« 総じて低下、南欧金利 | トップページ | いやあ素晴らしい催促相場になってきましたね?:津田 »

2010年8月31日 (火)

欧州これから

「欧州これから」

*欧州雇用があるが、欧州の雇用は高止まり。失業状態が恵まれていることもあるのがその理由

ドイツ国債上昇、米欧の景気失速懸念で買い

8月のユーロ圏景況感、約2年半ぶり高水準-高成長受け

*南アの公務員ストはズマ大統領が解決するよう指示。組合は8.6%賃上げ要求

*19時は日本の介入状況。もちろんゼロだが、ここでやっていれば面白い。そういう洒落は効かないのが公務員。でも豪中銀は毎月一生懸命豪ドルを取引して調整している。

15:00(南ア)マネーサプライM3(前年比)予2.53% 前2.41%
16:55(独)失業率(8月)予7.6% 前7.6%
17:30(英)消費者信用残高(7月)予0.0億GDP 前-1億GDP
17:30(英)マネーサプライM4確定値 前月比(7月)予N/A 前+0.4%
18:00(EU)消費者物価指数(HICP、速報値)前年比 予+1.6% 前+1.7%
18:00(EU)失業率(7月)予10.0% 前10.0%
19:00 (日) 介入状況
20:45 米週間チェーンストア売上高
21:00(南ア)貿易収支(7月)予0.0億ZAR 前+56億ZAR

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 総じて低下、南欧金利 | トップページ | いやあ素晴らしい催促相場になってきましたね?:津田 »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州これから:

« 総じて低下、南欧金利 | トップページ | いやあ素晴らしい催促相場になってきましたね?:津田 »