« ドル円、注文の景色が違う、ボリバン内へ復活など | トップページ | ドル円、早起き需給 »

2010年8月26日 (木)

ユーロ円、20-23日下降ライン上抜けるか

「ユーロ円、20-23日下降ライン上抜けるか」

*ボリバン下限まで這い上がってきた。106.62-116.15

*8月18日-19日の下降ラインから、さらに急な8月20日-23日の下降ラインに沿う。ただ明日あたり上抜けしそうだ

*8月10日-13日の下降ラインがサポート

*5日線下向き

*ユーロドルは小幅高

Ws000008 Ws000009

(注文)

*売りは107台で小から中

*買いは106.50以下で中から、106.0が大

*損切りは売り買い小さい

(材料)

ギリシャとドイツの10年債利回り差、900BPに拡大し5月以降の最大に。

*独・8月IFO企業景況感指数、前回:106.2、予想:105.7、今回:106.7

ユーロ圏・6月製造業新規受注(前月比)、前
回:+3.8%、予想:+1.5%、今回:+2.5%

*アイルランドの長期信用格付けを「AA-」に引き下げ-S&P

*レーン欧州委員=ユーロ圏の如何なる国も破綻する事はない

ショイブレ独財務相=マーケットはユーロ圏の救済プランを容認している、ギリシャは財政赤字に対し努力している、ユーロは適切なレンジで推移

ウェーバー独連銀総裁=○年末まで無制限の資金供給を維持するべきた○ECBの金利は適正○ECBはユーロ圏の成長率見通しを引上げる公算○ECBの出口戦略、金融システムの状況次第。

欧州委員会=ギリシャの2014年までの過剰財政赤字是正は達成できる公算○ギリシャの財政赤字削減措置は今年の目標達成に十分なもよう
*独連銀、独の今年の経済成長見通し+3.0%、従来予想は約2%

(予定)

25(水)独 IFO景況感調査

26(木)ユーロ圏 マネーサプライM3、独 消費者信頼感指数

27 (金)スイス KOF先行指数、独 消費者物価指数・速報値

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円、注文の景色が違う、ボリバン内へ復活など | トップページ | ドル円、早起き需給 »

為替10年8月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ円、20-23日下降ライン上抜けるか:

« ドル円、注文の景色が違う、ボリバン内へ復活など | トップページ | ドル円、早起き需給 »