロ円、上値抵抗多い」

*9月3日-6日の下降ライン上値抵抗

8月31日-9月1日の上昇ラインを下抜いている

*8月24日-31日のなだらかな上昇ラインも下抜く。このラインも抵抗

*ボリバン(104.69-113.01)

*5日線下向きのまま

*一目の雲(111.0-112.24)

Ws000014

Ws000015

 

(注文) 

*昨日は午後に珍しく損切りの買いが出て上昇したが今日の損切りは小さくニュートラル

*売りは107から

*買いは106.前半は小さく、106.0が大

*損切りは売りが106.40、買いは107.10

(材料)

WSJ紙はストレステスト(健全性審査)について疑問視したが欧州当局から反応なし

*ギリシア金利だけ上昇。スペイン、ポルトガルは低下

*独ジョイブレ財務相
・財政危機は、ユーロ危機ではない
・ユーロ圏には財政規律が必要だ
・現在ユーロ圏にインフレのリスクはない
・現在の金融政策は緩和的であり、適切だ
・経済成長は今年下半期に減速する可能性が高い
・依然として2011年の景気見通しにはリスクがあると認識している

独・7月鉱工業生産(前月比/季調済)、前回:-0.6%、予想:+1.0%、今回:+0.1%
独・7月製造業新規受注(前月比)、前回:+3.2%、予想:+0.5%、今回:-2.2%

*ウェーバー独連銀総裁=○金融市場は落ち着き増した、不透明残る○危機終了を宣言するべきではない○リセッション二番底リスク懸念せず○景気の展開は予想よりも良好。

(予定)

9(木)仏 第2四半期非農業部門雇用者・確報値、独 消費者物価指数・確報値、独 卸売物価指数、ECB月例報告
10(金)仏 製造業生産指数、鉱工業生産

12日 名護市議選 

(講演)

9(木)OECD日米欧の経済見通し中間評価を発表、リッカネン・フィンランド中銀総裁、オルドネス・スペイン中銀総裁、
10(金)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪雇用後の5分足、ラッキーカントリー | トップページ | ポンド円、いよいよ政策金利、物価上昇の兆しあり »

為替10年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豪雇用後の5分足、ラッキーカントリー | トップページ | ポンド円、いよいよ政策金利、物価上昇の兆しあり »