« 欧州これから | トップページ | 金利動向あれこれ:水谷 »

2010年9月22日 (水)

元為替ディーラー鍼灸師の健康迂話

「元為替ディーラー鍼灸師の健康迂話」

2010年 09月 22日
呑氣堂健康迂話 十五夜
ここのところ雨続きである。しかも今朝は空気がつめたい。いよいよ秋がやってくると、もう冬のことが心配になってくる。昨シーズンやや不調だった暖房器具の整備を急がなければと冬支度に忙しい最近である。北海道では初雪も観測されたそうだ。

きょうは十五夜。旧暦の八月十五日である。今月上旬に空に浮かんでいた三日月はとても大きく思わず見とれてしまったが、あれからすでに二週間を経過した。今回の十五夜は満月(望)ではなく、十六夜が望にあたる。

月の成長を数字で表すいわゆる朔から望は、おおよそ13から15日程度の間で変化する。月の軌道が完全な円ではない関係でそういった誤差が生じるのだが、まあその辺はおおらかに考えたい。ほぼまあるい月を中秋の名月として愛でたい。

気になる天気だが、秋田県地方は曇りや雨が続くようでやや不安である。ちなみに昨日のよるは夜遅くなって高い位置に上った月が、雲を押しのけるようにその隙間から強い光を放っていた。春のおぼろ月とも違う、こぼれる光で雲の模様が浮かび上がる、それはそれで幻想的で楽しめた。

江戸時代の碩学、佐藤一斎は、”人の月を看るはみな徒らに看るなり。須らく此に於て宇宙窮り無きの慨を思うべし”と、乙亥中秋月に録している。冷気のなか、空を見上げて月や星が何年前かに放った光や氣を浴びてみよう。無窮の宇宙の真理に触れるよい機会である。

|

« 欧州これから | トップページ | 金利動向あれこれ:水谷 »

我以外皆師」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 欧州これから | トップページ | 金利動向あれこれ:水谷 »