« 豪ドル円、ユーロに連れ高 | トップページ | 対中制裁法案 »

2010年9月24日 (金)

タイ株は今週3.7%上昇

9月24日のアジア株と週間騰落率です(クリックで拡大します)。

100924

本日、上海市場は中秋節で休場です。東南アジア株はインドネシア、タイ、シンガポールが上昇。マレーシアとベトナムが下落しています。

タイのSET指数は今週3.07%上昇。ロイターのニュースによると「海外勢のタイ株買い越し額は今週4億4500万ドルに達し、東南アジア地域では最大だった」だったそうです。タイ証券取引所のウエブサイトなどによると、今日もっとも取引が多かった銘柄は、TRUE CORPORATION PUBLIC COMPANY LIMITED という携帯電話やインターネットなどの通信関連の会社で株価は前日より8.78%上げています。 TOTAL ACCESS COMMUNICATION PUBLIC COMPANY LIMITED という通信関連の会社も5.10%上がっています。ちなみに、タイでは、23日に裁判所が、20日から行われる予定だった3G携帯電話ネットワークのライセンス入札の中止を命令したこともあり、通信関連の株価が下がっていました。SET指数は終値ベースで14年ぶりの高値だそうです。

このところ好調なインドネシア株ですが、今週の週間騰落率は0.38%上昇していますが、今週は4日連続で下落していました。とはいえ、今日は終値ベースでの史上最高値をつけています。インドネシア政府が、銀行最大手で国営のマンディリ銀行と、同じく国営のヌガラ・インドネシア銀行の株主割り当て発行計画を承認したという報道があったそうで、マンディリ銀行が4%、ヌガラ・インドネシア銀行が6.5%上がっています。

東南アジア、調子がいいですね。その一方で、中国の5カ年計画で、経済成長率目標が引き下げられるという見方が出ているそうです。ブルームバーグによると「シティグループは成長率目標が現行5カ年計画の7.5%から7%に抑えられるとの見通しを明らかにした」のだとか。ちょっと気になりますね。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪ドル円、ユーロに連れ高 | トップページ | 対中制裁法案 »

5大山弘子(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豪ドル円、ユーロに連れ高 | トップページ | 対中制裁法案 »