« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

ユーロ円注文、材料、予定

「ユーロ円注文、材料、予定」

(注文)

*売りは113台で少々

*買いは112.0で大

*損切りはない

Ws000002

(材料)ECB理事会あり

*ユーロ=強かったIFO指数後もマチマチの指標、南欧金利は落ち着き

ユーロ圏・6月失業率、前回:10.0%、予想:10.0%、今回:10.0%
ユーロ圏・7月消費者物価指数速報(年比)、前回:+1.4%、予想:+1.7%、今回:+1.7%
独・6月小売売上高指数(前月比)、前回:+0.4%、予想:-0.2%、今回:-0.9%
独・6月小売売上高指数(前年比)、前回:-2.4%、予想:+1.0%、今回:+3.1%
ドイツ・7月失業率(季調済)、前回:7.7%、予想:7.6%、今回:7.6%
ドイツ・7月失業者数、前回:-2.1万人、予想:-2.0万人、今回:-2.0万人

ラガルド仏財務相= 景気が二番底に陥るリスクはない、2011年に経済成長はかなり上向く、欧州ソブリン債デフォルトリスクは非常に低い○成長への足かせは重い債務、中国とインド、新興市場が経済成長をけん引する

(予定)

2(月) (スイス)実質小売売上高、SVME購買協会景気指数、HSBC、BNPP決算  ユーロ圏 製造業PMI確報、   英製造業PMI、

3(火) (スイス)消費者物価指数、 (ユーロ圏)生産者物価指数    
4(水)ユーロ圏サービス業PMI、 サービス業PMI  、小売売上高

5(木)  独 製造業受注、 ECB政策金利発表
    
6(金)   スイス・失業率  、  (仏)貿易収支、財政収支、 独鉱工業生産、 G-7景気先行指数(OECD)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円注文、材料、予定

「ドル円注文、材料、予定」

(注文)

*売り買い、損切りともに小さいもので不均衡なし

Ws000000

(材料) 指標弱くなってきた。今頃デフレ対策とは?

6月住宅着工戸数(前年比)、前回:-4.6%、予想:+1.8%、今回:+0.6%
6月鉱工業生産(前月比)、前回:+0.1%、予想:+0.2%、今回:-1.5%
6月失業率、前回:5.2%、予想:5.2%、今回:5.3%
6月有効求人倍率、前回:0.50、予想:0.50、今回:0.52

6月全国消費者物価指数 (前年比)、前回:-0.9%、予想:-0.7%、今回:-0.7%
6月小売業販売額(前年比)、前回:+2.8%、予想:+3.2%、今回:+3.2%
6月大型小売店販売額(前年比)、前回:-4.0%、予想:-4.0%、今回:-3.0%

野田財務相=マーケットを注視している=円高で。デフレ脱却議連の提言、真摯に受け止める


民主デフレ脱却議連事務局長=円高対応、市場介入ではなく金融緩和で適切な水準に収めるべき
金融緩和政策、日銀の判断だが国債買いオペ増も選択肢、デフレ脱却にはインフレターゲットなどリフレ政策が必須
政府は毎年、次年度の物価上昇目標を決定・公表して日銀に通達、物価上昇目標はCPI2-3%の間、日銀は目標の上下1%以内に維持を
デフレ・円高不況の原因は日銀の金融失政、日銀法改正に速やかに着手、日銀の自主性を維持し、物価安定だけでなく雇用最大化も目標とする

亀崎日銀委員=  引き続き為替相場を注意深く見ていく、円高の影響あるが先行きの回復シナリオは変えず、円高は短期的には輸出の下押し要因に、円高は設備投資や消費にも影響あるかも、10-12月期に一時的に経済停滞の可能性もある。

(予定)

2(月)日 毎月勤労統計、新車販売台数  米 ISM製造業景況指数、建設支出、

3(火)  (日)マネタリーベース (米)週間チェーンストア売上高 、レッドブック大規模小売店売上高、個人所得、個人支出、PCEデフレーター、製造業受注、中古住宅販売保留 、新車販売台数
    
4(水)米企業人員削減数(チャレンジャー社)、 米ADP民間雇用者数 、米住宅ローン・借換え申請指数 米ISM非製造業景況指数   

5(木) 日 対外及び対内証券売買契約、オフィス空室率、新規失業保険申請件数
    
6(金)  (日)7月上中旬貿易統計、景気動向指数、米 非農業部門雇用者数 、失業率 、  加 Ivey購買部協会指数 、消費者信用残高

(講演)
2(月)9:00衆院予算委員会 、バーナンキFRB議長、ガイトナー財務長官
3(火)衆院予算委員会、潘基文国連事務総長が来日      
4(水)参院予算委員会
5(木)参院予算委員会、ECB記者会見、FRB住宅ローン規制に関する公聴会       
6(金) 

(決算)
2(月) マルハニチロ、宇部興産、アステラス、塩野義、IHI、リコー、伊藤忠 HSBC、BNPP
3(火)スズキ、JX、旭化成、三菱レ、コスモ石、出光興産、ジェイテクト、三井物、横浜銀、大京、昭電工、NTTデータ、ダウ・ケミカル、ファイザー、P&G   マスター・カード、NYSEユーロネクスト、コーチ、エレクトロニック・アーツ
4(水)トヨタ、三菱ケミHD、OLC、住友大阪、三井金、いすゞ、ライオン、ヤマハ発、マクドナルド、タイムワーナー、AOL、ニューズ・コープ、プルデンシャル・ファイナンシャル、オールステート
5(木)大成建、大林組、清水建、長谷工、鹿島、博報堂DY、板硝子、古河電、千代建、ダイキン、ニコン、大日印、オリックス、住友不、TBSHD、NTT、コナミ、ヤマダ電、旭硝子、クラフト・フーズ 、シグナ    
6(金)東レ、大和ハウス、日ハム、DIC、住友鉱、荏原、GSユアサ、パイオニア、日立造、丸井G、スクエニHD、ブリヂストン

(外貨投資)

2(月)  日興アセットマネジメント 米ドル、豪ドル、レアル、・スウェーデン地方金融公社南アランド債 

3(火)    
4(水)
5(木)      
6(金)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年間では円全面高、カナダ、ランドが続く

「年間では円全面高、カナダ、ランドが続く」

*円全面高、米ドルをカナダ、ランドが抜く

*今月健闘のユーロ、ポンドは年間ではまだまだ安い

         
  12月31日 7月30日 変化率%
ドル円 93.3 86.45 -6.85 -7.34
ユーロ円 133.3 112.81 -20.49 -15.37
ポンド円 150.26 135.62 -14.64 -9.74
カナダ円 88.4 83.95 -4.45 -5.03
豪ドル円 83.4 78.15 -5.25 -6.29
NZドル円 67.35 62.76 -4.59 -6.82
スイス円 89.85 83.02 -6.83 -7.60
ランド円 12.55 11.85 -0.70 -5.58
  12月31日     変化率%
ユーロドル 1.4311 1.3050 -0.1261 -8.81
ポンドドル 1.6157 1.5686 -0.0471 -2.92
ドルスイス 1.0353 1.0408 0.0055 0.53
ドルカナダ 1.0508 1.0293 -0.0215 -2.05
豪ドルドル 0.898 0.9039 0.0059 0.66
NZドルドル 0.7254 0.7254 0.0000 0.00
ドルランド 7.4226 7.2954 -0.1272 -1.71
     
ユーロポンド 0.8857 0.8312 -0.0545 -6.15
ユーロスイス 1.4822 1.3586 -0.1236 -8.34
豪ドルNZドル 1.237 1.2446 0.0076 0.61

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20%高もあり、年間動いた商品

「20%高もあり、年間動いた商品」

*株=年間では中国、日本の順に株弱い、米株は個別では明暗20%高と20%安

*米債券=米金利大幅低下

*原油=変わらず

*貴金属=金まずまず、パラジウム強い

  09年末 7月30日
原油 79.63 78.95 -0.68 -0.85
1,096.70 1183.90 87.20 7.95
CRB 283.38 274.35 -9.03 -3.19
ドルINDEX 77.86 81.60 3.74 4.80
コーン 414.50 406.75 -7.75 -1.87
大豆 1,048.50 1005.00 -43.50 -4.15
16.91 18.00 1.09 6.42
パラジウム 403.00 491.00 88.00 21.84
プラチナ 1,466.00 1569.00 103.00 7.03
         
JGB 1.29 1.06 -0.23 -17.90
         
米10年債金利 3.84 2.91 -0.93 -24.30
米30年債金利 4.63 3.99 -0.64 -13.80
米株個別        
フォード 10.00 12.77 2.77 27.70
グーグル 619.98 484.85 -135.13 -21.80
シティ 3.31 4.10 0.79 23.87
VISA 87.46 73.35 -14.11 -16.13
ボーイング 54.13 68.14 14.01 25.88
NYDJ 10,428.50 10465.94 37.44 0.36
ナスダック 2,269.15 2254.70 -14.45 -0.64
上海総合 3,277.14 2637.50 -639.64 -19.52
FTSE 5,412.88 5258.02 -154.86 -2.86
DAX 5,957.43 6147.97 190.54 3.20
日経 10,546.44 9537.30 -1009.14 -9.57


野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週の外貨投資

「来週の外貨投資」

今のところこれだけで、あと外貨債券もはいってくるでしょう

2(月)  日興アセットマネジメント 米ドル、豪ドル、レアル、米ドル、豪ドル、レアル、・スウェーデン地方金融公社南アランド
3(火)    
4(水)
5(木)      
6(金)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月間ではユーロ、豪が強い

「月間ではユーロ、豪が強い」

*ドル全面安、円が続く

         
  6月30日 7月30日 変化率%
ドル円 88.41 86.45 -1.96 -2.22
ユーロ円 108.09 112.81 4.72 4.37
ポンド円 132.14 135.62 3.48 2.63
カナダ円 83.12 83.95 0.83 1.00
豪ドル円 74.32 78.15 3.83 5.15
NZドル円 60.53 62.76 2.23 3.68
スイス円 82.05 83.02 0.97 1.18
ランド円 11.51 11.85 0.34 2.95
  6月30日     変化率%
ユーロドル 1.2234 1.3050 0.0816 6.67
ポンドドル 1.4942 1.5686 0.0744 4.98
ドルスイス 1.0773 1.0408 -0.0365 -3.39
ドルカナダ 1.0635 1.0293 -0.0342 -3.22
豪ドルドル 0.8405 0.9039 0.0634 7.54
NZドルドル 0.6843 0.7254 0.0411 6.01
ドルランド 7.6811 7.2954 -0.3857 -5.02
     
ユーロポンド 0.8185 0.8312 0.0127 1.55
ユーロスイス 1.3183 1.3586 0.0403 3.06
豪ドルNZドル 1.2272 1.2446 0.0174 1.42

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週の講演、バーナンキFRB議長

「来週の講演、バーナンキFRB議長

2(月)衆院予算委員会 、バーナンキFRB議長、ガイトナー財務長官
3(火)衆院予算委員会、潘基文国連事務総長が来日      
4(水)参院予算委員会
5(木)参院予算委員会、ECB記者会見、FRB住宅ローン規制に関する公聴会       
6(金) 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォード急騰、日経寂し、月間動いた商品

「フォード急騰、日経寂し、月間動いた商品」

*金下げ、パラジウム上げ

*日本株寂しい

*フォード株26%高

  6月30日 7月30日
原油 75.63 78.95 3.32 4.39
1245.90 1183.90 -62.00 -4.98
CRB 258.52 274.35 15.83 6.12
ドルINDEX 86.08 81.60 -4.49 -5.21
コーン 373.50 406.75 33.25 8.90
大豆 902.50 1005.00 102.50 11.36
18.64 18.00 -0.64 -3.43
パラジウム 439.00 491.00 52.00 11.85
プラチナ 1529.00 1569.00 40.00 2.62
         
JGB 1.09 1.06 -0.03 -2.76
         
米10年債金利 2.94 2.91 -0.03 -0.89
米30年債金利 3.89 3.99 0.10 2.57
米株個別        
フォード 10.08 12.77 2.69 26.69
グーグル 444.95 484.85 39.90 8.97
シティ 3.76 4.10 0.34 9.04
VISA 70.75 73.35 2.60 3.67
ボーイング 62.75 68.14 5.39 8.59
NYDJ 9774.02 10465.94 691.92 7.08
ナスダック 2109.24 2254.70 145.46 6.90
上海総合 2398.37 2637.50 239.13 9.97
FTSE 4916.87 5258.02 341.15 6.94
DAX 5965.52 6147.97 182.45 3.06
日経 9382.64 9537.30 154.66 1.65

