« 「ポンド円、ランド円、NY需給」 | トップページ | ユーロ円、まだボリバンの下、明日GDP »

2010年8月12日 (木)

ドル円、下ヒゲありがとう。注文も貢献+介入催促

「ドル円、下ヒゲありがとう。注文も貢献+介入催促」

(テク)

*昨日の下ヒゲ一本で今日はこらえている、注文も損切り売りが消えた。MOFへは介入催促

*日足では7月28日-8月5日の下降ラインを上抜いた

*昨日から続く、ユーロやポンドの売りで、クロス円が売られドル円の伸びを遅らせていたが介入催促と政府の口先でドル上昇

*ボリバン下限84.82から反発

*一目の雲ははるか上。89.06-90.97。

*移動平均線は7月30日から下向き 、明日は上向くチャンス

*7月22日-27日の上昇ラインが上値抵抗となろう

Ws000041 Ws000042

(注文) 

*売りは86.0で大
*買いは85.75から小、
*損切りは売り小さく、買いは86こえで

(材料)介入催促相場=MOFは従来通りゆっくり慎重、でもやったら継続

円=野田財務相 為替の過度な変動は経済や金融安定に悪影響○昨今の為替動向には重大な関心、極めて注意深く見
る○G7での電話会談は現時点では考えず○米国含め各国と実務レベルでの協議は行っている。

津村政務官発言  実体以上の円高には何らかの政策対応の努力も必要○円高への懸念も現れている-消費者心理低下
で。

菅首相発言、急激な円高に『動きが激しい』-菅首相が仙谷官房長官に語ったとの報道。

国内・6月鉱工業生産(前月比)、前回:-1.5%、今回:-1.1%

直嶋経産相=現段階で、為替介入決定するのは困難

(予定)

12(木) 鉱工業生産・確報、消費者態度指数投信概況米 新規失業保険申請件数、

13(金)オプションSQ、 日銀金融政策決定会合議事要旨(7月14・15日分)、第2四半期独GDP・速報値、第2四半期ユーロ圏、GDP・速報値、米 消費者物価指数、小売売上高、ミシガン大消費者信頼感指数・速報値

(講演)

12(木)デュークFRB理事
13(金)カンザスシティー連銀総裁

(決算)

12(木)T&D、ノードストローム
13(金)三越伊勢丹、東京精、JCペニー

(外貨投資)

12(木)30年物米国債入札
13(金) 野村アセットマネジメント (NEXT FUNDS)ダウ・ジョーンズ工業株30種「愛称:NYダウ30種ETF」、NASDAQ-100(R)連動型上場投信「愛称:NASDAQ-100ETF」

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 「ポンド円、ランド円、NY需給」 | トップページ | ユーロ円、まだボリバンの下、明日GDP »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、下ヒゲありがとう。注文も貢献+介入催促:

« 「ポンド円、ランド円、NY需給」 | トップページ | ユーロ円、まだボリバンの下、明日GDP »