« 豪ドル円 惹きよせられました | トップページ | 直嶋経産相が為替語る »

2010年8月11日 (水)

介入ではなく引き受けはどうだ

「介入ではなく引き受けはどう」

*「介入はアメリカがウルサイので、生保がドルを売る時に日銀が買う(引受ける)のはどうですか」と 日銀から聞かれたことがあった。

*私「同じじゃないですか、バレたらアメリカ怒りますよ」

*私「それはそうとまだ量的緩和やるのですか、効かないでしょう」

*日銀「でもほんとに 金をじゃぶじゃぶにしたら、なんか買わざるを得ないでしょう。それが円安に繋がるのです」

*私「そのお金が私のところに回ってきたら買いまくりますよ、でもこないですね」

*これはいつごろのことだったか90年代だろうか

*いまよりは真剣だった気がする。79円から147円までいったし。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪ドル円 惹きよせられました | トップページ | 直嶋経産相が為替語る »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介入ではなく引き受けはどうだ:

« 豪ドル円 惹きよせられました | トップページ | 直嶋経産相が為替語る »