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週の決算、トヨタなど

「来週の決算、トヨタなど」

2(月) マルハニチロ、宇部興産、アステラス、塩野義、IHI、リコー、伊藤忠 HSBC、BNPP

3(火)スズキ、JX、旭化成、三菱レ、コスモ石、出光興産、ジェイテクト、三井物、横浜銀、大京、昭電工、NTTデータ、ダウ・ケミカル、ファイザー、P&G   マスター・カード、NYSEユーロネクスト、コーチ、エレクトロニック・アーツ
4(水)トヨタ三菱ケミHD、OLC、住友大阪、三井金、いすゞ、ライオン、ヤマハ発、マクドナルド、タイムワーナー、AOL、ニューズ・コープ、プルデンシャル・ファイナンシャル、オールステート

5(木)大成建、大林組、清水建、長谷工、鹿島、博報堂DY、板硝子、古河電、千代建、ダイキン、ニコン、大日印、オリックス、住友不、TBSHD、NTT、コナミ、ヤマダ電、旭硝子、クラフト・フーズ 、シグナ    
6(金)東レ、大和ハウス、日ハム、DIC、住友鉱、荏原、GSユアサ、パイオニア、日立造、丸井G、スクエニHD、ブリヂストン

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランド強いNZ弱い、週間動いた通貨

「ランド強いNZ弱い、週間動いた通貨」

*NZ弱い、次いで米ドル、円マチマチ

*ランド強い

  7月23日 7月30日 変化率%
ドル円 87.43 86.45 -0.98 -1.12
ユーロ円 112.87 112.81 -0.06 -0.05
ポンド円 134.88 135.62 0.74 0.55
カナダ円 84.42 83.95 -0.47 -0.56
豪ドル円 78.32 78.15 -0.17 -0.22
NZドル円 63.55 62.76 -0.79 -1.24
スイス円 82.91 83.02 0.11 0.13
ランド円 11.75 11.85 0.10 0.85
        変化率%
ユーロドル 1.2908 1.3050 0.0142 1.10
ポンドドル 1.5422 1.5686 0.0264 1.71
ドルスイス 1.0544 1.0408 -0.0136 -1.29
ドルカナダ 1.0353 1.0293 -0.0060 -0.58
豪ドルドル 0.8954 0.9039 0.0085 0.95
NZドルドル 0.7269 0.7254 -0.0015 -0.21
ドルランド 7.4409 7.2954 -0.1455 -1.96
     
ユーロポンド 0.837 0.8312 -0.0058 -0.69
ユーロスイス 1.3612 1.3586 -0.0026 -0.19
豪ドルNZドル 1.2317 1.2446 0.0129 1.05

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

中国株先導、週間動いた商品

「中国株先導、週間動いた商品」

*株=中国株引っ張る、通貨の高い欧州派株が安い

*米債券=米10年債金利低下

*原油=小動き

*貴金属=パラジウム高い

*穀物=コーン堅調

  7月23日 7月30日
原油 78.98 78.95 -0.03 -0.04
1187.80 1183.90 -3.90 -0.33
CRB 266.63 274.35 7.72 2.90
ドルINDEX 82.52 81.60 -0.92 -1.12
コーン 384.50 406.75 22.25 5.79
大豆 981.50 1005.00 23.50 2.39
18.10 18.00 -0.11 -0.59
パラジウム 461.50 491.00 29.50 6.39
プラチナ 1537.00 1569.00 32.00 2.08
         
JGB 1.07 1.06 -0.01 -0.94
         
米10年債金利 3.00 2.91 -0.09 -2.97
米30年債金利 4.02 3.99 -0.03 -0.65
米株個別        
フォード 12.72 12.77 0.05 0.39
グーグル 490.06 484.85 -5.21 -1.06
シティ 4.02 4.10 0.08 1.99
VISA 75.59 73.35 -2.24 -2.96
ボーイング 67.93 68.14 0.21 0.31
NYDJ 10424.62 10465.94 41.32 0.40
ナスダック 2269.47 2254.70 -14.77 -0.65
上海総合 2572.03 2637.50 65.47 2.55
FTSE 5312.62 5258.02 -54.60 -1.03
DAX 6166.34 6147.97 -18.37 -0.30
日経 9430.96 9537.30 106.34 1.13

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週の焦点、米雇用、豪英欧金利

「来週の焦点、米雇用、豪英欧金利」

2(月)豪 AIG製造業指数、TDMIインフレ指数、NZ ANZ商品価格、日 毎月勤労統計、新車販売台数 (スイス)実質小売売上高、SVME購買部協会景気指数、 (香港) 小売売上  ユーロ圏 製造業PMI確報、   英製造業PMI、 米 ISM製造業景況指数、建設支出

 3(火) NZ 賃金指数、豪住宅建設許可、 豪小売売上高、求人広告 豪中銀政策金利 、 (日)マネタリーベース 、 (スイス)消費者物価指数、 (ユーロ圏)生産者物価指数、 (米)週間チェーンストア売上高 、レッドブック大規模小売店売上高、個人所得、個人支出、PCEデフレーター、製造業受注、中古住宅販売保留 、新車販売台数
    
4(水)豪貿易収支、第2四半期住宅価格指数、AIGサービス業指数、ユーロ圏サービス業PMI、 サービス業PMI  、小売売上高米企業人員削減数(チャレンジャー社)、 米ADP民間雇用者数 、米住宅ローン・借換え申請指数 米ISM非製造業景況指数 

5(木) NZ・第2四半期失業率、日 対外及び対内証券売買契約、オフィス空室率、 独 製造業受注、 英中銀政策金利発表 、ECB政策金利発表 加住宅建設許可、新規失業保険申請件数
    
6(金)  豪中銀四半期金融政策報告 、AIG建設業指数、(日)7月上中旬貿易統計、景気動向指数、 スイス・失業率  、  (仏)貿易収支、財政収支、英 鉱工業生産、 英 生産者物価指数、製造業生産、 独鉱工業生産、 G-7景気先行指数(OECD)加 失業率 、雇用者数変化、 米 非農業部門雇用者数 、失業率 、  加 Ivey購買部協会指数 、消費者信用残高

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動いた通貨、カナダとランド強い

「動いた通貨、カナダとランド強い」

*円マチマチ、ドル安い(ユーロ以外)

*カナダとランド強い

  7月29日 7月30日 変化率%
ドル円 86.77 86.45 -0.32 -0.37
ユーロ円 113.48 112.81 -0.67 -0.59
ポンド円 135.47 135.62 0.15 0.11
カナダ円 83.66 83.95 0.29 0.35
豪ドル円 78.11 78.15 0.04 0.05
NZドル円 62.78 62.76 -0.02 -0.03
スイス円 83.35 83.02 -0.33 -0.40
ランド円 11.82 11.85 0.03 0.25
        変化率%
ユーロドル 1.3078 1.3050 -0.0028 -0.21
ポンドドル 1.5611 1.5686 0.0075 0.48
ドルスイス 1.0406 1.0408 0.0002 0.02
ドルカナダ 1.0367 1.0293 -0.0074 -0.71
豪ドルドル 0.9000 0.9039 0.0039 0.43
NZドルドル 0.7233 0.7254 0.0021 0.29
ドルランド 7.3409 7.2954 -0.0455 -0.62
     
ユーロポンド 0.8375 0.8312 -0.0063 -0.75
ユーロスイス 1.3612 1.3586 -0.0026 -0.19
豪ドルNZドル 1.2432 1.2446 0.0014 0.11

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先ずは数字、米GDPをシカゴ・ミシガンが挽回

「先ずは数字、米GDPをシカゴ・ミシガンが挽回」

*米株=2QGDPが予想下回るも、シカゴPMI、ミシガン大消費者信頼感指数が予想を上回り小幅下げにとどまる

*中国株=適度な金融緩和継続で堅調に推移していた週末は調整で小幅安。

*米債券=株と違って、GDP後のシカゴ、ミシガンの強さでも売られず利回り低下

*原油=米2QGDPが予想下回るも、シカゴPMI、ミシガン大消費者信頼感指数が予想を上回り総じて戻す

*貴金属=米2QGDPが予想下回るも、シカゴPMI、ミシガン大消費者信頼感指数が予想を上回り総じて戻す

*穀物=ロシア欧州干ばつによる小麦高騰を受け上昇。大豆は1000のせ

  7月29日 7月30日
原油 78.36 78.95 0.59 0.75
1171.20 1183.90 12.70 1.08
CRB 270.20 274.35 4.15 1.54
ドルINDEX 81.61 81.60 -0.02 -0.02
コーン 393.75 406.75 13.00 3.30
大豆 988.00 1005.00 17.00 1.72
17.56 18.00 0.44 2.51
パラジウム 481.00 491.00 10.00 2.08
プラチナ 1554.00 1569.00 15.00 0.97
         
JGB 1.08 1.06 -0.03 -2.31
         
米10年債金利 2.94 2.91 -0.03 -1.05
米30年債金利 4.08 3.99 -0.09 -2.23
米株個別        
フォード 12.97 12.77 -0.20 -1.54
グーグル 484.99 484.85 -0.14 -0.03
シティ 4.12 4.10 -0.02 -0.49
VISA 71.98 73.35 1.37 1.90
ボーイング 67.22 68.14 0.92 1.37
NYDJ 10467.16 10465.94 -1.22 -0.01
ナスダック 2251.69 2254.70 3.01 0.13
上海総合 2648.12 2637.50 -10.61 -0.40
FTSE 5313.95 5258.02 -55.93 -1.05
DAX 6134.70 6147.97 13.27 0.22
日経 9696.02 9537.30 -158.72 -1.64

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようございます

「おはようございます」

拝啓

暑中お見舞い申し上げます

 2日間充電しましたら電池も溜まったのでまた再開させて頂きます(時間が経てばまた切れますがまた充電します。充電人生です)。

宜しくお願い申し上げます。

 *ツイッターの背景も横浜のダイナミズムを感じさせるものにしました。

サファイアプリンセス(11.6万トン)と最近人気絶頂の夜景がまぶゆいナイトクルーズにも出てくる臨海工場です。高度成長を感じさせますが、船は日本製造、英国保有、バミューダ船籍です。2段道路のベイブリッジをくぐっています。

毎月、背景は変えたいと思っています。中華街の美味いものとか開港の歴史を感じさせる建物も取り上げたいです。

 ではHAVE A NICE WEEKEND!

