« 外為入門71、為替相場は日常生活密着 | トップページ | 年寄りはモテる »

2010年9月14日 (火)

売れない恐怖

「売れない恐怖」

*FXのレバレッジなど現金で証拠金を預けているので何倍でもいい。業者さんが強制ロスカットしてくれるので安全ではないかとも思う。

*ただロスカットが執行出来ないくらい早く大きく動くと、現金という最高の担保も足りなくなる。そのあたりもレバレッジ規制は考慮しているだろう

*FXが開始されてからは、荒れ相場の記憶はないが、1998年10月の1日12円、2日で24円動いた時や、プラザ合意以降の荒れ相場ではプライスがなくなることや、クオートも50ポイントとなることもあった。

*そこまで考えるとレバレッジ規制も必要なのかとも思うが、もう荒れ相場はこないのだろうか。

*プライスのない恐怖もあったが、それは自分で相場を作れる快感でもあった。

*何もなければ自分が相場という気概をもって創作する。エイヤで創作すると皆がついてきて、市場が出来るのである。ただ大台もわからない時に創作するのは緊張した。

*いままでビッドがなくなって売れない恐怖が、オファーがなくなる恐怖よりも多かった

*でも皆恐怖なので結構 すごい価格を出しても叩いてくる人が出てくる、叩けば楽になれる。それが恐怖の大相場につながる

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 外為入門71、為替相場は日常生活密着 | トップページ | 年寄りはモテる »

為替10年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 売れない恐怖:

« 外為入門71、為替相場は日常生活密着 | トップページ | 年寄りはモテる »