« 豪中銀議事録、総裁講演もあり | トップページ | 7月RBA理事会議事録:津田 »

2010年7月20日 (火)

ユーロドル、鍋底相場、今年初の月足陽線なるか

「ユーロドル、鍋底相場、今年初の月足陽線なるか」

*金の切れ目が縁の切れ目というが、危機からの回復は金を入れれば成功する。

*5月のIMFEU支援でユーロは回復。リーマンショックもG-20協調資金供給から改善していった。悲しいが要はお金が解決する。格付けは無視。

*今年は陰線の月ばかりだったが7月はここまで陽線

6月の極線がきっかけか。5月-6月の下降ラインは上抜いた

*日足では大きく見れば鍋底から上昇、雲の上に出た(雲は1.2782から1.2224までで)。ボリバン上限に達してきた(1.2052-1.3021)

*大台の1.3へのファーストトライは失敗

*7月13日-15日の上昇ラインは下抜いて調整。

*7月1日-13日の上昇ラインに沿っている

*5日線は上向き

Ws000008


野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪中銀議事録、総裁講演もあり | トップページ | 7月RBA理事会議事録:津田 »

為替10年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豪中銀議事録、総裁講演もあり | トップページ | 7月RBA理事会議事録:津田 »