P.S. 明日は臨港パークで大花火大会、世界大学野球選手権も始まります。高校野球は33年振りに東海相模、ノーシードの横浜健闘むなしく決勝で散る。

Bay2_2 

                                       敬具

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ブラジル株 7月は10%超の上昇

7月30日のアメリカ、ブラジル、ロシア、南アフリカ株と各指数の週間・月間・年初来騰落率です。

100731

7月1ヶ月だけを見るとダウは7.08%、S&P500は6.88%、ボベスパ指数は10.80%、RTS指数は10.74%、南アトップ40は8.28%上昇しています。こうやって見ると、7月の株式市場は好調だったんですね。

100731_3 

CRB指数は1.45%上がりました。

100731_4

また、昨日発表された経済指標では、南アフリカの貿易収支が予想より大きく上昇。一方、韓国の鉱工業生産指数は前月比、前年比ともにマイナスです。

その韓国では、昨日、サムスン電子が第2四半期決算を発表しました。営業利益は5兆0100億ウォン(約3663億円)と過去最高を更新、コンセンサスの4兆8600億ウォンを上回っています。

大きく伸びていた携帯電話は、第2四半期の販売台数が6380万台となり、第1四半期の6430万台から減少しています。

ロイターのニュースによると、サムスン電子は「デジタルメディアやモバイルで競争激化が見込まれるため、現在の収益水準を維持するのは難しいかもしれない。第3四半期の利益率は、価格競争に圧迫されるだろう」という声明を発表したそうです。

韓国といえば、現代自動車の傘下にある起亜自動車も7月29日に第2四半期決算を発表。純利益が前年同期比61%増の5578億ウォン(約408億円)でコンセンサスの4405億ウォンを上回っています。ただ、こちらも下期は自動車需要が減少することが予想されています。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

2010年7月30日 (金)

アジア株下落&中国は既に世界第二の経済大国&米4-6GDP

もう7月も終わりですね。本日のアジア株です(クリックで拡大します)。

100730

マレーシアのFTSEブルサマレーシアKLCI指数、タイのSET指数、ベトナムのVN指数を除き下落しています。

週間騰落率は、香港のH株とインドのセンセックス指数、ベトナムのVN指数、台湾の加権指数がマイナスとなりましたが、その他はプラスです。
年間騰落率ですが、上海総合指数の下落幅が20%を切ってきました。

その中国ですが、国家外貨管理庁のウエブサイトに、中国人民銀行副行長であり国家外管局局長の易綱氏が、「中国改革」という雑誌の胡舒立編集長のインタビューに応えた記事が載っています。原文は「財新網」というウエブサイトでも閲覧できます。

記事のタイトルを直訳すると「人民元相場の制度の最優秀選択」で、人民元制度について過去の流れに触れつつ説明し、現在の世界や中国の経済状況についても触れています。

その中で、世界経済の二番底の心配は少ないとしつつ、アメリカの不動産や雇用については不透明感が高いと指摘しています。

また、中国のGDP成長率は年前半は11.1%、年間では9%以上になる可能性が高いとしています。ただ、急激な成長が続くが、それが持続可能かが問題だとも述べています。
さらに、中国は、すでに世界第2位の経済大国であるとし、改革開放から30数年の年平均成長率は9.5%で、21世紀に入ってからの10年は10%を超えていたと説明。今後10年間、年平均7~8%の成長を続けることができれば高成長を維持でき、その次の10年間も年平均5~6%の成長を維持できれば、中国は50年間高成長を続けたことになり、人類史上例のないことだと話しています。
ただし、今後は成長の質が問題になるとし、質と利益を伴った成長に発展の方式を転換するべきだとしています。

一方、ブルームバーグには、全米経済研究所(NBER)のリポートとして「中国の住宅価格は向こう1、2年の間に『大幅な調整』に直面する見通し」というニュースが出ていました。米ペンシルベニア大学ウォートン経営大学院のジョゼフ・ジョルコ教授などNBERのエコノミストが執筆したリポートだそうで、「北京の宅地価格の指数は03年から今年まででほぼ800%上昇」しており、「投資家が同市場への信頼を失えば、北京の不動産価格は最大40%下落する可能性がある」としています。
中国政府では、不動産投機抑制のため、預金準備率を3回引き上げて、2軒目以降の住宅購入者については融資の条件を厳しくしています。 不動産税を導入するという報道もあるようです。お金のある人が投資用物件を買い漁り、本当に家が欲しい人は高すぎて手が出ない。家を買うと数年で価格が上がる(と信じている)などなど。20年前くらいにどこかの国で聞いたような話ですよね……。

新しいニュースが…。
アメリカの4-6月期GDP成長率は、年率2.4%増で前期の改定値3.7%より縮小し、2期連続鈍化したようです。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

Joeの豪ドル道場より(今日の豪ドル相場--小局):津田

(小局)週初のリスク選好が冷やされる展開

先週は米企業決算が総じて堅調であったことや、欧州ストレステストに向けた思惑、更には無事通過したことからリスク回避の巻き戻しが積極化し、この動きは今週前半まで続いた。
ドル円は
88円台まで、またユーロも1.31台まで一時上昇し、豪ドルも5月以来の高値90セント台、豪ドル円も6月以来の高値79円台まで値を戻した。
しかしその後は不冴えな米耐久財受注や
FEDベージュブックの弱い内容から、米経済への懸念強く米2年債利回りは過去最低レベルに低下。また発表されたQ2の豪州インフレ率は予想を大きく下回る結果となり、8月利上げ観測が急速に後退。
本日ドル円は月末の本邦輸出の円買い需要や民主党のデフレ脱却議連事務局長が円売り介入に否定的なコメントを出したことから
86円台前半の年初来安値に並ぶ水準まで値を下げた。
また、円クロスも豪ドル円一時
77円台半ば、ユーロ円112円台、ポンド円134円台と全般的に円高推移している。
本日は米
Q2GDPはじめ、7月シカゴ購買部協会景気指数、7月ミシガン大学消費者信頼感指数が発表されるが、このところ軟調な数字が続く米経済指標であり警戒感が高い。
豪ドルも90セント台、79円台で取り敢えず足元の上値トライは終了した可能性がある。
従来の上値を越えていく力がないとするとまたレンジの中に反落する可能性が高い。
来週は金利据え置きが決定的な
3日(火)のRBA理事会と6日(金)のRBA四半期金融政策報告ならびに米7月雇用統計に注目したい。

(向う1週間の予想レンジ:豪ドル米ドル 0.8750-0.9050、豪ドル円 76.00-79.00

Joeの豪ドル道場メルマガサンプル 「28_july_2010.pdf」をダウンロード

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル短期金利:水谷

ドルの短期金利で少し変化が出てきています。Fed Fund Future9月限で価格下落がここ1週間ほど続いています。これは金利上昇です。

Fedfundjuly30

米国で資金繰り難が起きているとは想像できないのですが、何かが起こっている可能性はあると思います。景気の上昇感のない所での動きです。

反対に3ヵ月物のユーロドル先物は一方的な上昇と金利低下が進む市場です。

Eurodollfujuly31

こちらの方が現在の市場を素直に表現している。月初の米雇用統計の悪い数字、バーナンキFRB議長の「異例に不透明」な見通しに直面している。「unusually uncertain」、米小売り、耐久財受注と2番底懸念が出てくると市場は誘いをかけてくる。ブラード・セントルイス連銀総裁は日本型のデフレの罠に陥るリスクが高まるとして、具体的にデフレという危険な文言を出しています。日本型のデフレに陥ると10年は少なくとも抜け出せない。バーナンキ議長もデフレとは口に出さないものの、その可能性の芽は摘まないといけないと思っているでしょう。低金利、そして国債購入継続してヘリコプターマネーを投下しない状況かもしれませんね。これでは金利低下、ドル売りのシナリオが続くと思われます。

それでは。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

2010年7月29日 (木)

与党労働党とRBAに恩恵与えた弱いCPI:津田

昨日発表された豪州第二四半期の予想を下回るCPIを受けて、“勝ち組は与党労働党とRBAとの見方が一般的だ。結果は御承知であると思うが、特に8/21日の総選挙前のこの時期に出た”弱いCPI”の意義と、今後のRBAの金融政策などサクッと考えてみたい。

<結果>

ヘッドラインインフレーション(全項目)---前期比+0.6%(予想+1.0%、前回+0.9%)、前年比+3.1%(予想+3.4%、前回+2.9%)  

RBAの注視するアンダーライイングインフレーション---前期比+0.5%(予想+0.8%、前回+0.8%)、前年比+2.7%(予想+3.0%、前回+3.05%)

文句なしに落ち着いた弱い数字である。昨日の数字発表直後のこのブログの速報で“どうも実感に合わない弱い数字だ”と書いたが、(鉛筆ナメナメの疑いは置いておいて)、項目別でも、信じられないが確かに弱かったようだ。

CPIを構成する90項目のうち49項目のみが上昇した。と言うことは、残りは下落したということであろう。主な下落項目は国内旅行費と宿泊費が6%下落。果物価格が4.8%下落、タバコは15.4%上昇!!その他コンピュータ、野菜の値段も落ちているようだ。
上昇項目にしてもその上昇率は過去5年で最低とのこと。
ちょっと俄かには信じられないが、まあそう言うことだ。

この結果を最も歓迎したのは8月に総選挙を控えた与党労働党であろう。ギラード新首相は今週日曜日(7/25)の保守連合アボット自由党党首との党首討論においても、結果判定では若干アボットのできを上回ったものの、税制(資源税、法人税)、年金問題、難民問題などでアボットの攻撃を受けてかなり守勢に立たされた。
ギラード女史の脳裏には200711月の総選挙を前に同月RBAが利上げを行ったことも敗因の一つとなって敗北したハワード政権の姿があったであろう。三期目でかなり疲れたハワード政権がRBAの利上げに泣かされ、ギラード政権は少なくとも選挙期間中の利上げの懸念をする必要がない、、、世の中不公平なものである。

またRBAにとっても今回の弱いCPIは大歓迎であろう。そもそもRBA5月に発表されたRBA四半期金融政策報告において『アンダーライインングインフレーションの予測を今年、来年と2.75%とし、2012年の半ばまでに3%に上昇する』と発表していた。つまり民間エコノミストよりは低めの数字を予想しているわけだ。もっともこの数字の前提として『向こう12か月で金利が1%上昇する』としている。
更にサポーティブなのは、現在成長率はほぼトレンド成長の3近辺であり、RBAとしては5月以降金利を動かすことなしに”インフレなき適度の成長”を実現しているわけである。暫くは内外の情勢を見ながら”高みの見物”を決め込むであろうが、他の主要国と比較して金融政策舵取り上の余裕を持っていることは確かであろう。


今回の結果を受けて8月利上げ観測は発表前の30%からほぼゼロに落ちた。それではRBAが次に動くのはいつか?アナリストの中には“次のCPI(Q3)発表は11月であるので、早くて12月、あるいはもう年内は打ち止め”という見方もある。
ただこのようなハト派の見方ばかりではない。
CPI発表後にスワン財務相は次のように警戒的に発言している:
・アンダーライイングインフレーションの落ち着いた数字は非常に心強い。しかし家計に対する価格上昇圧力は依然として高い。景気の回復と、景気後退を避けた政策の存在にもかかわらず多くの人の家計は価格上昇圧力で疲弊している。
・中国と欧州のダウンサイドリスクが悪化すれば豪州もその影響を免れない。
といたって慎重な発言だ。

つまり『Q2のインフレ率は過去数年間の“ボトム”に位置する』という慎重な見方がむしろ多いように思う。豪州のインフレ率は実に過去3年間ほとんどRBAのターゲット2-3%の上におり、むしろ今回(Q2)が例外であるという見方である。
今後インフレ懸念が再び高まる場合には労働市場の逼迫と資源ブームによる所得増加が最も考えられる原因となるであろう。
現在雇用の拡大は年率3%以上でありこれは長期トレンドを上回る。現在5%の失業率は2011-2012年には4.75%に低下することが予想されるがこれは金融危機の影響が鮮明となった200812月以前のレベルである。
交易条件(輸入価格に対する輸出価格の比率)は2008年のピーク時に近づきつつあり鉱山投資の急増は今後鉱山セクターの賃金上昇を確実に促すものと予想される。
また労働市場の改善の影響で今後発表されるQ2の小売売上高はジャンプアップする可能性も指摘されている。
今後も労働市場の拡大が確認され、またQ2の小売売上高の伸びが強い場合には9月にでも利上げがありうると見る見方もあながちタカ派的過ぎるとは言えないであろう。
今年のQ4RBAは2度利上げした年末のキャッシュレートは5.0%という見方もまだ消えた訳ではない。

”Joeの豪ドル道場サンプル”「28_july_2010.pdf」をダウンロード

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (1)

おはようございます

「おはようございます」

 おはようございます

本日、明日はメンテ((私の、電池切れで) につきお休みさせて頂きます(他の執筆者は通常通りです)

宜しくお願い申し上げます

 野村雅道

| | コメント (1)

ランド円、雲の上、ボリバン上に接す

「ランド円、雲の上、ボリバン上に接す」

*日足は7月15-16日の下降ラインを上抜いてからは7月20-22日の上昇ラインにのっている。

*雲に到達した。雲は11.80-11.96

*ボリンジャーバンドは11.22-11.96のレンジでやや上位にいる。

*5日移動平均線は7月22日から上向いている。

Ws000018

Ws000019

(注文)

*売りは12.0 から大

*買いは11.80の中から、

*損切りは売りが11.70買い小さい

(材料)

南ア・6月CPI(前月比)、前回:+0.2%、予想:+0.3%、今回: 0.0%
南ア・6月CPI(前年比)、前回:+4.6%、予想:+4.5%、今回:+4.2%

