« 最新OECD各国経済見通しー日本弱い | トップページ | ポンド円、三角持ち合い »

2010年9月10日 (金)

ユーロ円、幹部強気、注文増え寄り引き同時

「ユーロ円、幹部強気、注文増え寄り引き同時」

*底堅くなっているが伸びない

8月31日-9月1日の上昇ラインを下抜いた、9月7日-8日の下降ラインは上抜け

*8月24日-31日のなだらかな上昇ラインも下抜く。戻ってきているがこのラインが抵抗

*ボリバン(104.71-113.01)

*5日線下向き

*一目の雲(111.0-112.24)

Ws000001 Ws000002

 

(注文) 注文増える

*売りは106.80から107.50まで中、107.60が大

*買いは106.60の小から、105.80が大

*損切りは売り買い小さい

(材料) 一応各国首脳は強気になってきた

ECB月報 = 金利は適切
ジョイブレ独財務相発言=独失業者、年内に300万人割込む可能性○来年に1.5-2%成長なら良好○ドイツは財政健全化の軌道を維持へ。

ポルトガル首相=○ポルトガルがデフォルトすることはありえない○市場はポルトガル債の購入を拒んではいない○ポルトガル債には十分な需要がある○ポルトガルは赤字削減に努力○世界の回復に中国が極めて重要。

ギリシャ財務相発言=ギリシャ国債はもはや不安の対象ではない。

ルクセンブルグ中銀総裁発言= ECBは緊急措置を徐々に解除へ、12月会合にも判断へ○市場の正常な機能回復を目指す○ユーロ圏の4-6月期成長は自律的な回復を示唆している。

アイルランド財務相発言=アイルランドは欧州救済資金を必要としていない。
米報道紙にて、先日実施された欧州圏金融機関に対するストレステスト(健全性審査)について疑問視する

(予定)

9(木)仏 第2四半期非農業部門雇用者・確報値、独 消費者物価指数・確報値、独 卸売物価指数、ECB月例報告
10(金)仏 製造業生産指数、鉱工業生産

12日 名護市議選 

(講演)

9(木)OECD日米欧の経済見通し中間評価を発表、リッカネン・フィンランド中銀総裁、オルドネス・スペイン中銀総裁、
10(金)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 最新OECD各国経済見通しー日本弱い | トップページ | ポンド円、三角持ち合い »

為替10年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最新OECD各国経済見通しー日本弱い | トップページ | ポンド円、三角持ち合い »