« 上海上げ、貴金属上げ、金利上昇、アジア株資源金利 | トップページ | 不快シリーズその4、円売り介入 »

2010年9月17日 (金)

ランド円、強いがドルランドが一服

「ランド円、強いがドルランドが一服」

*ボリバン上限を上抜き今もからむ11.35-11.91

*9月8日-9日-10日の上昇ラインあり

*14日の下ヒゲも効く

*なだらかな8月24日-9月8日の上昇ラインもある

*9月3日-6日の下降ラインを上抜く

*5日線は上げに転じる

*薄い雲は11.70-11.70
*下げ続けてきたドルランド(ランド高)で一服感あり。豪ドルほど伸びない

Ws000030 Ws000031

(注文)

*売りは12.10から大

*買いは11.95から、大は11.70から、

*損切りは売り買い小さい

(材料)

*指標は悪くない、されどインフレは落ち着いている。

*ストは続く

*ランド高に組合は不満、中銀も警戒するが一応市場に任せる姿勢をとる

南ア=8月住宅価格3.8%上昇(前年比)
*資源価格も総じて強い
BER企業信頼感指数(7-9月)、前回:14予想:N/A、今回:15
南ア・政策金利、0.5%引き下げ6.0%へ
マーカス南ア中銀総裁=これ以上の利下げは限定的、経済は現実的に成長を続けている。インフレ見通しを下方修正へ、2011年のインフレ平均は4.8%と予想
ランドは予測していたよりも強くなっている

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 上海上げ、貴金属上げ、金利上昇、アジア株資源金利 | トップページ | 不快シリーズその4、円売り介入 »

為替10年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上海上げ、貴金属上げ、金利上昇、アジア株資源金利 | トップページ | 不快シリーズその4、円売り介入 »