« 「横浜英仏駐屯軍と外国人居留地」横浜開港資料館、東京堂出版 | トップページ | 早朝とれたてドル円需給 »

2010年8月11日 (水)

FOMC声明文と市場の反応

「FOMC声明文と市場の反応」

 
*FF金利誘導目標を0-0.25%に維持
*金利は、長期間に渡り異例の低い水準を維持
*MBSの償還金を米国債に再投資、証券保有を現在の水準に維持
*景気回復ペースは短期的には予想より一段と緩慢に
*インフレは当面抑制される公算
 
*政策措置は9対1で決定、ホーニグ米カンザスシティ連銀総裁が反対。ホーニグ米カンザスシティ連銀総裁は、経済は緩やかに回復、長期間低金利水準を確約する事はFRBの行動を制限すると主張した。

*米株価=NYダウ10644.25(-54.50、-0.5%)
*米10年債=2.766%(-0.07)、30年債=4.009%(-0.01)
*金=1198(-4.6)、原油=80.25(-1.23)
*ドル円=FOMC前 ドル円85.85→現在85.45、ユーロドル1.3101→1.3175

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 「横浜英仏駐屯軍と外国人居留地」横浜開港資料館、東京堂出版 | トップページ | 早朝とれたてドル円需給 »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FOMC声明文と市場の反応:

« 「横浜英仏駐屯軍と外国人居留地」横浜開港資料館、東京堂出版 | トップページ | 早朝とれたてドル円需給 »