« 夜の悩み | トップページ | 景気動向指数に続き、ウオッチャーも低下 »

2010年7月 8日 (木)

ポンド円、政策金利、コアインフレに言及するか

「ポンド円、政策金利、コアインフレに言及するか」

(テク)

*日足は雲入りを狙う。入りきらない。

*7月1日-2日の上昇ラインを下抜き元気なしであったがNYで下ヒゲ出し今日は上げている

*一目の雲は133.96-136.32

*6月から小競り合い 6月29日-30日の下降ラインを上抜けてはいる

*ボリバンは極せま131.70-135.62

*5日線は横ばいから上げ火

Ws000032 Ws000033

(注文)

*売りは134半ばから中

*買いは134割れで小

*損切りは売り買い小さい

(材料)今夜のBOE政策金利を前にNYTIMESにはコアインフレが高いとの記事あり↓

British core inflation, which excludes food and energy prices, is above 3 percent, more than twice the rate in the euro zone.

今日は17:30(英)鉱工業生産指数 前月比(5月)予+0.4% 前-0.4%
19:00(独)鉱工業生産 前月比(5月)予0.9% 前0.9%
20:00(英)イングランド銀行(BOE)金利発表 予0.50% 前0.50%

    *ユーロが強いとポンドが相対的に弱くなる
*英BPのヘイワードCEO)がアブダビ投資庁と会談した。BPはメキシコ湾の原油流出事故をめぐり巨額の補償を迫られており、買収防衛に向けた協力を要請した可能性がある。さらにシンガポールのテマセックもBP支援か

 EUの英国の過剰債務報告書は「英国は過剰債務に対し効果的な行動を取った。英国の目標は戦略に沿っている」としながらも「英国の予算削減の実現は難しい」と指摘した

(予定)

8(木) 鉱工業生産、製造業生産、IMF世界経済見通し

9(金) 生産者物価指数コア、貿易収支、OECD景気先行指数


野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夜の悩み | トップページ | 景気動向指数に続き、ウオッチャーも低下 »

為替10年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポンド円、政策金利、コアインフレに言及するか:

« 夜の悩み | トップページ | 景気動向指数に続き、ウオッチャーも低下 »