« また1.0割れそう | トップページ | 日本は為替操作国 »

2010年9月16日 (木)

米、今夜貧困率発表、国勢調査から

「米、今夜貧困率発表、国勢調査から」

*最近の雇用統計で騒がれた国勢調査である

*その調査内容が発表される

*貧困層が増加する見込み

*貧困層とは=収入が「貧困基準」を下回る世帯を「貧困層」と位置づけています。米商務省の国勢調査局は「貧困基準」収入を「食費の3倍」と定め、毎年、世帯規模別の基準を公表しています。2008年の場合、4人家族で18歳未満の子どもが2人いる家庭の「貧困基準」は2万1834ドル(約200万円)です。

*2008年は、貧困率が13.2%と11年ぶりの高水準を記録し、無保険者が前年の4566万人より68万人増えて4634万人

 これによると、貧困状態とされている人は08年が3982万人で、前年の3727万人より255万人増加。貧困率では前年の12・5%から0・7ポイント上昇。

 一方、医療保険無保険者は3年連続で4500万人を超過。統計を取り始めてから最悪の水準が続いている。 

 

|

« また1.0割れそう | トップページ | 日本は為替操作国 »

為替10年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« また1.0割れそう | トップページ | 日本は為替操作国 »