« 豪 求人広告、今週は雇用統計あり | トップページ | ポンド円、今週は雇用とインフレリポート »

2010年8月 9日 (月)

ユーロ円、週末GDP

「ユーロ円、週末GDP」

*米国雇用統計後の荒れ相場でも、ユーロ円では円高と成らず、ユーロ円は陽線

*日足は7月22日-27日の上昇ラインを下抜けして下落するもその後は横ばい

*7月28日-29日の下降ラインがサポートだが、7月30日-8月2日は下抜けと行ったり来たり。

*雲にとどまる(雲は110.01-116.77)

*ボリバンが110.73-114.62

*6月29日-7月22日の長い上昇ラインはサポートしよう

*5日線は下げから横ばい

Ws000012

Ws000013

(注文)

*売りは114.0の大が目立つ

*買いは113.0の大から、112.50も大

*損切りは売り買い小さい

(材料)

*今週は2QGDP、1Qより改善、この日のために上げてきたユーロ。

*ユーロ=ECB金利据置

 トリシェ総裁発言=ECBの政策金利は『適正』○金融政策スタンスは必要に応じて調整へ○緊急措置はすべて、本来一時的なもの○インフレ期待は引き続き『しっかり抑制されている』 ○為替レートには一切コメントしない○為替レートについての発言は必要な場合にのみ行う○ECBは米FRBの景気判断におおいに依存○回復『勝利』を宣言するのは時期尚早○時には市場参加者に誤りを指摘する必要も。

(予定)

9(月)独 貿易収支、経常収支
10(火)独 消費者物価指数、仏 製造業生産指数、鉱工業生産、米FOMC政策金利発表

11(水)
12(木)ECB月例報告、ユーロ圏 鉱工業生産
13(金)第2四半期独GDP・速報値、仏 消費者物価指数、第2四半期仏GDP・速報値、ユーロ圏 貿易収支、第2四半期ユーロ圏、GDP・速報値

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪 求人広告、今週は雇用統計あり | トップページ | ポンド円、今週は雇用とインフレリポート »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ円、週末GDP:

« 豪 求人広告、今週は雇用統計あり | トップページ | ポンド円、今週は雇用とインフレリポート »