« 外為入門47、国際通貨制度、金本位制度の時代 | トップページ | スマトラ、ハイチを超えてもあまり報道されないパキスタン »

2010年8月12日 (木)

「休みの注文に大変動のヒント」

「休みの注文に大変動のヒント」

*これはまだ研究中、

*ただ普段は閑散な注文状況である土日の注文が急に多くなると動き出す気がしていたので今回は書きとめていた

*注文状況をすべて分析していれば、さらに役に立つ資料が出来そうだr

 8月7日(土)の投稿分です↓

2010年8月 7日 (土)

休みでも注文活発、ドル円注文、材料、予定

「休みでも注文活発、ドル円注文、材料、予定」

(注文) 

*売りは85.50の中から

*買いは85.10の中から、85.0が大

*損切りは売りが85.0で大、買いは小さい

*月曜は朝のシドニーは小鬼が騒ぐが、外貨不足もあり。注意

Ws000015

(材料) デフレ命の日本政府、ここでも民主党は翻意

*米FOMC、中国指標シリーズ、欧州2QGDP

*先月日本のタンカーを襲ったのはテロリスト
*7月上中旬貿易統計では前年同期から若干減少した。昨年は120%程度増加していた。5月、6月も20%以上の増加であった。変化の兆しかどうか見守りたい

*長期金利は昨日0.995%まで下がり、およそ7年ぶりに1%を割り込んだ。
*野田財務相発言○円相場の動きは一方的だ○行き過ぎた動きは経済に悪影響○国債金利低下は政府にとって好ましい○市場の動きを注意深くみている。

(予定)

9(月) 国際収支、対外・対内証券売買契約、貸出・資金吸収動向、マネーストックM2+CD、日銀金融政策決定会合(~10日)、景気ウォッチャー調査、 企業倒産

10(火)月例経済報告、 日銀金融政策決定会合(9日~発表)、ESPフォーキャスト調査、中国貿易統計米FOMC政策金利発表

11(水) 機械受注、企業物価指数、日銀金融経済月報中国消費者物価指数、卸売物価指数、工業生産高、中国小売売上高、中国固定資産投資、米 貿易収支

12(木) 鉱工業生産・確報、消費者態度指数投信概況米 新規失業保険申請件数、

13(金)オプションSQ、 日銀金融政策決定会合議事要旨(7月14・15日分)、第2四半期独GDP・速報値、第2四半期ユーロ圏、GDP・速報値、米 消費者物価指数、小売売上高、ミシガン大消費者信頼感指数・速報値

(講演)

9(月)
10(火)菅首相会見白川日銀総裁会見、自民党の野田毅税制調査会長が日本記者クラブで講演
11(水)
12(木)デュークFRB理事
13(金)カンザスシティー連銀総裁

(決算)

9(月)国際石開帝石、三菱マ、アルプス、タイソンフーズ、KKR
10(火)日揮、マツキヨHD、太平洋セメ、大平金、SMC、凸版、セイコーHD、東急、近鉄、ウォルト・ディズニー、MBIA
11(水)第一生命、東京海上、電通、シチズンHD、アイフル、トレンド、シスコシステムズ、メーシーズ、コンピューターサイエンス
12(木)T&D、ノードストローム
13(金)三越伊勢丹、東京精、JCペニー

(外貨投資)

9(月)パインブリッジ・インベストメンツ 米国ハイブリッド優先証券ファンド
10(火)キャピタル アセットマネジメント ドラゴン・キャピタル・ベトナムファンド 国際株式型、3年物米国債入札
11(水)10年物米国債入札
12(木)30年物米国債入札
13(金) 野村アセットマネジメント (NEXT FUNDS)ダウ・ジョーンズ工業株30種「愛称:NYダウ30種ETF」、NASDAQ-100(R)連動型上場投信「愛称:NASDAQ-100ETF」


野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|
|

« 年間通貨順位に異変あり | トップページ | GDPあり、ユーロ

|

« 外為入門47、国際通貨制度、金本位制度の時代 | トップページ | スマトラ、ハイチを超えてもあまり報道されないパキスタン »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外為入門47、国際通貨制度、金本位制度の時代 | トップページ | スマトラ、ハイチを超えてもあまり報道されないパキスタン »