失業率-2Q:25.3%
 
ドルランド7.4割れで強調推移

*ズマ大統領=ランド相場水準で議論あり
*マーカス中銀総裁=金利据置には異論なかった、ランドの水準に目標を設ける事は困難であり、コストを伴う
政策委員会がランドに関して協議したのはほんの短い時間だ、ランドの変動幅は大きい、ランドの目標水準は持っていない
ランドの動向、インフレターゲットに沿うべきだ
*公務員スト避けられず
     

| | コメント (0)

NZ円、まもなく金利発表

「NZ円、まもなく金利発表」

*カブセ後、19日-20日の上昇ラインが出来ている

*雲の上に出られず、雲はは62.39-63.98

*ボリバンは62.84-65.05

*5日線は上げ

Ws000017

(注文)

*売りは64台小さい

*買いは小さい、63.0で中

*損切りは売り買い小さい

(材料)

NZ・7月NBNZ企業信頼感 、前回:40.2、今回:27.9
*29(木)にRBNZオフィシャル・キャッシュレート、NZ貿易収支、マネーサプライあり。
30 (金)はNZ住宅建設許可、 利上げ観測多い(理由、金利正常化、住宅バブル抑える)

(予定)

29 (木)RBNZオフィシャル・キャッシュレート、NZ貿易収支、マネーサプライ、

30 (金)NZ住宅建設許可

| | コメント (0)

豪ドル円、CPI、PPI予想下回る

「豪ドル円、CPI、PPI予想下回る」

*豪ドルが昨日カブセ風、その後CPIが予想を下回り売られる

*7月22日-27日の上昇ライン下抜け

*7月19日-22日の上昇ラインがサポート

*5日線は上向きに転じる

雲は77.31-79.94で雲中へ 

ボリバンは73.33-80.06 

Ws000015 Ws000016

(注文)

*売りは78.25から小

*買いは78.0から中

*損切りは売り買い小さい

(材料)

スワン豪財務相= 金利は『正常に戻った』、インフレは和らぎつつある。
豪・2Q-消費者物価(前期比)、前回:+0.9%、予想:+1.0%、今回:+0.6%
豪・2Q-消費者価格(前年比)、前回:+2.9%、予想:+3.4%、今回:+3.1%
明日29日のNHKBS1の22時は豪選挙特集

スティーブンス豪中銀総裁=豪経済はトレンド付近の成長、インフレは目標に近い、欧州は予想より早く財政政策を引締めの公
算、世界の成長の緩和を予想。

(予定)

28(水)豪 2Q消費者物価指数

29 (木)豪 HIA住宅価格

30 (金)豪 民間信用供与

*豪=スワン豪財務相= 金利は『正常に戻った』、インフレは和らぎつつある。 豪・2Q-消費者物価(前期比)、前回:+0.9%、予想:+1.0%、今回:+0.6% 豪・2Q-消費者価格(前年比)、前回:+2.9%、予想:+3.4%、今回:+3.1% 明日29日のNHKBS1の22時は豪選挙特集 スティーブンス豪中銀総裁=豪経済はトレンド付近の成長、インフレは目標に近い、欧州は予想より早く財政政策を引締めの公 算、世界の成長の緩和を予想。

| | コメント (0)

ポンド円、ボリバン上限超え、終値注意

「ポンド円、ボリバン上限超え、終値注意」

(テク)

*7月14日のカブセで下げたが7月16日-17日の下降ラインを上抜いて横ばい

*さらに7月22日-27日の上昇ラインに沿って上昇。

*一目の雲の上に。雲は132.93-136.32

*ボリバンは131.18-136.37で上限超え

*5日線は上向く

*ただ今日陰線で終わればカブセ風

Ws000013 Ws000014

(注文)

*売りは137.20から

*買いは136.20から

*損切りは売り買い小さい

(材料)

キング英中銀総裁=英景気回復が持続するかどうか確信もてない、インフレには、上振れと下振れの双方のリスク、資本規制厳格化は銀行を強化する、銀行のバランスシートは今も修復中、英中銀は必要に応じどちらの方向にも動く用意ある、『正常』な金利までにはかなりの距離、MPCは物価リスクを均衡させる難題に直面、英経済への最大の脅威は国際経済からのリスク。

*キャメロン首相昨日はトルコ訪問でトルコのEU加盟を支持、今日は経済団体を連れインド訪問

*米指標悪化と英のGDP、小売改善で底堅い

(予定)

29 (木)英 全国住宅価格 消費者信用残高、英マネーサプライM4、

30 (金)英 GFK消費者信頼感調査

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ユーロ円、7月22日-27日の上昇ライン

「ユーロ円、7月22日-27日の上昇ライン

(テク)

7月1日-7日の上昇ラインを下抜け戻しもそのラインに到達せず

*7月22日-27日の上昇ラインが効いているが明日下抜けに注意

*ボリバンレンジは狭く108.20-114.71

*雲は111.42-117.85で雲の中へ

*5日線は上げ

Ws000011 Ws000012

(注文) 

売りは114.0から

*買いは113.80から113.50が大

*損切りは売り買い小さいが、やや売りが多い

(材料)

ユーロ=独・7月消費者物価指数(前月比)、前回:+0.1%、予想:+0.3%、今回:+0.2%

昨日の結果」独・8月GFK消費者信頼感調査=前回:+3.5、予想:+3.5、今回:+3.9

(予定)

28(水)独消費者物価指数

29 (木)仏 生産者物価指数、独 失業者数、独失業率、ユーロ圏消費者信頼感、

30 (金)ユーロ圏 失業率、消費者物価指数、スイスKOF先行指数

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

ドル円テク、16-20日上昇ラインは上抜けず

「ドル円テク、16-20日上昇ラインは上抜けず」

*7月16日-20日の上昇ラインを抜き返して上昇するのは難しかった

*14日-15日の下降ラインがサポートとなった。

*ボリバンレンジ90.92-89.56

*一目の雲は遠く91.08-46

*5日移動平均線は先週金曜に上向く

Ws000008_2 Ws000009_2

(注文)

*売りは一旦つけた88.0がまた大に

*買いは87.40以下、87.0が大

*損切りは売りが87.30と87.00

(材料)

*ボーイング減益、耐久財受注も悪化

米・6月耐久財受注、前回:-1.1%、予想:+1.0%、今回:-1.0%
  6月耐久財受注(除く・輸送)、前回:+0.9%、予想:+0.4%、今回:-0.6%
米国・MBA住宅ローン申請指数(前週比)、前回:+7.6%、今回:-4.4%


*亀崎日銀委員=  引き続き為替相場を注意深く見ていく、円高の影響あるが先行きの回復シナリオは変えず、円高は短期的には輸出の下押し要因に、円高は設備投資や消費にも影響あるかも、10-12月期に一時的に経済停滞の可能性もある。

(予定)

29 (木)日 対外・対内証券売買契約 大型小売店販売額、小売業販売額

30 (金)日 臨時国会召集(8月6日まで)、日銀議事録(2000年1─6月分)、失業率、有効求人倍率、東京都区部消費者物価指数、全国消費者物価指数、全世帯家計調査-消費支出、鉱工業生産、住宅着工、大手建設受注、自動車生産・輸出実績、外国為替平衡操作の実施状況

(講演)

28(水)亀崎日銀審議委員
29(木)
30(金)武藤敏郎前日銀副総裁

(決算)

28(水)コノコフィリップス、スプリント・ネクステル、ボーイング、VISA
29(木)JT、神戸鋼、東芝、エルピーダ、ルネサス、パナソニック、シャープ、ソニー、京セラ、日産自、三菱自、任天堂、H2Oリテイ、SBI、アコム、三井不、ヤマトHD、郵船、商船三井、NTTドコモ、関西電、東ガス、ソフトバンク、富士通、エクソンモービル、モトローラ
30(金)サッポロHD、アサヒ、昭和シェル、武田、第一三共、富士フイルム、三菱電、デンソー、三菱重、川重、マツダ、ホンダ、ヤマハ、丸紅、住友商、三菱商、三菱UFJ、みずほFG、武富士、野村、菱地所、阪急阪神、日通、ANA、東電、中部電、大阪ガス、Jパワー、日立、三井造、富士重、シェブロン、メルク

(外貨投資)

28(水)米5年国債
29(木)米7年国債、キャピタル アセットマネジメント 南アフリカ株ファンド

30(金)HSBC投信 HSBC ブラジル株式オープン、野村アセットマネジメント (新興国債券ファンズ、インド株投資、新中国株投資)大和住銀投信投資顧問 アジア・ハイ・インカム、岡三アセットマネジメント ブラジル消費関連株オープン、日興アセットマネジメント (グリーンバランスファンド、ロックフェラー医療戦略ファンド 国際株式型)、中央三井アセットマネジメント PIMCO米国ハイイールド債通貨選択(米ドル

| | コメント (0)

すいません、NZドルドルカブセでした

「すいません、NZドルドルカブセでした」

NZドルドルは昨日典型的なカブセでした。今朝声を大にしてお伝えしないといけませんでした

こんな儲けの確率の高いのを見逃してはいけません。基本動作です。「今ごろなにゆうてんねん、このボケが、何の為にチャートつけてんねん」と、昔なら怒っていたところでした。

Ws000007_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円、ランド円、NY需給

「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000004_2 Ws000005_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪ドル円、NZドル円、NY需給」

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000002_2 Ws000003_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

Ws000000_2 Ws000001_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜はこれから

「夜はこれから」

*米国も今夜の耐久財受注がバーンと強いものが出ないと回復とは言えない

*5月の米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で4.6%上昇した。前年同月比での上昇率としては、2006年8月以来最大

*一方米国の空き家、1890万戸に増加-持ち家率は過去10年で最低、住宅指標もいくつもあるので強弱いろいろある。

*米国株:総じて下落、消費者信頼感の低下で小売株が安い

*米国5年債、ベージュブックまで見てしまうとまもなくNZ政策金利(予想の利上げしないとインパクトが大きいかも)の発表あり、エンドレス。

20:00(米)MBA住宅ローン申請指数 前週比 予N/A 前7.6%
21:30(米)耐久財受注 前月比(6月)予1.0% 前-1.1%
2:00 米5年債入札
3:00(米)米地区連銀経済報告(ベージュブック)

時間未定(独)消費者物価指数(CPI) 前月比(7月 )予0.3% 前0.1%

明朝はNZ政策金利

講演=英中銀キング総裁、ビーン副総裁など下院財政委員会で証言
決算=コノコフィリップス、スプリント・ネクステル、ボーイング、VISA、コーニング、アリセロールミタル、
外貨投資=米5年国債

+++++++今日の出来事++++++

10:30(豪)四半期消費者物価(CPI)前期比(4-6月期)予1.0% 前0.9%、前年比予3.4%、前2.9%
12:00(ニ)NBNZ企業信頼感(7月)予N/A 前40.2
14:00(日)7月中小企業景況観測調査(商工中金)

18:30(南ア)消費者物価指数(CPI) 前月比(6月)予0.3% 前0.2%、前年比予4.5%、前4.6%

講演=亀崎日銀審議委員(11:00&14:30、12:00に講演要旨発表

決算=協和キリン、新日鉄、コマツ、NEC、三洋電、プロミス、みずほイン証、岡三、JR西日本、京王、
外貨投資=ウォルマート サムライ債、RBS豪ドル建て債、フィンランド地方金融公社南アランド建て債

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーイング決算も今夜の見どころ

「ボーイング決算も今夜の見どころ」

*ドリームライナーの納品の遅れは解消しているのだろうか

*最近では受注額をエアバスに抜かれている。

*アラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空から777型機30機を受注したことに加え、主に航空機リース会社から週内にさらなる受注を見込んでいる好材料はあるが

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日を楽しく

「明日を楽しく」

29 (木)RBNZオフィシャル・キャッシュレート、NZ貿易収支、マネーサプライ、豪 HIA住宅価格、日 対外・対内証券売買契約 大型小売店販売額、小売業販売額、 、仏 生産者物価指数、独 失業者数、独失業率、英  全国住宅価格,消費者信用残高、英マネーサプライM4、ユーロ圏消費者信頼感、南ア 生産者物価指数、加 鉱工業製品価格、米 新規失業保険申請件数、 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

