« 「ポンド円、ランド円、NY需給」 | トップページ | ユーロ円、まさにウエーバーショックだが兆しもあった »

2010年8月20日 (金)

ドル円、損切りが一転買いに

「ドル円、損切りが一転買いに」

*横ばいから陽転、ウェーバーショックで下げるユーロにちょい連れ

*8月11日-12日の緩やかな上昇ラインを下抜いた

*ボリバン下限に届かず反発。現在は84.69-87.89

*移動平均5日線は下げ

*雲は一応88.45-90.12

Ws000006_2 Ws000007_2

(注文) 

*売りは85.70から
*買いは85.55から
*損切りは一転売りが小さくなり、買いが85.70から小から中が続く

(材料)

*今日も閣僚達から為替の話がいろいろでるが、結局は米国のOKが出ていない模様

*1ドル=1円の明治時代から節目で為替相場を決めてきたのは米国、1ドル=360円、ニクソンショック、変動相場、カーターショック、プラザ、79円買い介入、140円売り介入など

*野田財務相発言=日銀と緊密な連携とる、来週、首相と経済・為替で協議。

*仙石官房長官=首相と日銀総裁の会談、具体的にいつ開くかは存じあげない○日銀とは今でも必要なコミュニケーション取っている。

*荒井戦略相発言=今の円高は外部的要因、投機筋も動いているのでは○投機筋の動きは定着しないので長期化しない○景気は微妙な動きにあるときに手を打つほうが効果的。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 「ポンド円、ランド円、NY需給」 | トップページ | ユーロ円、まさにウエーバーショックだが兆しもあった »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ポンド円、ランド円、NY需給」 | トップページ | ユーロ円、まさにウエーバーショックだが兆しもあった »