« クリック証券がくりっく365へ | トップページ | ドル円、ユーロ円、NY需給 »

2010年8月 9日 (月)

財務省と輸出業者

「財務省と輸出業者」

*財務省や日銀も輸出業者に定期的にヒアリングをしているだろう

*円売り介入に踏み切る時は、輸出業者が収益的に耐えられず、地元の政治家を通じて陳情し、その圧力が高まって漸く、米国との交渉に入るのだろう。宮沢さんのような国際マフィア的な人がいると話が速いが民主党はどうだろう。

*ただ自動車などは世界的に中国のおかげで儲かっているので日本が介入するのは違和感がある。

*逆に輸出業者がフン切りをつけて売ってしまうのは、やはり財務省が「介入なんて期待しないでください」というようなことを示唆する時だろう

*日本がデフレから脱出するためにも長期的に円相場を円安に長期的にするという大局観にのっとって介入すべきだという行動力のある政治家は民主党にはいないだろう。

*以上はまったくの推測。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« クリック証券がくりっく365へ | トップページ | ドル円、ユーロ円、NY需給 »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 財務省と輸出業者:

« クリック証券がくりっく365へ | トップページ | ドル円、ユーロ円、NY需給 »