講演=特になし

決算=JT、神戸鋼、東芝、エルピーダ、ルネサス、パナソニック、シャープ、ソニー、京セラ、日産自、三菱自、任天堂、H2Oリテイ、SBI、アコム、三井不、ヤマトHD、郵船、商船三井、NTTドコモ、関西電、東ガス、ソフトバンク、富士通、エクソンモービル、モトローラ

外貨投資=米7年国債、キャピタル アセットマネジメント 南アフリカ株ファンド

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日のNZ政策金利決定を前に

「明日のNZ政策金利決定を前に」

明日は7月29日の政策金利決定だが先週発表された5月小売売上高指数が前月比+0.4%、予想0.5% 、2QCPIが前期比+0.3%で予想の+0.4%とどちらもやや弱い。この数字からは金利引き上げはないのだが、現在の中銀が遂行しようとしているのは出口戦略であり、異例な金融緩和を正常に戻すことであれば0.25%利上げして3%に持っていくだろう。昨年の豪、今年のカナダはそれを実行している。前回のNZ中銀の0.25%利上げも景気の強さではなく正常化への動きであった。

 ボラードNZ中銀総裁は「物価の安定はNZの政策にとって正しい目的だ、刺激策からの巻き戻しを継続していく」と発言し再利上げに含みを持たせている。

政府側はイングリッシュ財務相が22日に国内経済について、「成長ペースが改善し、家計の債務水準が低下していることから、バランスを取り戻し始めたとの見解を示した。依然としてリスクは残っているものの、経済の交易可能な部分は拡大しており、持続不可能な政府支出の増大は抑制され、家計の支出も抑えられている」と指摘した。ただ「ニュージーランド国民は支出に対し、より慎重になっている。1人当たりの民間消費は2002―2007年まで一貫して前年比4%超増加していたが、過去1年間にはわずか1%の増加にとどまった」と語った。

 市場のコンセンサスは0.25%の利上げとなっている。ここで据置ならば、中銀がより深刻に経済をとらえていると考えられNZドルは売られることとなろう。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円、ランド円、夕暮れ需給

「ポンド円、ランド円、夕暮れ需給」

Ws000021 Ws000022

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

Ws000019 Ws000020

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

Ws000017 Ws000018

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀行株買いか

「銀行株買いか」

*バーゼル銀行監督委員会が銀行の資本・流動性規制案を一部緩和した

*バーゼル委は、繰り延べ税資産や他金融機関への少数出資分を銀行が資本に参入することを認める案を示した。  

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀崎日銀委員 、円についても語る

亀崎日銀委員 
 

○引き続き為替相場を注意深く見ていく○円高の影響あるが先行きの回復シナリオは変えず○円高は短期的には輸出の下押し要因に○円高は設備投資や消費にも影響あるかも○10-12月期に一時的に経済停滞の可能性もある。

| | コメント (0)

欧州これから

「欧州これから」

*英中銀キング総裁、ビーン副総裁など下院財政委員会で証言する

*今週は欧州は大きな指標がない。先週 独IFO、英GDP、ストレステストで充実していたので休憩

*その中でドルスイスが横ばいを続けなべ底で次の浮上を狙っているようだ。ポンド、ユーロが強いのでその対価としてスイスが売られている部分もある

**サルガド・スペイン財務相=欧州ストレステストが信頼感を回復させている

*欧州金融機関の決算発表はUBS、ドイツ銀行とも良好となり、欧英株やNYダウ先物の上昇を支援。リスク回避の後退が、円の売り戻し材料となっている

*時間未定=(独)消費者物価指数(CPI) 前月比(7月 )予0.3% 前0.1%

18:30(南ア)消費者物価指数(CPI) 前月比(6月)予0.3% 前0.2%、前年比予4.5%、前4.6%

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河村社長のディーラー烈士伝で紹介されました

「河村社長のディーラー烈士伝で紹介されました」

*セントラル短資証券社長の為替ディーラー烈士伝で私のことを紹介して頂きました。河村社長は東銀で駆け出しの為替ディーラーをやっていたころの上司でした。為替取引だけでなく生き方も教えて頂きました。東京の恩師です。NYの恩師は若林栄四さん。違った意味でどちらも厳しい方々でした。

*私は知力より勘と体力で生きていたので東銀より外銀が合ったかもしれません。

*文中にあるプラザ合意当時の休日出勤でドルを売ったり、日銀課長がドル売りの協力を依頼してきたことは、「1000日の譲歩」、塩田潮、新潮社にも詳しく書かれています。

*「ウィッシュ」の御爺さんである竹下大蔵大臣が秘密裡にNYプラザホテルへ向かうために、成田でゴルフをハーフやってから出発したエピソードも書かれています。

 以下はディーラー烈士伝の記事です。http://foorex.com/

良いディーラーは良いプライスを出さない?

 ロンドンで為替を始めたときに、吉澤建治さん(後の副頭取)から受けた訓辞は今でも忘れない。「ディーラーになってはいけない」と、まずディーラーを否定された。最高学府を出て政治・経済というのはある程度わかっていたうえで、ディーリングをやるのだから、そこだけをものすごくマニアックに追及する、いわゆる為替バカになってしまってはいけない、もっと大所高所からものを見ろという意味だった。

東銀においてはとにかく儲ければいいだけではなくて、さすが東銀だというふうに評価されるような意識を常に持てとも教育されている。必ずしもプライスだけでなくて、市場慣行委員会などでちゃんとしたオピニオンを述べることも含まれる。また、お客に対しても損をさせてはいけない。つまり、東銀に行ったらこんなプライスしかくれないというのはだめだということだ。

お客さんに、常に良いプライスを出そうとするのは、難しいところで、為替のセンスがあるディーラーはときとして良いプライスを出さない。例えば、商社が買いたいからプライスをくれと言ってきたとすると、お客がちゃんと買えるような良いプライスは出す。

だが、両サイド出してくれと言われると、これは、もう買いにきているに決まっているからと絶対にプライスを打たれないように寄せてしまう。プロを自認するお客にプライスを打たせるのを恥だと思っているからだ。当時はまだ手数料が少しもらえたから、お客の注文をマーケットでカバーすれば十分取れるわけなのに、彼らはそれをやらない。

このようなディーラー的発想の強い人は、東銀の中では余り評価されず、従って待遇面だけでなくて、もっと自分の能力を活かせる会社を求める人も少なくなかった。私の知っている限り、一番典型的なのは野村雅道くんだ。彼は非常に優れたディーラーであって、彼の能力は外銀でこそ発揮することができたのだと思う

■サラリーマンだから続けられた

 三井物産の福間年勝さんから、東銀の為替の連中は、金太郎飴だと評されてハッとしたこともある。特にスターディーラーもいないし、さりとて話にならない人間もいない、だいたい皆言っていることややっていることは同じだと見えるらしい。

行内だと、皆とても個性的なのに、外から見るとそうなのだ。どこを切っても誰がやってもコンスタントに同じ東銀の顔が出てくるそういう教育を知らない間に受けたし、我々もそういう教育を部下にしてきたのだろう。

しかし、私が為替を続けて来られたのは、サラリーマンディーラーだったからだと思っている。無理をせずに、自分のキャパシティに合わせて、これだけ我慢できるとか、これだけ損してもいいとか、これだけ儲ければいいとかいうことを守ってきた。プロのディーラーと違って、我々は良い成績挙げたとしても、別に給料が増えるわけではないし、損をしてもクビになるわけでもない。となれば、そんな無理してまで、やらなくたっていいじゃないかということになる。

だから、退路を断って、ディーリングをしているプロのディーラー方を前にして、とても「私はディーラーでした」などと胸は張れない。

自分が外銀に移らなかったのは一からマメに努力して儲かる体制を整える自信がなかったからだ。為替で儲けるためには、それなりの体制(仕掛け)が必要になってくる。個々の相場というのは、自分のフィーリングでやるしかないけれど、儲かるような体制にしておくのは最も大事なことだ。

つまり、組織、人材、お客、当局パイプ、交友関係など、周囲を固めて情報がちゃんと入ってくる、また自分がやりたいことがすぐできるような環境にしておかないと、儲からない。東銀では、その土台(看板)となるものは既にある程度でき上がっていた。

為替をやってきて良かったのは、経済合理性がよくわかっていると物事に対して瞬間的、直感的な判断に結び付けられるということだ。為替バカにはならないと思いつつ、東銀ではほぼ為替畑一本で通ってしまったが、結局為替で積んだ経験は全てに活きている。おかげでサラリーマンディーラーからサラリーマン社長になり、ロンドンのバンク・オブ・トウキョウ・キャピタルマーケッツ(証券)以来、通算18年、まずまず快適に過ごしている。

(全編終了)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレステスト後の欧州金利:水谷

ユーロ圏7行のストレステスト不合格の結果をどのように判断するか議論が続いています。査定基準が甘いのではとの論評を目にします。オルドニエス・スペイン中銀総裁は、橋の強度を測ることを引き合いに出して説明されているようです。10台のトラックを橋に並べれば崩壊する。しかし5台であれば何とか崩壊しないで済む。今回は5台の基準で強度測定を行い、そして10台は同時に通さないとの取り決めを厳密に実行する。5台しか通れない規則にする。最悪のシナリオで資本不足が指摘されたスペインの銀行はCajaを中心とした貯蓄銀行であり、政府主導で再編が進み、お互いに弱いところは捨て去り、強度向上を進めてゆく方針のようです。不動産バブル崩壊からの膿を断ち切る再編のようです。不動産、建設と言ったスペイン産業の回復は弱いのではと思います。但し、マドリッドなど大都市の不動産価格はそれ程下落していないと聞いています。日本のように半分の価格にまで下落してしまうのではなく、40%30%の範囲内と言うことです。地方の地中海沿岸のリゾート地ではリゾート開発、不動産開発が途中で放棄され、雨ざらしになっているとのスペイン国営放送の取材ビデオを見ました。景気が回復するには相当時間が掛かり、政府の緊縮措置で相当の公共工事が停止になっている。政府は景気回復より、2013年までに財政赤字を対GDP3.0%以内にすることを優先しているかの財政政策です。

ともかくストレステストが終わり、ユーロ金利はどうでしょうか。長期金利の10年国債は落ち着いてきているようです。特にスペインとポルトガルの利回りは下落に転じているようです。昨日のスペイン国債は4.164/4.047%と先週木曜日の4.409/4.325%からは大幅下落、ポルトガル国債は5.204/5.077%5.761/5.344%と同様の動きです。但し、ギリシャ国債はそんなに下がってはいない。ソブリンリスクについてはギリシャは依然として高く、スペイン、ポルトガルは落ち着いてきていると客観的に判断できるのではないかと思います。

反対に短期金利は依然として高いと言えます。Euribor先物金利は依然として下落基調、つまり金利上昇気味と言えます。これは個別の金融機関に対して金融機関が疑心暗鬼になり、お互いに資金を融通するもとの市場に戻ってはいないことを意味します。銀行によっては資金繰り難に直面している銀行があるのではと推測される。どうしてもユーロ圏の中央銀行であるECBに頼る傾向があるのではと思います。ソブリンリスクはある程度解消しているものの、信用リスクの懸念は依然として燻っているようです。産業の米である短期資金が回らないと企業の資金需要に応えることが出来ず、長い目で見るとユーロ圏の景気が停滞することになります。それは緊縮財政の国家予算と共に景気の足を引っ張るのではと推測される。

短期のユーロ金利が上昇し、その結果、中期ゾーンの金利を押し上げています。グラフを参照下さい。2年の米国債とドイツ連邦債の利回りの変化をグラフに出してみました。6月下旬から黒のドイツ連邦債の金利が赤の米国債の利回りを上回ってきています。短期の資金繰り難を影響が中期債に出ているのではと推測します。勿論南欧のソブリンリスク軽減で中期ゾーンの債券を南欧債券に再び投資する動きの影響も少しはあるのではと思われます。米国は景気後退局面に入るのではとの懸念から長期金利は低下傾向にあるようです。(日々の変動はありますが。)反対にユーロ中期ゾーンの金利は信用リスクの存在から短期の金利を押し上げ、結果中期ゾーンの金利を押し上げる結果となっています。

Spreadjuly28

シカゴ筋のユーロショートポジション縮小の動きは米国サイドの金利低下要因、そしてユーロ金利上昇が背景にあり、ファンド筋は相当に嫌な雰囲気になっているのでと推測します。しかし、ユーロ信用リスクが潜在し、ユーロ圏景気低迷の可能性が強く、ユーロショートポジションを解消するまでの動きには至ってはいないのが現状のようです。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

