« やはり徐行運転で! : かかし | トップページ | 今週の豪ドル相場:津田 »

2010年7月12日 (月)

月曜早朝シドニー市況:津田

おはようございます。
本日のシドニー市場はワールドカップサッカー(スペイン1-0オランダ)の中継もあり(裏番組は全米女子オープンゴルフ?)?)静かな展開でしたが、その中でやはり日本の参院選で民主大敗を受けてドル円が20-30ポイント上昇。円クロスも強含みです。今週も日本の政局に加えて、米国サイドでは6月小売売上高や鉱工業生産指数など多くの重要指標が発表されます。また米企業決算発表も本格化するため、このところの米景気後退懸念の裏づけとなるかどうか注目されます。先週後半見られた”リスク回避の巻き戻し”が継続するか、あるいは揺り戻しがくるか??
スペインがワールドカップで優勝しましたが欧州財政危機に明るい兆しが見えるのでしょうか?

それではHave a nice week in advance!!

-------------------------------------------------------------------------

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこちらから

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

週末の出来事発言等:
・参議院選民主党過半数割れ(7/12)

・エコノミストサーベイでは独政府が課された財政赤字削減の改善策を実行できると考えるものは少ない(ビルツシャフトボーケ((7/12)

・中国6月新人民元融資残高603bio(600bio予想)(-5.6%m/m,3ヶ月最低)(7/12)

・イタリアの銀行に対するストレステストではイタリア中銀に要求されたソブリン債務残高の開示をおこなう(7/12)

・中国通関当局―中国貿易は金融危機前のレベルに戻りつつあるが、欧州債務問題が中国貿易に影響を与え始めている(7/11)

・独政府は経済危機の緩和により企業支援ファンドの支援額を減額する見込み(シュピーゲル誌)(7/12)
・中国人民銀行アドバイザー―2010年下半期に人民元が急上昇することを予想する理由がない(7/12)
・中国6月貿易収支+$20bio(予想+$15.6bio)(7/11)
・米グラハム上院議員―中国を為替操作国に認定しなかった最近の米財務省レポートは議会が中国の操作国登録の必要性を強めた(7/12)
・IMFリプスキー―IMFはスペインやその他EU各国と政策プログラムで話し合っていない(7/11)
・北朝鮮国連代表―北朝鮮は6カ国協議を継続する(7/11)
・ECBコンスタンシオ―EUのソブリンリスクが成長を止めることはないであろうが成長を弱める恐れがある(7/11)



NYK closing

Sydney range

Tokyo6:00am

USDYEN

88.57

88.62-88.80

87.70

EURUSD

1.2623

  1.2617-1.2638

1.2632

GBPUSD

1.5059

  1.5064-1.5081

1.5070

EURYEN

111.98

  111.90-112.13

111.97

GBPYEN

133.45

   133.59-133.79

133.73

AUDUSD

0.8774

  0.8766-0.8788

0.8771

AUDYEN

77.71

     77.77-77.88

77.87

NZDUSD

0.7103

.0.7094-0.7115

0.7105

NZDYEN

     62.93

62.98-63.18

63006

DOWCFD

10198

10182

OIL CFD

        76.09

76.45

GOLDCFD

1209.80

1211.00

Then, have a nice day!!

Joe

|

« やはり徐行運転で! : かかし | トップページ | 今週の豪ドル相場:津田 »

2津田穣(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やはり徐行運転で! : かかし | トップページ | 今週の豪ドル相場:津田 »