« ポンド円 、指標良し、されど上がらず | トップページ | NZドル円、ボラード総裁、緩やか成長 »

2010年8月19日 (木)

豪ドル円、選挙直前、指標ほど弱くない

「豪ドル円、選挙直前、指標ほど弱くない

(テク)

12日-13日の上昇ラインあっさり下抜く

*今度は13日-16日の下降ライン。上抜いた

*7月6日-19日の上昇ラインを下抜いている。

*雲は76.27-79.20のレンジである。雲下

*移動平均線5日線は下向いている。

*ボリンジャーバンドでは75.37-79.84

Ws000037 Ws000038

(注文) 

*売りは76台は小
*買いは76.0の中から
*損切りは売りが75.90で中、75.80で大

(材料)

*BHPビリトンのカナダ肥料会社の大型買収案件あり
*豪中銀7月ドル買い豪ドル売りはネット570MIO(米ドル)6月は1229MIO
*豪5月週平均賃金5.2%(予想5.6%、前回5.8%)
*8月技術職求人-0.3%(前回+0.3%)
*2Q賃金コスト指数0.8%(予想0.9%)
*6月WESTPAC先行指数 0.0%、前月は+0.3%(R)が弱く

豪RBA議事録=政策金利は依然として適切○金利を当面据え置く事を決定、今後の動きは情勢次第○世界の見通しは以前よりも不確実さが拡大○アジアの成長は持続的なペースに減速の見通し。

*選挙前=接戦=焦点=資源税、環境問題、移民、など

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド円 、指標良し、されど上がらず | トップページ | NZドル円、ボラード総裁、緩やか成長 »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドル円、選挙直前、指標ほど弱くない:

« ポンド円 、指標良し、されど上がらず | トップページ | NZドル円、ボラード総裁、緩やか成長 »