レバレッジ、カレンシー16号プレゼントキャンペーンのご案内、セントラル短資FX

「カレンシー16号プレゼントキャンペーンのご案内、セントラル短資FX」

Currency (カレンシー) Vol.6プレゼントキャンペーンのご案内 (先着2,000名様)更新日:

レバレッジ規制―本気でFXを始める環境がこれで整った!
野村雅道氏&阿草龍二 対談

Ws000006

【ディーラーだってアツくなる!】 山岡“ダックビル”和雅氏
【クイックチャート・トレード超活用法】 陳満咲杜氏
【レバ25時代のサラリーマンFX術】
【注目の通貨レポート】 カナダドル<CAD>

Ws000007

.◆「Currency」は、FX取引に興味をお持ちのみなさまを対象に、セントラル短資FXが発行する「FX情報マガジン」です。

Currencyについて詳しくはコチラをご覧ください

会員特典サービス Currencyプレゼント
「Currency Vol.6」を先着で、2,000名様にプレゼント!
■対象期間
2010年8月2日(月)~9月30日(木)まで

■対象
会員さまの中から、上記期間中にアンケートにご協力いただいた方

■応募方法

「FXダイレクト」お取引画面(「キャンペーン情報」欄)からアンケートフォームにお入りいただき、ご回答ください。
.※2010年9月30日現在、当社に取引口座をお持ちの方が対象です。
※ご記入項目に不備があった際には、対象とならない場合があります。
※2010年8月より随時発送いたします。
「Currency Vol.6」の内容

編集グループより
一連の取材の中で、長い間経験を重ねてきたディーラー(元ディーラーも含めて)の方々に貴重なお話を伺いました。いつの時代でも取引において問われている人間力、そして為替の世界の奥深さ――。今号をお読みいただいた方に感じていただければ幸いです。(H・Y)
Currency編集の役得で、今回もなかなか日頃お会いできない方の取材に同行することができました。同席した中で印象に残っているのは、ダックビルさんを取材した際に山岡さんが着ていたシャツのカラー。写真にも映っているあのシャツです。ステート・ストリート銀行さんの取材では写真にも映っている会社案内パンフ、とても印象的でした。大きくお見せできないのが残念。(K・A)
Vol.5に続き、2度目の編集作業を担当しました。取材では誌面に載せきれないほどの、興味深いお話を多々いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。W杯の好カードを横目に編集作業を行うのはツライものがありましたが、こんな思いが出来るのも、もう4年も先のことなんですね。(K・K)
入社して約3ヶ月の新人ですが、今回Vol.6の編集に携わらせていただきました。作成には多くの人の協力があり努力があり、それを間近で見てきたので完成版を手にした時は嬉しかったです!子育てをする親の気分でした(笑)私自身、先輩の補佐ができたかどうかは謎ですが(むしろ邪魔していたかも…)、Currency編集を通して貴重な体験ができ、少なからず成長した気がします。(A・N)

http://www.central-tanshifx.com/newsrelease/2010/0723-01.html

| | コメント (0)

ポンド円、ランド円、ランチタイム

「ポンド円、ランド円、ランチタイム」

Ws000015 Ws000016

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「豪ドル円、NZドル円、ランチタイム」

「豪ドル円、NZドル円、ランチタイム」

Ws000013 Ws000014

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、ランチタイム」

「ドル円、ユーロ円、ランチタイム」

Ws000011 Ws000012

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NZも指標弱い

NZも指標弱い

7月NBNZ起業信頼感指数 27.9 前回40.2

| | コメント (0)

円元仲値 日中通貨高競争、負けるが勝ち

円元仲値 日中通貨高競争、負けるが勝ち」

円元仲値 日中通貨高競争、負けるが勝ち
2005/7/1の 人民元   日本円  
人民元切り上げ時 8.11   110  
2010年        
柔軟化宣言前6月18日 6.8275   90.87  
  本日 昨日 本日 昨日
2010/7/28 中間値 6.7785 6.7742 87.67 86.92
2005年7月から 16.42 %元高ドル安 20.30 %円高ドル安
2010年6月柔軟化から 0.72 %元高ドル安 3.52 %円高ドル安

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだか解せないCPI:津田

先ほど発表になったQ2CPIは予想よりかなり低かった。

豪ドル、豪ドル円共に50-60ポイントほど下に飛んだが、、、特にRBAの注視するUnderlying Infulationが低かった: 刈り込みと加重の平均なので前期比0.5%、前年比2.7%(前回0.8%、3.05%)

刈り込み平均値 前期比 0.5%(予想0.8%、前回0.8%)
           前年比 2.7%(予想3.0%、前回3.0%)
加重中央値    前期比 0.5%(予想0.8%、前回0.8%)
           前年比 2.7%(予想3.0%、前回3.1%)

しかし、こちらの実感は全く異なる。つまり物価上昇が非常に目立つのだ。
一年前とざっくり比較すると
レント週400→週500
電気代3カ月間 300ドル→400ドル(今年は去年より寒いということもあるが、、)
野菜、果物かなり上がっているという印象
御菓子かなりあがっている
電車運賃 例えば4ドル → 5ドル80セント
空港の長期駐車料金(10日間)150ドル→250ドル
肉---これは変わらず、、、、

などなど。

どうも選挙をにらんだ”労働党の陰謀”のような気がする。

ではでは

ジョー@シドニー

   Joeの豪ドル道場サンプル「26_july_2010.pdf」をダウンロード       

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪CPI後の、3通貨ペアの動き

「豪CPI後の、3通貨ペアの動き」

CPIは予想より低下、豪ドルは対米ドル、対円、対NZで下落、以下はそれぞれの5分足

Ws000008 Ws000009 Ws000010

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪CPI発表後の現地紙評

「豪CPI発表後の現地紙評」

*CPIは予想を下回った。

*総選挙前の利上げ圧力(8月3日政策金利決定)をやわらげた。豪ドルは下落

*豪中銀は昨年10月以来6回の利上げを行ってきた。

*CPI発表前は約30%の利上げ観測であったが、さらに低下しよう

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪CPI 予想下回る

豪CPI

前年比+3.1%、予想+3.4%

豪・2Q-消費者物価(前期比)

前回:+0.9%
予想:+1.0%
今回:+0.6%

豪・2Q-消費者価格(前年比)

前回:+2.9%
予想:+3.4%
今回:+3.1%

| | コメント (0)

昨日トルコ今日インド、英キャメロン首相の大行進

「トルコリラ、英キャメロン首相はトルコのEU加盟支援、経済団体引き連れ今日はインドへ」

*昨日はトルコ、今日はインド、経済団体を引き連れキャメロン首相は行く。

*キャメロン英首相はトルコの欧州連合(EU)加盟へ支持を表明し、他加盟国に理解を呼び掛けた。

 ただサルコジ仏大統領とメルケル独首相はいずれもEUへのトルコ加
盟に反対の姿勢を表明している。

*また今日は世界第2位の急成長を誇るインドへの商機を求めて経団連とともに訪問

*トルコがEUに加盟すると為替金利はどうなるかを考えるのはまだ早いか。英国自体通貨統合に加盟していないのだから

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南欧、さらに金利低下で落ち着く

「南欧、さらに金利低下で落ち着く」

*一方独、英金利は景気回復で上昇

  7月21日 7月22日 7月23日 7月26日 7月27日
Germany 2.61 2.66 2.75 2.75 2.78
Greece 10.64 10.55 10.81 10.53 10.44
           
独金利差 8.03 7.89 8.06 7.78 7.66
スペイン 4.35 4.4 4.38 4.28 4.16
ポルトガル 5.47 5.72 5.59 5.52 5.2
日本国債 1.085 1.055 1.065 1.06 1.055
英国債 3.34 3.36 3.43 3.45 3.51
  1月13日 3月15日 4月28日 5月7日 6月15日
Germany 3.39% 3.15 2.99 2.79 2.69
Greece 5.63% 6.25 11.51 12.62 9.35
          格下げで↑
独金利差 2.24 3.1 8.52 9.83 6.66
スペイン 3.82 3.89 4.17 4.44 4.8
ポルトガル 3.86% 4.25 5.82 7.32 5.57
日本国債   1.34 1.285 1.28 1.22
英国債   4.06 3.99 3.82 3.55

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円 朝のPF

「ドル円 朝のPF」

*8時50分現在、87.70で下げに転じる 

P1000002

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のイベントは豪2QCPI、10時半

「朝のイベントは豪2QCPI、10時半」

予想前年比+3.4%、TDMIインフレ指数は既に3%超え

*インタゲは上限3%なので、恒常的に上回れば利上げ観測も

*次回政策金利決定は8月3日

参考(南十字星)

83日政策金利、明日はCPI

 豪ドルドル、豪ドル円、豪株が上昇した。外部要因によるところが大きい。6月から堅調推移しているユーロ相場であったが、ストレステストを無事こなしたこと、景気指標悪化の米国だが企業決算は概ね好調で株価が上昇していること、米株下落時でも堅調推移してきている上海総合指数など、全体としてリスク選好の流れとなってきたことにより、豪ドルが買われてきた。資源価格も急騰ではないがこじかっりとなり豪ドルを支えた。

 さて83日の政策金利決定が近づいてきた。昨日発表された2QPPI0.3%(予想0.8%)、前年比(前年比):1.0%(予想1.5%)となり予想を下回った。ただ重要なのは明日の2QCPIである。予想は前期比+1.0%、前年比+3.4%、インフレターゲットの3%を超えると中銀も利上げも考慮しないといけない。既に毎月発表されるTD-MIインフレ指数は3%を超えている。スティーブンス豪中銀総裁はインフレは目標に近いとしている。また欧州は予想より早く財政政策を引締めの公算が強いとしている。カナダ、NZなども既に利上げしており世界では異例な金融緩和から正常に戻す動きが続いている。豪はいち早く昨年から正常化へ動いてきたが利上げの影響が景気指標に表れ来たので一服していたがインフレが高まれば再び利上げ方向へ進むだろう。雇用も依然ひっ迫していることもある。RBA議事録では新たなデータがインフレ見通し大幅に変えるか注視する、基調インフレ率は3%未満に低下の見通しとしている。

また豪中銀は豪ドルの強さが出てきたからか6月には 豪ドル売り米ドル買いを久々に10億米ドル超で行っている。

 さて最新(724日発表)の世論調査では、2大政党への支持率は、労働党が54%、野党連合が46%だった。また男性よりも女性有権者の間で、ギラード首相の支持率が高いことが明らかになった。ニールセン社が実施した今回の調査によれば、女性回答者のうち58%がギラード現政権を支持すると答え、42%が野党を支持すると答えた。一方、男性回答者は両党の支持率が50%ずつだった。

(オセアニア余話)「アボット自由党党首移民削減」

アボット自由党党首は、次の選挙で政権を奪還した場合、移民の受け入れを年間13万人削減すると述べた。アボット党首は、移民受入れを年間17万人未満に抑え、毎年2%以上の人口増加率を1.4%まで減少させたいとした。党首は「移住プログラムは、我が国に貢献をして新しい国籍を誇りに思ってくれるような移民に焦点を絞るべき。国民は人口の急増と、それによる都市への圧迫を懸念している。我々が政権を握ったら、疑わしい申請者を取り締まることで、技術系移民を年間17万人未満に抑えるだろう」と述べた

| | コメント (0)

外資系動向、今日のかかしさん日本株

「外資系動向、今日のかかしさん日本株」

*外資系寄り前動向=400万株買い越し

「かかしさんの日本株」http://kakashi490123.cocolog-nifty.com/blog/

* 米国株式市場は小動きでしたが、円安が大きく進んだことを映して、今日の日経平均株価は高めの寄り付きとなりそうです。9,590円の近辺をメドとしています。ザラバも堅調ぎみな推移を期待していますが、円安が一段落の兆しも見えるため、上値は限定的と考えます。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の仲値

「今日の仲値」

*7月28日=通常の仲値。スポットベース(決済30日)で少々買いを入れる輸入企業もあり
*注文=売り88.0大、損切りの買いは88.30。普通の買いは87.50。

*外貨投資=米5年国債、ウォルマート サムライ債、RBS豪ドル建て債、フィンランド地方金融公社南アランド建て債
*チャート=7月16日-20日の上昇ラインあり

*ドル円の買いよりクロス円の買いが先行、選好?

