« NZドル円、政策金利のヒント、来週CPIと小売売上 | トップページ | サムスンCEO、 洪 夏祥 東洋経済新報社 »

2010年7月10日 (土)

南アランド円、利下げ派も出てきた

「南アランド円、利下げ派も出てきた」

*7月6日-7日の上昇ラインが維持されるかどうか

*日足は6月21日-22日の下降ラインを上抜いた

*雲は11.78-12.02

*ボリバン内での上下が速い。現在は下限から中位へ反発 ボリバン=11.24-12.18

*5日線は下向きから反転上昇

  Ws000024 Ws000025

(注文)

*売りは11台後半は中、大は12.0から

*買いは11.60から、11.20から大

*損切りはない

(材料)

利下げ論が出てきている、(STNADARD CHARTERED BANK、回復脆弱、欧州景気停滞影響、失業率高い、インフレ落ち着き)

 ALSI 27228 (+166) 
*ゴーダン財務相、第2四半期の経済成長は緩やかなものだった。経済成長は2.3%を上回る軌道にある
南アの経済状況は徐々に改善している
*マーカスSARB総裁=*通貨のボラティリティを管理するのは困難、
*ズマ大統領=Wカップのかけた費用の効果はあった
*ゴーダン財務相=ワールドカップは2010年のGDPに少なくとも0.4%は貢献しただろう
*6月Naamsa自動車販売前年比+20.7%と悪くはない

   *ストの季節がやってきた。
   *電力労働組合はエスコム社から9%賃上げ得る
   *政策金利は7月22日に決定。インフレは落ち着いている。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« NZドル円、政策金利のヒント、来週CPIと小売売上 | トップページ | サムスンCEO、 洪 夏祥 東洋経済新報社 »

為替10年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南アランド円、利下げ派も出てきた:

« NZドル円、政策金利のヒント、来週CPIと小売売上 | トップページ | サムスンCEO、 洪 夏祥 東洋経済新報社 »