« 円全面安、豪、NZ、ユーロが反発 | トップページ | 週間動いた株、資源、金利 »

2010年8月29日 (日)

ドル円、24日から上昇ライン

「ドル円、24日から上昇ライン」

*年足陰線、月足陰線4カ月目

*8月23日-24日の下降ラインを上抜け、24日-25日の上昇ラインを形成中。

*5日線はまだ下降中で84.72

*8月11日-12日の上昇ラインを下抜いてからは横ばいであったが、売り注文がジリジリと下げてきて、月末の輸出で85割れとなった。

*ボリバンは84.02-87.57、下限の下抜きからは戻ってきた

*TVのワイドショーまで円高と騒ぐと漸く政治家も漸く危機管(感)

*7月28日-8月5日の下降ラインもサポートした

Ws000000 Ws000001 Ws000002 Ws000003

(注文) 

*売りは85.50の中から
*買いは85.20の中から
*損切りは売り買い小さい、若干買い多いか

(材料)

*全体=円高・デフレを一時的に止めるか、あるいは長期的な政策を議論する余裕があるか。政策より政局が大事なのが政治家。いつもこうだから仕方がない。自分の事は自分で守ろう。

*日銀が週明けにも臨時会合を開催し追加金融緩和に踏み切りる」との一部報道、
*菅首相日銀総裁会談?
菅首相=○為替市場の過度な変動は経済・金融の安定に悪影響及ぼす○必要なときは断固たる措置を取る○日銀総裁が帰国しだい会う-機動的な金融政策実施を期待○31日に経済対策の基本方針決定し、できるだけ早期に具体策。

ユーロ圏筋=円の協調介入の可能性は低い、日銀の単独介入の方が現実的、 円高に関する懸念、日本では強いが米欧では強くない(そりゃそうだ)

野田財務相=○円高は深刻な状況にある○必要なときに適切な対応とる○日銀とはより一層連携とりながら対応とる。

7月失業率、
前回:5.3%、予想:5.3%、今回:5.2%
7月有効求人倍率、前回:0.52、予想:0.53、今回:0.53
7月全国消費者物価指数 (前年比)、 前回:-0.7%、予想:-0.9%、今回:-0.9%
7月全国消費者物価指数 (除生鮮・前年比)、前回:-1.0%、予想:-1.1%、今回:-1.1%

(予定)

30 (月) 菅首相日銀総裁会談?日銀臨時会合?日 地域経済動向 米 個人所得、個人支出、PCEデフレータ

31(火)日 日銀成長基盤強化支援の資金供給〔第1回〕、鉱工業生産・速報、小売業販売額・速報、大型小売店販売額・速報、平衡操作実施状況、住宅着工、建設受注、自動車生産輸出、米S&P/ケース・シラー住宅価格指数、シカゴ購買部協会景気指数、消費者信頼感指数、FOMC議事録

1(水) 中国製造業購買担当者景気指数(PMI)、 日 自動車販売台数米 MBA住宅ローン申請指数、チャレンジャー社人員削減数、ADP民間雇用者数 、ISM製造業景況指数、建設支出、新車販売台数


2(木) 日マネタリーベース、対外対内証券売買  米 新規失業保険申請件数、米仮契約住宅販売指数、米労働生産性指数、製造業受注、7月中古住宅販売保留指数、

3(金)日 第2四半期法人企業景気予測調査-設備投資 米 非農業部門雇用者数、失業率、ISM非製造業景況指数
   
(講演)

30(月)菅首相日銀総裁会談?日銀臨時会合?山口日銀副総裁が都内のパネル討論に参加、ブラード・セントルイス連銀総裁講演
31(火)スペインのホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ首相来日
1(水)ダラス連銀総裁フィッシャー総裁
2(木)トリシェECB総裁定例記者会見、ボストン連銀ローゼングレン総裁、クリーブランド連銀ピアナルト総裁、
3(金)アトランタ連銀ロックハート総裁

(決算)

30(月)パーク24、
31(火)
1(水)内田洋行
2(木)伊藤園、H&Rブロック
3(金)SUMCO、キャンベル・スープ

(外貨投資)

30(月) 新光投信 世界好配当ピュア・インフラ株式F(成長)「愛称:みずほ・グローバル・ポケット(成長型)」
31(火)マニュライフ・インベストメンツ・ジャパン 新グローバル配当株F(毎月) 国際株式型 
岡三アセットマネジメント インド消費関連株オープン
楽天投信投資顧問 楽天 USリート・トリプルエンジン(レアル)毎 バランス型
岡三アセットマネジメント アジア・ターゲット・エクイティ・オープン
大和証券投資信託委託 ダイワ 欧州輸出株ファンド
大和証券投資信託委託 ダイワ 人民元フォーカスF
日興アセットマネジメント 高金利成長通貨ファンド(毎月分配型)「愛称:インカムグロース」
東京海上アセットマネジメント投信 東京海上 GTE分配重視型F<レアル>「愛称:マリン・セレクト/レアル」 0.60%

1(水)大和住銀投信投資顧問 グローバル・ハイイールド債券F(世界6地域)、(BRICs)、(中・印・尼)

2(木)
3(金) 中央三井アセットマネジメント 円・世界優良国債券ファンド「愛称:円セレクト」

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 円全面安、豪、NZ、ユーロが反発 | トップページ | 週間動いた株、資源、金利 »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、24日から上昇ライン:

« 円全面安、豪、NZ、ユーロが反発 | トップページ | 週間動いた株、資源、金利 »