« アチャーまた最悪の景気対策か | トップページ | ポンド円 、朝からあまり変化なし »

2010年8月16日 (月)

ユーロ円、ボリバン下限下いたまま

「ユーロ円、ボリバン下限下いたまま」

*先週木曜ー金曜の上昇ラインは下抜いている

*日足では6月29日-7月22日の長い上昇ラインをついに下抜け

*7月28日-29日の下降ラインはサポートした。

*雲下へ(雲は110.22-116.62)

*ボリバン下限にまで戻る:109.82-115.16で下限を下抜いている

*5日線は下げ

Ws000008_2 Ws000009_2

(注文)

*売りは109.80の中から、110.50が大

*買いは109.30の小から、109.0が大

*損切りは売り買い小さい

(材料)

ユーロ圏・7月消費者物価指数(前年比)前回:+1.7%、予想:+1.7%、今回:+1.7%


ホノハン・アイルランド中銀総裁  ユーロ圏諸国の成長は引き続き鈍い○ギリシャ問題は財政だ、銀行業関連ではない○アイルランドは2010年に成長する。

ECB月報 現行の政策金利は適正○7-9月の成長率は予想より良好な見込み○ユーロ圏経済は緩やかかつ一定
しないペースで拡大へ○物価への圧力は中期的に抑えられている。

(予定)

16(月)ユーロ圏消費者物価指数、
17(火) ユーロ圏経常収支、独ZEW景況感調査、ユーロ圏ZEW景況感調査
18(水)ユーロ圏建設支出

19(木)独 生産者物価指数、スイス貿易収支

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« アチャーまた最悪の景気対策か | トップページ | ポンド円 、朝からあまり変化なし »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ円、ボリバン下限下いたまま:

« アチャーまた最悪の景気対策か | トップページ | ポンド円 、朝からあまり変化なし »