« 南アランド円注文、材料、予定 | トップページ | ドル円テク、ボリバン下限に一時接触 »

2010年8月 1日 (日)

華僑三都物語、長崎、神戸、横浜

「華僑三都物語、長崎、神戸、横浜」は

「新華僑、老華僑、変容する日本の中国人社会」譚璐美 劉傑、文春新書の一部である

*私は横浜の中華街は毎日のように訪れている。長崎、神戸の中華街もここ2年で旅行した。大小はあれど構成が似ている。中華街の山の手には異人館がある。西洋人が日本の明治の開国で広東省の中国人を引き連れてきたからだ。

*ただ今は、西洋人より中国人が根をはって生きているのでないかと思う

*日中交流が活発化する中で注目を集める日本の華僑社会。長年独自の位置を占めてきた彼らは、中台関係の変化、新華僑の台頭、世代交代を受け大きな転換期を迎えている

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 南アランド円注文、材料、予定 | トップページ | ドル円テク、ボリバン下限に一時接触 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 華僑三都物語、長崎、神戸、横浜:

« 南アランド円注文、材料、予定 | トップページ | ドル円テク、ボリバン下限に一時接触 »