« ドル円 夜のPF | トップページ | ユーロ円、下降ライン上抜き、指標はいい »

2010年8月26日 (木)

ドル円、下降ライン上抜けも横ばい

「ドル円、下降ライン上抜けも横ばい」

*8月23日-24日の下降ラインを上抜けるが5日線の84.95にひっかかる。

5日線は現在低下で84.81

*8月11日-12日の上昇ラインを下抜いてからは横ばいであったが、売り注文がジリジリと下げてきて、月末の輸出で85割れとなった。

*ボリバンは84.03-87.74、下限の下抜きからは戻ってきた

*5日移動平均線は下げ。

*TVのワイドショーまで円高と騒ぐと漸く政治家も危機管(感)

*7月28日-8月5日の下降ラインもサポート83.20あたり

Ws000006_2 Ws000007_2

(注文) 

*売りは84.70の中から
*買いは84.40の大から
*損切りは売り84.30の中、買いは小さい

(材料)

円=ユーロ圏筋=円の協調介入の可能性は低い、日銀の単独介入の方が現実的
   円高に関する懸念、日本では強いが米欧では強くない(そりゃそうだ)

菅首相=経済対策の基本方針示した上で代表選出馬の正式会見する○わが国は円高はじめ経済的に厳しい状況にある。
ようやくメディアに刺激され語り始める人々↓
池田財務副大臣
・デフレ脱却が経済対策の一番大きな問題である
・急激な円高は日本経済にとって好ましくない
・日銀にはできる限りの努力お願いしたい
・経済対策の頭には金融政策・規制緩和・雇用対策がある
・為替動向には重大な関心もって注意してみている

玄葉民主政調会長
・日銀に迅速かつ一歩踏み込んだ対応の要請を
・足元にある最大の課題は円高とデフレ
・財務省と日銀の連携を強化し適切な対応を
・経済対策の財源はまず予備費を活用し必要なら補正予算編成を検討

*貿易黒字増加でまだ需給は円高へ
7月通関ベース貿易収支、前回:+6870億円、予想:+4663億円、今回:+8042億円

*菅首相が「為替介入についてのコメントは控える」いろいろな対策を打っていきたい-円高・株安で。(コメントは控えるはやめたほうがいい)

(予定)

26(木)日 中小企業景況調査、米 新規失業保険申請件数

27 (金)日 失業率、有効求人倍率、東京都区部消費者物価指数、全国消費者物価指数、全世帯家計調査-消費支出、第2四半期米GDP・改定値、第2四半期米個人消費・改定値、米 ミシガン大消費者信頼感指数・確報値

(外貨投資)

26(木)米7年物国債入札、HSBC投信 HSBC インドネシア債券オープン
27(金)DIAMアセットマネジメント DIAM アジア・オセアニア好配当株オープン 国際株式型、アムンディ・ジャパン 条件付運用型F2010-8「愛称:チェルシー・スカイ」
 

(講演)

26(木)FRB年次シンポジウム(ワイオミング州ジャクソンホール)
27(金)みんなの党の渡辺代表
28(土)日中ハイレベル経済対話

(決算)

25(水)トール・ブラザーズ、JDSユニフェーズ
26(木)クレディ・アグリコル、ノベル
27(金)ティファニー

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円 夜のPF | トップページ | ユーロ円、下降ライン上抜き、指標はいい »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、下降ライン上抜けも横ばい:

« ドル円 夜のPF | トップページ | ユーロ円、下降ライン上抜き、指標はいい »