« ポンド円 、GDP以外良い指標なし | トップページ | NZドル円、陰線が多いが今日はここまで陽線 »

2010年8月17日 (火)

自見金融相の訪米内容

「自見金融相の訪米内容」

*自見郵政改革・金融担当大臣は、16日からワシントンとニューヨークを訪問

*バーナンキ議長やブレイナード財務次官らと会談し、景気減速の懸念が出ている米国の景気の現状や世界経済の先行きについて、意見を交わす

*米国では、先月、金融危機の再発を防ぐことを目的に銀行の投資を大幅に制限することなどを盛り込んだ金融規制改革法が成立したことから、自見大臣は、業界団体のトップとも会談して、銀行の経営にどのような影響が出るのかについても、詳しい説明を受けたいとしている

(結構重要)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド円 、GDP以外良い指標なし | トップページ | NZドル円、陰線が多いが今日はここまで陽線 »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自見金融相の訪米内容:

« ポンド円 、GDP以外良い指標なし | トップページ | NZドル円、陰線が多いが今日はここまで陽線 »