« iPAD10台の豪華商品、セントラル短資FXの為替ゲーム | トップページ | some headline:津田 »

2010年9月15日 (水)

若者を助けないと

「若者を助けないと」

大学やジムで若者と話すと、TVでやっている「新卒者が100社回っても就職出来ない」のは本当らしい

*私の時代は、自分がOKといった時で就職が決まったり、会社が内定を出した人を温泉などでかくまい他社と交渉させないようにしていた。

*別に当時の学生が優秀だったのではなく時代である

*最近のような過酷な事態に陥ったのがすべて円相場のせいではないが、大きく影響しているだろう。実質実効為替レートは円安。そういった現実的でないものをだしても仕方がない。机上の空論。企業は着実に日本から離れている

*厳しく言えば手に職をつけて語学を身につけて海外に活路を見出すしかないが、出来ることがあれば手伝いたい。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« iPAD10台の豪華商品、セントラル短資FXの為替ゲーム | トップページ | some headline:津田 »

為替10年9月」カテゴリの記事

コメント

私は中年ですが、全く同感です。海外では自国内に就職先が無く、英語、仏語を学んで海外に出稼ぎするのが普通という国が沢山あります。親も我が子が海外へ出て行くことを喜びます。

先進国ではイギリスあたりがずっと前からそんな感じですね。学力学歴的にも人格的にも特に問題ない人多数が、毎年海外へ出て行く。日本でも英語の先生として、非常勤かつ低賃金で働いています。

日本人も、いつまでも横文字アレルギーといって英語を勉強しないでいるとワーキングプアになるよ、と私が言うと、当事者たちは「何もそこまでしなくても」という反応がまだ圧倒的多数です。

かく言う私の親戚の子たち(おい、めい)は、やはり就職できそうにありません。私がFXを教えて当面の生活費稼ぎとしつつ、その先何をするかは本人たちに考えさせようかと思案中です。

投稿: 通行人 | 2010年9月15日 (水) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iPAD10台の豪華商品、セントラル短資FXの為替ゲーム | トップページ | some headline:津田 »