« NZドル円、今一歩の指標、それでも | トップページ | 日銀月報=景気回復 »

2010年7月16日 (金)

欧州これから

「欧州これから」

*来日中の仏フィヨン首相は「為替のボラティリティは好ましくない、ユーロの水準は状況に適応したものである、ユーロは依然強い通貨、過去、ユーロは過大評価されていた」

*ドイツ:財政赤字の対GDP比率を14年までに1%に低下へ-財務省

*ECB:すべての非伝統的政策措置は「性質上、一時的」-月報

*スペイン政府:15年債で30億ユーロ調達-予定額の上限

*市場ではヒルデブランドSNB総裁が、損失を出している為替介入に関する問題で、退任をせまられるかもしれないとの噂が出回っているもよう。

18:00(EU)貿易収支(5月)予-5億EUR 前18億EUR

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« NZドル円、今一歩の指標、それでも | トップページ | 日銀月報=景気回復 »

為替10年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NZドル円、今一歩の指標、それでも | トップページ | 日銀月報=景気回復 »