« ドル円注文変化、今とお昼比較 | トップページ | 欧州これから »

2010年7月15日 (木)

フェッドファンド先物:水谷

フェッドファンド先物は相変わらずの心臓破りの丘状態となっています。

Fedfundjuly15

価格上昇の金利低下を示しています。FOMC議事録で景気後退感を強く意識した内容であり、現時点では一段の金融政策発動はないものの、景気が顕著に悪化すれば追加の緩和策も必要であるとの認識です。欧州通貨ショートのシカゴ筋はドルサイドに不安を抱え、買い戻しに動く行動を強めています。

ラッカー・リッチモンド連銀総裁は最近の弱い経済指標にも関わらず次のFRB政策は引き締めであると、いつのことを予想して発言されているのか意味不明ですね。月初の弱い雇用統計を引きづっているようですね。

それでは。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円注文変化、今とお昼比較 | トップページ | 欧州これから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドル円注文変化、今とお昼比較 | トップページ | 欧州これから »