« 戦略相が為替を語る?」 | トップページ | 夜はこれから »

2010年8月16日 (月)

外為入門50、変動相場制へ

「外為入門50、変動相場制へ」

(変動相場制)

19732月、3月相次いで変動相場制へ

 メリット 時に機動的 石油ショックに対応

 デメリット 米赤字でも通貨高となった(レーガン政権)

       経常収支に均衡作用が働かない、国内金融政策が為替相場を意識する

(国際通貨制度の将来) 変動、固定、ターゲットゾーン(目標)、レファレンスレンジ(参考)

 

通貨制度別内訳

固定相場

 米ドル=パナマ、ドミニカ、オマーン、リベリア

 仏フラン=ユーロ=カメルーン、チャド、コンゴ、ニジェール、

 他通貨=インドルピー=ブータン、ルーブル=アゼルバイジャン

 ユーロ

 定められた経済指標で調整=チリ、コロンビア、ニカラグア、マダガスカル

 管理フロート=中国、韓国、エジプト、シンガポール

 独立してフロート=オーストラリア、日本、カナダ、ユーロ、ニュージーランド、イギリス、マメリカ 

|

« 戦略相が為替を語る?」 | トップページ | 夜はこれから »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戦略相が為替を語る?」 | トップページ | 夜はこれから »