« 南ア政府からメール | トップページ | ユーロ円、悪魔のささやき乗り越えて »

2010年9月17日 (金)

ドル円、ボリバン上限、雲下限をにらむ

「ドル円、ボリバン上限、雲下限をにらむ」

*でも何で輸出がどっと出ないのだろう
1.8兆円程度の介入ほど輸出が出ていないのだろう。

*ボリバン上限、雲下限をにらみ合い

ボリバン83.11-86.21、雲86.30-88.80

*9月13日-14日の下降ラインを上に抜け

*5日線上向き

*7月14日-28日の下降ラインもついに上抜け

Ws000018 Ws000019

(注文) 厚い

*売りは85.85-86.00が大。

*買いは85.65の大から、それ以下も厚くなってきている

*損切りは売りが85.50で小、買いは86.0の大から(材料)

(材料)

*「必要ならば」で始まる為替発言はやっていないということだろう。ドル円下がらなければ当局も沈黙。下がった時にやって警戒感を植え付けようとしている。

*まもなく行天さんが「旬の講演=中国経済と日本」

(予定)

9/17(金)日銀 資金循環統計速報 、粗鋼生産、百貨店売上高、(米)8月消費者物価指数、9月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値

(講演)

9/17(金) 行天国際通貨研究所理事長、閣議後に野田財務相や荒井戦略相が会見

(決算)
9/17(金) アスクル、ディスカバーファイナシャルサービシーズ

(外貨投資)

9/17(金) フィデリティ投信 フィデリティ・航空宇宙防衛関連株投信A 国際株式型

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 南ア政府からメール | トップページ | ユーロ円、悪魔のささやき乗り越えて »

為替10年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、ボリバン上限、雲下限をにらむ:

« 南ア政府からメール | トップページ | ユーロ円、悪魔のささやき乗り越えて »