« 外為入門43、顧客取引に適用される為替相場 | トップページ | 東京は不夜城、NYもいずれ »

2010年8月10日 (火)

FOMC声明予想

「FOMC声明予想」

*米経済指標が景気回復が踊り場にある可能性を示唆し、追加的な刺激策が検討されるとの観測が高まっている。米国のデフレが日本と同じ道をたどるリスクについて語られてきた。

*量的緩和の第2弾について決定を下すかどうか

*銀行の準備預金への金利をゼロにしたり、FRBが有価証券の追加購入をすることなどが上げられる。FRBは日銀と違って雇用安定に責任を持つので何らかの対策を打つ可能性は大きい。
*またFRBのバランスシートについては景気回復が安定するまでは縮小しないだろうと予想されている。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 外為入門43、顧客取引に適用される為替相場 | トップページ | 東京は不夜城、NYもいずれ »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FOMC声明予想:

« 外為入門43、顧客取引に適用される為替相場 | トップページ | 東京は不夜城、NYもいずれ »