« 間違っても景気対策をとらないこと | トップページ | 頑張ったドル円下ヒゲ »

2010年8月12日 (木)

豪ドル円、ボリバン下限でとどまる

「豪ドル円、ボリバン下限でとどまる

(テク)

*7月6日-19日の上昇ラインをついに下抜いた

*5日線は下向きに転じる

*雲は76.15-79.94で雲中にとどまる 

*ボリバンは75.72-79.86 下限でとどまる

*8月10日-11日の下降ラインを上抜けるかどうか

Ws000026

Ws000027

(注文) 

*売りは76後半は小、77.0は中

*買いは76.50で中

*損切りは売り買い小さい

(材料)

*先ほど取り上げたように豪の指標弱いものが続く(ご参照ください)

*選挙も近いが、ギラード首相、アボット党首ともいまいちの評判だ。

「最近の豪の弱い指標すべて」

(本日)

*8月インフレ期待指数 前回3.3% 今回2.8%へ
*7月失業率、前回:5.1%、予想:5.1%、今回:5.3%
*7月新規雇用者数、前回:+4.59万人、予想:+2.00万人、今回:+2.35万人

(以下 昨日まで) 赤はいい数字

8月Westpac消費者信頼感指数、前回:+11.1%、今回: +5.4%
7月NAB企業景況感指数、前回:  8、今回:  5
6月住宅ローン件数、前回:+1.9%、予想:-2.0%、今回:-3.9%
7月ANZ求人広告 +1.3%前月比(前月比+2.8%)

6月貿易収支、前回:+16.45億AUD、予想:+18.00億AUD、今回:+35.39億AUD
2Q-住宅価格指数(前期比)、前回:+4.8%、予想:+2.0%、今回:+3.1%
AIG7月サービス業指数は悪化46.6、前月は48

6月小売売上高(前月比)、前回:+0.2%、予想:+0.4%、今回:+0.2%
6月住宅建設許可件数(前月比)、前回:-6.6%、予想:+2.0%、今回:-3.3%

*7月TDインフレ指数 2.8%前年比、6月+3.6%
*6月HIA住宅販売 -5.1%前月比 5月は-6.4% 
*7月AIG製造業指数 54.4(前回52.9から改善)

2Q-消費者物価(前期比)、前回:+0.9%、予想:+1.0%、今回:+0.6%
2Q-消費者価格(前年比)、前回:+2.9%、予想:+3.4%、今回:+3.1%


野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 間違っても景気対策をとらないこと | トップページ | 頑張ったドル円下ヒゲ »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドル円、ボリバン下限でとどまる:

« 間違っても景気対策をとらないこと | トップページ | 頑張ったドル円下ヒゲ »