« ドル円注文戦線 | トップページ | 戦前の介入 »

2010年9月 9日 (木)

1円は泣くが1億は1兆は

「1円は泣くが1億は1兆は」

*私は元銀行員だが銀行員らしき仕事である窓口業務のところには1カ月程度しかいたことがない。もちろんお札は勘定出来ない。営業店で1円合わないと、泣きながら探し、お客に多くあるいは少なく渡していないかをチェックしたりする。いやその合し方も全く知らず、ただ一緒に何もせず深夜まで付き合うだけであった。もちろん数千円でもなくしたりするとたいへんであった。

*かたや銀行のディーリングルームへいくと、バンバン億単位で儲かる、たまに千万近くやられる。別にたいしたことではない。

*役所も数千円でも手数料や保険料を納めないとうるさいだろう。ただ外貨準備、株などで数兆円やられても、ハコモノで400億円で作って18億円で売っても「べつに」である(スパウザ小田原)。

TOO BIG TO WORRY 、まあ国の損は国民の損と思っているのだろう。

円高で30兆円外準で損をしてさらに、景気対策でハコモノ中心にを数兆円出す。

円安のままで30兆円の景気対策すればスゴかったでしょう。

円高のメリットって言う人いるが、微々たるものと思う。30兆円儲からないでしょう.FXでも。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円注文戦線 | トップページ | 戦前の介入 »

為替10年9月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドル円注文戦線 | トップページ | 戦前の介入 »