« 豪ドル円、明日が政策金利 | トップページ | ワールドカップで南ア賃金交渉成功、 »

2010年7月 5日 (月)

南アランド円、外部弱く、内部まずまず

「南アランド円、外部弱く、内部まずまず」

*6月21日、28日、30日の上ヒゲで下押ししている

*日足は6月21日-22日の下降ラインに沿っている。

*7月1日-2日の上昇ラインを維持できるかどうか

*雲の上に出られぬまま下落(雲は11.74-12.02)

*ボリバンでは上限で反落、一気にボリバン下限へ(ボリバンレンジは11.34-12.21)

*5日線は下向き

*反転の兆しはないが金曜が陽線であったことくらい

Ws000029

Ws000027 

(注文)

*売りは11.50で小、11.70から中

*買いは11.30から中、11.20から大

*損切りは買いはない。売りは11.30が執行され、他に11.10から10銭刻み

(材料)

*世界的株下げと資源安の外部要因で下げ

*国内は

*ゴーダン財務相=ワールドカップは2010年のGDPに少なくとも0.4%は貢献しただろう
*6月Naamsa自動車販売前年比+20.7%と悪くはない

   *ストの季節がやってきた。
   *電力労働組合はエスコム社の8%賃上げを拒否。スト突入か

  (予定)
   *政策金利は7月22日に決定。インフレは落ち着いている。

|

« 豪ドル円、明日が政策金利 | トップページ | ワールドカップで南ア賃金交渉成功、 »

為替10年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豪ドル円、明日が政策金利 | トップページ | ワールドカップで南ア賃金交渉成功、 »