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の焦点、豪南アCPI、英中銀、米耐久財

「今日の焦点、豪南アCPI、英中銀、米耐久財」

楽しい仲間達のブログ情報=今日は水谷さんの金利&欧州情報です。

10:30(豪)四半期消費者物価(CPI)前期比(4-6月期)予1.0% 前0.9%、前年比予3.4%、前2.9%
12:00(ニ)NBNZ企業信頼感(7月)予N/A 前40.2
14:00(日)7月中小企業景況観測調査(商工中金)

18:30(南ア)消費者物価指数(CPI) 前月比(6月)予0.3% 前0.2%、前年比予4.5%、前4.6%
20:00(米)MBA住宅ローン申請指数 前週比 予N/A 前7.6%
21:30(米)耐久財受注 前月比(6月)予1.0% 前-1.1%
2:00 米5年債入札
3:00(米)米地区連銀経済報告(ベージュブック)

(独)消費者物価指数(CPI) 前月比(7月 )予0.3% 前0.1%

明朝はNZ政策金利

講演=亀崎日銀審議委員(11:00&14:30、12:00に講演要旨発表)、英中銀キング総裁、ビーン副総裁など下院財政委員会で証言
決算=協和キリン、新日鉄、コマツ、NEC、三洋電、プロミス、みずほイン証、岡三、JR西日本、京王、コノコフィリップス、スプリント・ネクステル、ボーイング、VISA、コーニング、アリセロールミタル、
外貨投資=米5年国債、ウォルマート サムライ債、RBS豪ドル建て債、フィンランド地方金融公社南アランド建て債

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポンド円、ランド円、朝市」

「ポンド円、ランド円、朝市」

Ws000004 Ws000005

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

Ws000002 Ws000003

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円、ユーロ円、朝市

「ドル円、ユーロ円、朝市」

Ws000000 Ws000001

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動いた通貨、ポンド高、円安、スイス安

「動いた通貨、ポンド高、円安、スイス安」

*表題のとおり、ポンド強い。

*円と仲間のスイスが弱い

         
  7月26日 7月27日 変化率%
ドル円 86.86 87.88 1.02 1.17
ユーロ円 112.89 114.23 1.34 1.19
ポンド円 134.56 137.05 2.49 1.85
カナダ円 84.17 84.86 0.69 0.82
豪ドル円 78.37 79.30 0.93 1.19
NZドル円 63.73 64.42 0.69 1.08
スイス円 82.84 82.86 0.02 0.02
ランド円 11.81 11.96 0.15 1.27
        変化率%
ユーロドル 1.2994 1.2996 0.0002 0.02
ポンドドル 1.5489 1.5590 0.0101 0.65
ドルスイス 1.0482 1.0601 0.0119 1.14
ドルカナダ 1.0316 1.0351 0.0035 0.34
豪ドルドル 0.9019 0.9022 0.0003 0.03
NZドルドル 0.7334 0.7327 -0.0007 -0.10
ドルランド 7.3548 7.3478 -0.0070 -0.10
     
ユーロポンド 0.8387 0.8331 -0.0056 -0.67
ユーロスイス 1.3623 1.3779 0.0156 1.15
豪ドルNZドル 1.2294 1.2301 0.0007 0.06

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先ずは数字、上海7日ぶり下げ

「先ずは数字、上海7日ぶり下げ、フォード強い」

*米株=ケースシラー住宅価格、企業決算など改善も消費者信頼感指数低下で上げ幅縮小

*中国株=7日ぶり反落。原油下落で石油関連株下げる

*米債券=欧州銀行決算良好、米住宅、企業決算良く売られ利回り上昇

*原油=利益確定売り殺到で下げる

*貴金属=安全資産の金だけでなく他の貴金属も金にひかれる形で下落

*穀物=米国天候良好で下げる

  7月26日 7月27日
原油 78.98 77.50 -1.48 -1.87
1183.10 1158.00 -25.10 -2.12
CRB 266.63 264.48 -2.15 -0.81
ドルINDEX 82.08 82.15 0.08 0.09
コーン 378.00 377.00 -1.00 -0.26
大豆 966.00 965.50 -0.50 -0.05
18.17 17.63 -0.54 -2.97
パラジウム 466.00 462.00 -4.00 -0.86
プラチナ 1543.00 1527.00 -16.00 -1.04
         
JGB 1.06 1.06 -0.01 -0.47
         
米10年債金利 3.00 3.05 0.05 1.80
米30年債金利 4.02 4.08 0.06 1.42
米株個別        
フォード 12.94 13.03 0.09 0.70
グーグル 488.97 492.63 3.66 0.75
シティ 4.15 4.16 0.01 0.24
VISA 76.08 76.61 0.53 0.70
ボーイング 68.85 68.62 -0.23 -0.33
NYDJ 10525.43 10537.69 12.26 0.12
ナスダック 2296.43 2288.25 -8.18 -0.36
上海総合 2588.68 2575.37 -13.32 -0.51
FTSE 5351.12 5365.67 14.55 0.27
DAX 6194.21 6207.31 13.10 0.21
日経 9503.66 9496.85 -6.81 -0.07

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

ストレステストや格下げも相場に影響なし

「ストレステストや格下げも相場に影響なし」

*ストレステストが甘いとか、物足りないとかいう専門家らしき人もいるが相場に影響なし

*格下げも影響はなかった

*勝負は5月のIMF・EUのギリシア支援でついている

*大事なのは資金フローのみ

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ポンドはオリンピック2102年まで上がる気がしてきた

「ポンドはオリンピック2102年まで上がる気がしてきた」

ロンドンオリンピックの準備が忙しいようだ。

今日は2年前なのか記念行事をやっていたようだ

ただまったくの勘でロンドンのモチベーションが上がるような気がしてきた

Ws000038

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

NZ円雲の上、豪円より先に、織り込み相場か

「NZ円雲の上、豪円より先に、織り込み相場か」

*NZドル円が豪ドル円より先に雲の上へ

*今週の政策金利の予想が0.25%の利上げだからか、発表後より、発表前が素直な動き

Ws000037

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドルスイス団子天井から鍋底か

「ドルスイス団子天井から鍋底か」

昨日ちょっと書いたが鍋底となりかかっている

 ユーロやポンドとは別の動き

Ws000035

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円、ランド円、NY需給

「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000033 Ws000034

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドル円、NZドル円、NY需給

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000031 Ws000032

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

Ws000029 Ws000030

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜はこれから

「夜はこれから」

*ケース・シラー米住宅価格指数、リッチモンド連銀製造業指数、消費者信頼感指数と33本勝負

*今日から3日間米国債入札あり

*ブレイナード米財務次官は世界の金融ルールについて、世界的な金融システムの安定
を確保するためには米基準との合致が必要だと発言

*米大統領、中小企業向け融資制度を設立へ-銀行業界からは疑問の声

*ブレイナード米財務次官:中国人民元の変動規模と速度を注視している

20:45 米週間チェーンストア売上高
21:55 米週間レッドブック大規模小売店売上高
22:00(米)ケース・シラー米住宅価格指数 前年同月比(5月)予+3.9% 前+3.8%
23:00(米)リッチモンド連銀製造業指数(7月)予11 前23
23:00(米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)予51.0 前52.9
2:00 米2年債入札

決算=BP、UBS、ドイツ銀、ダイムラー、デュポン、USスチール、オフィスデポ、アフラック、ロッキード
外貨投資=米2年国債 

+++++++++今日の出来事++++++++

8:50(日)企業向けサービス価格指数 前年同月比(6月)予-0.9% 前-0.8%
9:00 豪 5月景気先行指数

15:00(独)輸入物価指数 予0.6% 前0.6%
15:00(独)GFK消費者信頼感調査 予3.5 前3.5
17:00(EU)マネーサプライM3 前年同月比(6月)予-0.1% 前-0.2%

講演=渡辺みんなの党代表(12:30)、自民党谷垣禎一総裁(15:00)
決算=BP、UBS、ドイツ銀、ダイムラー、キヤノン、JCOM、ヤフー、JFE、日立金、日立建機、大和、マネックスG、JR東日本、JR東海、大証、
外貨投資=国際投信投資顧問 グローバル鉄道関連株オープン、バークレイズ ユーロ円建て債、トヨタモーター クレジット コーポ米ドル建て債

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロポンドテク

「ユーロポンドテク」

*今年前半はギリシア危機に南欧各国の財務問題が加わり、0.90台から0.81台まで下落したが

*ギリシアへIMF・EUの支援が入りだしてからは下げ止まっている

Ws000017 Ws000018

*ポンドが2QGDP、独がIFOで予想を上回る数字が出て0.83-0.85で揉み合う

*7月20日-23日の下降ラインを上抜けて雲の上に出るにはEUの2QGDPも強くなることが必要

*5日線下向き

*ボリバンは0.8118-0.8553

*雲は0.8392-0.8536

Ws000019

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

明日も楽しく

「明日も楽しく」

28(水)豪 2Q消費者物価指数、日 中小企業景況観測調査、南ア消費者物価指数米 耐久財受注独消費者物価指数 、米エネルギー省の石油在庫統計(週間)米住宅ローン・借換え申請指数

講演=亀崎日銀審議委員
決算=協和キリン、新日鉄、コマツ、NEC、三洋電、プロミス、みずほイン証、岡三、JR西日本、京王、コノコフィリップス、スプリント・ネクステル、ボーイング、VISA
外貨投資=米5年国債

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円、ランド円、夕暮れ

「ポンド円、ランド円、夕暮れ」

Ws000018_2 Ws000019_3

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ」

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ」

Ws000016_2 Ws000017_3

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ」

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ」

Ws000014_2 Ws000015_2

| | コメント (0)

ユーロスイス、ここでもユーロ高

「ユーロスイス、ここでもユーロ高」

*5月にEU/IMF支援が出てから漸く相場に影響してきている

*7月は月足でも陽線となりそう

*日足でも7月は上昇トレンド、一旦調整売りが出たが22日の下ヒゲでまた戻してきている

*ストレステストはスイスも通過したが、結果的にはユーロ高となっている

*ボリバンの上限近くにあり 上限は1.36後半

*7月1日-8日の上昇ラインに再び迫っている

Ws000025

Ws000026

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪ドルNZドル

「豪ドルNZドル」

*ここ2年は1.2-1.3で安定、

*2001年から2008年では1.0-1.3で推移

*1990年からは1.0-1.4で推移

*4月、5月、6月は豪の利上げ打ち止め,NZ利上げ観測で豪ドル安NZ高

*7月は短い陽線で豪ドルが若干強い。

*NZも景気指標がマチマチとなってきて豪ドルが買い戻されている

*ただ日足ではボリバン上限、雲下限で上げ止まっている

*5日線横ばい

Ws000027 Ws000028

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欧州これから

「欧州これから」

*決算=注目のBP、ストレステストを終えたUBS、ドイツ銀にダイムラー

*バーゼル銀行監督委員会を監視する中央銀行総裁や監督当局者で構成されるグループは、銀行の資本・流動性に関する新たな規制の「概要」で「広範囲な合意」に達したと
発表した。

*ECB総裁:ストレステスト「重要な透明性問う訓練」
*ギリシャ:財政目標の達成に自信-EUとIMFの査定開始

*イスラエル中銀:政策金利0.25ポイント引き上げ-住宅バブル回避狙う

15:00(独)輸入物価指数 予0.6% 前0.6%
15:00(独)GFK消費者信頼感調査 予3.5 前3.5
17:00(EU)マネーサプライM3 前年同月比(6月)予-0.1% 前-0.2%

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャメロン首相、トルコEU加盟について発言か

「キャメロン首相、トルコEU加盟について発言か」

*キャメロン英首相がトルコにてトルコのEU加盟について発言する

*トルコはEUにとって重要な役割=中東の窓口

*英国はトルコのEU加盟を支持。

(以上BBCより)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円、ボリバン上限で跳ね返される。GDP&小売は強い

「ポンド円、ボリバン上限で跳ね返される。GDP&小売は強い」

(テク)

*年足は陰線

*月足はなんとか陽線

Ws000024

   

