« カナダ円テク、雇用悪化で陰線 | トップページ | 有給をとろうよ »

2010年8月10日 (火)

「南十字星(豪ドル)見通し一部抜粋

「南十字星(豪ドル)見通し一部抜粋」

豪ドル円は豪ドルの上昇とドル円の下落が相殺し合って78円台中心の揉み合いとなった。RBAは予想通りに金利据え置きとし、発表された6月の小売売上高と建設許可件数がともに予想を下回り週初は豪ドル軟調局面もあった。しかし相場の焦点は米景気不安と米ドル金利の低下にあり、RBAの四半期金融政策報告は景気に対するそこそこに明るい見通しが示された。

7月米雇用統計もその他多くの指標同様に予想を下回る結果となり、豪ドル91セント台後半、豪ドル円78円台半ばとなった。 ただ79円近辺は売りも厚い。今週の焦点は雇用統計であり予想は就業者数+20千人(前回+45.9千人)、失業率5.1%(前回5.1%)となっている。また8月21日の総選挙も焦点であり、現在若干野党保守党がリードしている。野党が政権を奪取すれば資源税は御破算となる。豪ドル円の年足はまだ陰線、年始値は83.48。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« カナダ円テク、雇用悪化で陰線 | トップページ | 有給をとろうよ »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「南十字星(豪ドル)見通し一部抜粋:

« カナダ円テク、雇用悪化で陰線 | トップページ | 有給をとろうよ »