« 金利動向あれこれ:水谷 | トップページ | ドル円、夕刻PF »

2010年9月22日 (水)

ゴールドラッシュの思い出

「ゴールドラッシュの思い出」

*2000年ごろ、銀行預金が1000万円までしか保証されないペイオフ制度が施行された

*金業者がその1000万円以上の受け皿として金購入を勧めてきた。

*知性派やエコノミストは「このデフレ時代に金買いとはもってのほか」とアドバイスしてくれたが、その頃より約1000ドルも金は上昇した。

*私が買ったのは、「売る時消費税が戻りますよ」と言われたことと、一度金の現物を持ってみたいと思ったからだ。ドル価で300ドル程度であった。それから消費税は上がっていないがもう金はない。金を持っていても金利もないし、文鎮くらいにしか使えないし、子供にはチョコレート(空港では金の形のチョコが売っている)?と言われてしまったので売ってしまった。売ったらさらに急騰した。

*5%の消費税の時に買って10%で売れば消費税も儲かる。そんなセコイ儲け方ではなく金は長期的に、IN CASE OF EMERGENCYの時に売る為に神棚に飾っておくつもりで保有すればいいのだろう。

*ただ金を買った時、先物のFX業者の方に、「何で先物で買わないのですか、どうせ現物いるなら下がった時現引きすればいいのですから。先物では少額で済みますよ」と言われてしまった。

*まったく素人の金取引であった。

*私のいたスイス銀行は結構金を地下に保有していたし、FXのように金取引をやっていた。金のブロ-チ、時計まで加工して売っていた面白い銀行であった。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 金利動向あれこれ:水谷 | トップページ | ドル円、夕刻PF »

為替10年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金利動向あれこれ:水谷 | トップページ | ドル円、夕刻PF »