« 南欧金利、低下継続 | トップページ | 円元仲値 日中通貨高競争、負けるが勝ち »

2010年8月 9日 (月)

ドル円、85損切りは利食いの半分の金額

「ドル円、85損切りは利食いの半分の金額」

*野田財務大臣のぶらさがり円高懸念コメントは、お決まりのマニュアル程度のものであり市場の影響なし

*日足では7月28日-29日の下降ラインを一旦上抜いたが、そのラインに引き寄せられたように下落。

*28日-29日のラインを上方へ平行移動して木金の高値に合わせた=上値抵抗ライン。

*ボリバン下限下抜けからは戻ってきた。85.18-89.07。

*一目の雲ははるか上。89.47-90.97。

*移動平均線は7月30日から下向き

*7月22日-27日の上昇ラインが上値抵抗となろう

Ws000009

Ws000010

(注文) 

*売りは85.50の中から

*買いは85.30の中から、85.0が大

*損切りは売りが85.30から小、85.0で大、買いは小さい(85.0の損切りは利食いの半分程度だが、場に出てくるのはすべてではなく潜在的にはまだある)

(材料) デフレ命の日本政府、菅首相はかつて95円といっていたが民主党はチェンジの政党

*今週は米FOMC、中国指標シリーズ、欧州2QGDP

*6月国際収支では所得収支減少=貧しさの兆し?

(予定)

9(月) 国際収支、対外・対内証券売買契約、貸出・資金吸収動向、マネーストックM2+CD、日銀金融政策決定会合(~10日)、景気ウォッチャー調査、 企業倒産

10(火)月例経済報告、 日銀金融政策決定会合(9日~発表)、ESPフォーキャスト調査、中国貿易統計米FOMC政策金利発表

11(水) 機械受注、企業物価指数、日銀金融経済月報中国消費者物価指数、卸売物価指数、工業生産高、中国小売売上高、中国固定資産投資、米 貿易収支

12(木) 鉱工業生産・確報、消費者態度指数投信概況米 新規失業保険申請件数、

13(金)オプションSQ、 日銀金融政策決定会合議事要旨(7月14・15日分)、第2四半期独GDP・速報値、第2四半期ユーロ圏、GDP・速報値、米 消費者物価指数、小売売上高、ミシガン大消費者信頼感指数・速報値

(講演)

9(月)
10(火)菅首相会見白川日銀総裁会見、自民党の野田毅税制調査会長が日本記者クラブで講演
11(水)
12(木)デュークFRB理事
13(金)カンザスシティー連銀総裁

(決算)

9(月)国際石開帝石、三菱マ、アルプス、タイソンフーズ、KKR
10(火)日揮、マツキヨHD、太平洋セメ、大平金、SMC、凸版、セイコーHD、東急、近鉄、ウォルト・ディズニー、MBIA
11(水)第一生命、東京海上、電通、シチズンHD、アイフル、トレンド、シスコシステムズ、メーシーズ、コンピューターサイエンス
12(木)T&D、ノードストローム
13(金)三越伊勢丹、東京精、JCペニー

(外貨投資)

9(月)パインブリッジ・インベストメンツ 米国ハイブリッド優先証券ファンド
10(火)キャピタル アセットマネジメント ドラゴン・キャピタル・ベトナムファンド 国際株式型、3年物米国債入札
11(水)10年物米国債入札
12(木)30年物米国債入札
13(金) 野村アセットマネジメント (NEXT FUNDS)ダウ・ジョーンズ工業株30種「愛称:NYダウ30種ETF」、NASDAQ-100(R)連動型上場投信「愛称:NASDAQ-100ETF」

|

« 南欧金利、低下継続 | トップページ | 円元仲値 日中通貨高競争、負けるが勝ち »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南欧金利、低下継続 | トップページ | 円元仲値 日中通貨高競争、負けるが勝ち »