« 米・8月ダラス連銀製造業活動 | トップページ | ドル円、早起き需給 »

2010年8月31日 (火)

ドル円、かろうじて24日-25日の上昇ライン割れず、FTは控えめな対策と評していた

「ドル円、かろうじて24日-25日の上昇ライン割れず、FTは控えめな対策と評していた」

*かろうじて24日-25日の上昇ライン割れず

*5日線はまだ下降中で84.62

*8月11日-12日の上昇ラインを下抜いてからは横ばいであったが、売り注文がジリジリと下げてきて、月末の輸出で85割れとなった。

*ボリバンは83.94-87.48、下限の下抜きからは戻ってきた

*7月28日-8月5日の下降ラインもサポートした

Ws000041 Ws000042

(注文) 朝と比べれば減っている。でも朝から入っていた損切りの売りが効いたのか。やはり損切りはサムスイング。

*売りは84.75の中から
*買いは84.65の中から
*損切りは売り買い小さく拮抗、若干売り多いか

(材料)

再びリスク回避する動き。日本の景気対策はModest stimulus package(控えめな、少額の景気対策)とWSJが評していた。円高対策と言う割には円高是正には繋がらないもの。民主党分裂が円安対策であったかもしれないがトロイカ体制で乗り切る報道もあり。

*経済対策の基本方針(内閣府)
○我が国景気の下振れリスクが強まっている○為替市場の過度の変動は経済・金融の安定に影響及ぼす○引き続き為替の動向に注視し必要な時には断固たる措置○新成長戦略実現推進会議(仮称)を設置する。

菅首相= 9200億円を活用-経済対策の基本方針を決定した○日銀の対応に一定の評価させてもらった○基本方針と日銀の新たな金融政策の2本柱で対応○必要に応じて補正予算も検討○経済対策自体は9月10日には決定したい。

白川日銀総裁=必要なら適時適切に対応行う○標準シナリオも幾分下方修正の可能性も否定せず○下振れリスク、より注意する必要から前倒し的に緩和○効果と副作用考え最適と判断-長期国債買い入れ○政府が対策取られることも意識した○津田委員は追加緩和効果限定的として反対。

日銀臨時金融政策決定会合結果=○新型オペによる資金供給の期間を6ヶ月に延長-10兆円○新型オペによる資金供給額を20兆円から30
兆円に引上げ○翌日物金利0.10%に据え置き○政策金利の据え置きは全員一致で決定○長期国債の買入額は『月1.8兆円』に据え置き

(予定)

30 (月) 菅首相日銀総裁会談?日銀臨時会合?日 地域経済動向 米 個人所得、個人支出、PCEデフレータ

31(火)日 日銀成長基盤強化支援の資金供給〔第1回〕、鉱工業生産・速報、小売業販売額・速報、大型小売店販売額・速報、平衡操作実施状況、住宅着工、建設受注、自動車生産輸出、米S&P/ケース・シラー住宅価格指数、シカゴ購買部協会景気指数、消費者信頼感指数、FOMC議事録

1(水) 中国製造業購買担当者景気指数(PMI)、 日 自動車販売台数米 MBA住宅ローン申請指数、チャレンジャー社人員削減数、ADP民間雇用者数 、ISM製造業景況指数、建設支出、新車販売台数

2(木) 日マネタリーベース、対外対内証券売買  米 新規失業保険申請件数、米仮契約住宅販売指数、米労働生産性指数、製造業受注、7月中古住宅販売保留指数、

3(金)日 第2四半期法人企業景気予測調査-設備投資 米 非農業部門雇用者数、失業率、ISM非製造業景況指数
   
(講演)

30(月)菅首相日銀総裁会談?日銀臨時会合?山口日銀副総裁が都内のパネル討論に参加、ブラード・セントルイス連銀総裁講演
31(火)スペインのホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ首相来日
1(水)ダラス連銀総裁フィッシャー総裁
2(木)トリシェECB総裁定例記者会見、ボストン連銀ローゼングレン総裁、クリーブランド連銀ピアナルト総裁、
3(金)アトランタ連銀ロックハート総裁

(決算)

30(月)パーク24、
31(火)
1(水)内田洋行
2(木)伊藤園、H&Rブロック
3(金)SUMCO、キャンベル・スープ

(外貨投資)

30(月) 新光投信 世界好配当ピュア・インフラ株式F(成長)「愛称:みずほ・グローバル・ポケット(成長型)」
31(火)マニュライフ・インベストメンツ・ジャパン 新グローバル配当株F(毎月) 国際株式型 
岡三アセットマネジメント インド消費関連株オープン
楽天投信投資顧問 楽天 USリート・トリプルエンジン(レアル)毎 バランス型
岡三アセットマネジメント アジア・ターゲット・エクイティ・オープン
大和証券投資信託委託 ダイワ 欧州輸出株ファンド
大和証券投資信託委託 ダイワ 人民元フォーカスF
日興アセットマネジメント 高金利成長通貨ファンド(毎月分配型)「愛称:インカムグロース」
東京海上アセットマネジメント投信 東京海上 GTE分配重視型F<レアル>「愛称:マリン・セレクト/レアル」 0.60%

1(水)大和住銀投信投資顧問 グローバル・ハイイールド債券F(世界6地域)、(BRICs)、(中・印・尼)

2(木)
3(金) 中央三井アセットマネジメント 円・世界優良国債券ファンド「愛称:円セレクト」

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 米・8月ダラス連銀製造業活動 | トップページ | ドル円、早起き需給 »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、かろうじて24日-25日の上昇ライン割れず、FTは控えめな対策と評していた:

« 米・8月ダラス連銀製造業活動 | トップページ | ドル円、早起き需給 »