Ws000021

*7月14日のカブセで下げたが22日の逆カブセで上昇

*ただ22日-23日の上昇ラインを下抜けた

*一目の雲の中へ。雲は132.82-136.32

*ボリバンは131.69-135.48で昨日は上限で打ち返される

*5日線は上向く

Ws000023

(注文)

*売りは135.20から

*買いは134.20から

*損切りは売り買い小さい

(材料)

今日はBP決算

*キャメロン首相トルコをEU加盟問題で訪問中

英=まだ2QGDP効果継続。
 
英・2Q-GDP(前期比)、前回:+0.3%、予想:+0.6%、今回:+1.1%
英・2Q-GDP(前年比)、前回:-0.2%、予想:+1.1%、今回:+1.6%

*6月小売売上高指数(前月比)も良し、前回:+0.5%、予想:+0.6%、今回:+1.0%

(予定)

29 (木)英 全国住宅価格 消費者信用残高、英マネーサプライM4、

30 (金)英 GFK消費者信頼感調査

| | コメント (0)

海外旅行にバイク、FOREX.comグランプリ

Ws000015

「海外旅行にバイク、FOREX.comグランプリ」

*月刊チャージャー主催の月刊チャージャーFXグランプリとは、実際の取引同様に外国為替に仮想マネーでチャレンジする事が出来ます。
このグランプリは競技期間終了時に多くの利益を追求するコンテストになります。FX取引の仕組みは実際の取引とほぼ同じです。
あくまで仮想マネーなので現実の損失は発生しません。初心者の方でも安心してFXを勉強できます。
なお、ランキングの上位の方には賞品をご用意しております。

賞品

優勝 ・・・ 豪華海外ペア旅行 50万円相当(1名様)
2位 ・・・ 純金バー 50g(1名様)
3位 ・・・ Bianchi(VIANIRONE 7 ALU SHIMANO105 COMPACT ロードバイク)(1名様)
4位 ・・・ BOSE wave music system-soundlink(1名様)
5位 ・・・ DeLonghi FullAutoType(1名様)
6位 ・・・ MONTBLANC(マイスターシュテュック)(1名様)
7位 ・・・ dyson DC31(ハンディクリーナー)(1名様)
8位 ・・・ RIDEL(ワイングラスセット)(1名様)
9位 ・・・ FOREX.Com特別賞
ゴルゴ13コミック全巻 さいとう先生直筆サイン入り(1名様)
10位 ・・・ FOREX.Com特別賞
ゴルゴ13 DVD1~4巻 さいとう先生直筆サイン入り(1名様)
11位~15位 ・・・ 賞品券(¥10,000) + ゴルゴ13携帯ストラップ(1名様)
16位~20位 ・・・ 賞品券(¥5,000) + ゴルゴ13携帯ストラップ(1名様)
・・・

http://www.fx-gp.com/m_fx/index.html

Ws000016

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、ランチタイム」

「ポンド円、ランド円、ランチタイム」

Ws000013 Ws000014

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「豪ドル円、NZドル円、ランチタイム」

「豪ドル円、NZドル円、ランチタイム」

Ws000011 Ws000012

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、ランチタイム」

「ドル円、ユーロ円、ランチタイム」

Ws000009 Ws000010

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円元仲値 日中通貨高競争、負けるが勝ち

「円元仲値 日中通貨高競争、負けるが勝ち

2005/7/1の 人民元   日本円  
人民元切り上げ時 8.11   110  
2010年        
柔軟化宣言前6月18日 6.8275   90.87  
  本日 昨日 本日 昨日
2010/7/27中間値 6.7742 6.7778 86.92 87.7
2005年7月から 16.47 %元高ドル安 20.98 %円高ドル安
2010年6月柔軟化から 0.78 %元高ドル安 4.35 %円高ドル安

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京湾花火大会

猛暑が続いておりますが

花火大会のシーズンも到来です。

横浜、隅田川、東京湾花火大会の予定です。

今年も我が家では、花火に合わせて

花火大会パーティをしなくては・・・・

今年はこんなものを用意していみました。

Img00020201007252054

Img00019201007252054

これです。

チョコレートが滝のように流れるグッズです。

いわゆるシェフは私一人なので、こ

花火なんか見る余裕は一切ないと思います。

毎年・・・見たことない気がする。

| | コメント (0)

豪ドルドルテク、年足陽転へ

「豪ドルドルテク、年足陽転へ」

*今朝の豪指標=コンファレンスボード先行指数5月 0.3% 、4月は 0.1%

*5月に利上げ打ち止め、景気指標悪化で下落していたが、6月のユーロ反転により、また世界的な緩やかな景気回復で盛り返してきた

*豪中銀がやや売りを強めているのが気がかり(冷やし玉か)

*年足、0.90のせで陽転(年始値は0.8965)

*月足でも今月は大陽線で5月の大陰線を取り戻しつつある

Ws000006 Ws000007

*日足では7月19-20日の上昇ラインを基本にさらに角度を上げている

*ボリバンに沿いつつ上昇(0.8343-0.9089)

*雲は下にあるが0.8511-0.8724

*5日線上昇中

Ws000008

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレステスト後の南欧金利

ストレステスト後の南欧金利

専門家、自称専門家、ディーラーがストレステストにどう語ろうが、答えは市場にあり

*我々が戦うのは市場である

  7月20日 7月21日 7月22日 7月23日 7月26日
Germany 2.65 2.61 2.66 2.75 2.75
Greece 10.62 10.64 10.55 10.81 10.53
           
独金利差 7.97 8.03 7.89 8.06 7.78
スペイン 4.35 4.35 4.4 4.38 4.28
ポルトガル 5.6 5.47 5.72 5.59 5.52
日本国債 1.09 1.085 1.055 1.065 1.06
英国債 3.36 3.34 3.36 3.43 3.45
  1月13日 3月15日 4月28日 5月7日 6月15日
Germany 3.39% 3.15 2.99 2.79 2.69
Greece 5.63% 6.25 11.51 12.62 9.35
          格下げで↑
独金利差 2.24 3.1 8.52 9.83 6.66
スペイン 3.82 3.89 4.17 4.44 4.8
ポルトガル 3.86% 4.25 5.82 7.32 5.57
日本国債   1.34 1.285 1.28 1.22
英国債   4.06 3.99 3.82 3.55

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円 朝のPF

「ドル円 朝のPF」

午前8時53分の鳥瞰図 下げ進行

P1000001

* 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外資系動向、今日のかかしさん日本株

「外資系動向、今日のかかしさん日本株」

*外資系寄り前動向=60万株売り越し

「かかしさんの日本株」http://kakashi490123.cocolog-nifty.com/blog/

ポイント

 住宅指標の反発と好決算に牽引された米国株式市場を映して、今日の日経平均株価は上昇してのスタートとなりそうです。メドは9,535円の近辺。ザラバは小動きを想定しています。為替が多少円高方向に振れていることが上値を抑える可能性があると見ています。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月企業向けサービス価格指数

6月企業向けサービス価格指数(前年比)

前回:-0.8%
予想:-0.9%
今回:-1.0%

| | コメント (0)

今日の仲値

「今日の仲値」

*7月27日(火)=経常では通常のドル需要、 月末外貨投資少々、月末輸出少々
*注文=やや損切り売り多い
*外貨投資=米2年国債、国際投信投資顧問 グローバル鉄道関連株オープン、バークレイズ ユーロ円建て債、トヨタモーター クレジット コーポ米ドル建て債 
*チャート=7月16-20日上昇ラインの再抜き返しは難しかった、ボリバン下限86.14

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の焦点、欧米決算、ケースシラー

「今日の焦点、欧米決算、ケースシラー」

楽しい仲間達のブログ情報=今日はトロイオンスさんのセレブ投資家の眼です

08:50(日)企業向けサービス価格指数 前年同月比(6月)予-0.9% 前-0.8%
9:00 豪 5月景気先行指数

15:00(独)輸入物価指数 予0.6% 前0.6%
15:00(独)GFK消費者信頼感調査 予3.5 前3.5
17:00(EU)マネーサプライM3 前年同月比(6月)予-0.1% 前-0.2%

20:45 米週間チェーンストア売上高
21:55 米週間レッドブック大規模小売店売上高
22:00(米)ケース・シラー米住宅価格指数 前年同月比(5月)予+3.9% 前+3.8%
23:00(米)リッチモンド連銀製造業指数(7月)予11 前23
23:00(米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)予51.0 前52.9
2:00 米2年債入札

講演=渡辺みんなの党代表(12:30)、自民党谷垣禎一総裁(15:00)
決算BP、UBS、ドイツ銀、ダイムラー、キヤノン、JCOM、ヤフー、JFE、日立金、日立建機、大和、マネックスG、JR東日本、JR東海、大証、デュポン、USスチール、オフィスデポアフラック、ロッキード
外貨投資=米2年国債、国際投信投資顧問 グローバル鉄道関連株オープン、バークレイズ ユーロ円建て債、トヨタモーター クレジット コーポ米ドル建て債 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポンド円、ランド円、朝市」

「ポンド円、ランド円、朝市」

Ws000004 Ws000005

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

Ws000002_3 Ws000003_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、朝市」

「ドル円、ユーロ円、朝市」

Ws000000_2 Ws000001_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動いた通貨、ランド高い、全面ドル安、円マチマチ

「動いた通貨、ランド高い、全面ドル安、円マチマチ」

*ランド高い、円マチマチ

*ドル全面安

*ユーロ微高 IN 欧州

  7月23日 7月26日 変化率%
ドル円 87.43 86.86 -0.57 -0.65
ユーロ円 112.87 112.89 0.02 0.02
ポンド円 134.88 134.56 -0.32 -0.24
カナダ円 84.42 84.17 -0.25 -0.30
豪ドル円 78.32 78.37 0.05 0.06
NZドル円 63.55 63.73 0.18 0.28
スイス円 82.91 82.84 -0.07 -0.08
ランド円 11.75 11.81 0.06 0.51
        変化率%
ユーロドル 1.2908 1.2994 0.0086 0.67
ポンドドル 1.5422 1.5489 0.0067 0.43
ドルスイス 1.0544 1.0482 -0.0062 -0.59
ドルカナダ 1.0353 1.0316 -0.0037 -0.36
豪ドルドル 0.8954 0.9019 0.0065 0.73
NZドルドル 0.7269 0.7334 0.0065 0.89
ドルランド 7.4409 7.3548 -0.0861 -1.16
     
ユーロポンド 0.837 0.8387 0.0017 0.20
ユーロスイス 1.3612 1.3623 0.0011 0.08
豪ドルNZドル 1.2317 1.2294 -0.0023 -0.19

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先ずは数字、平穏

「先ずは数字、平穏」

*米株=米新築住宅販売が予想を上回り、フェデックス決算好調で上げる

*中国株=小幅高、さしたる材料なし

*米債券=米株上昇で売られるも、値ごろ感の買い入り小動き

*原油=動かず

*貴金属=米株上昇、リスク選好で工業資源買われ、金売られる

*穀物=米国天候良好で売られる

  7月23日 7月26日
原油 78.98 78.98 0.00 0.00
1187.80 1183.10 -4.70 -0.40
CRB 266.63 266.63 0.00 0.00
ドルINDEX 82.52 82.08 -0.44 -0.54
コーン 384.50 378.00 -6.50 -1.69
大豆 981.50 966.00 -15.50 -1.58
18.10 18.17 0.06 0.35
パラジウム 461.50 466.00 4.50 0.98
プラチナ 1537.00 1543.00 6.00 0.39
         
JGB 1.07 1.06 0.00 -0.47
         
米10年債金利 3.00 3.00 0.00 -0.07
米30年債金利 4.02 4.02 0.00 0.12
米株個別        
フォード 12.72 12.94 0.22 1.73
グーグル 490.06 488.97 -1.09 -0.22
シティ 4.02 4.15 0.13 3.23
VISA 75.59 76.08 0.49 0.65
ボーイング 67.93 68.85 0.92 1.35
NYDJ 10424.62 10525.43 100.81 0.97
ナスダック 2269.47 2296.43 26.96 1.19
上海総合 2572.03 2588.68 16.65 0.65
FTSE 5312.62 5351.12 38.50 0.72
DAX 6166.34 6194.21 27.87 0.45
日経 9430.96 9503.66 72.70 0.77

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランド円、ドルランド7.4割れ

「ランド円、ドルランド7.4割れ」

*日足は7月15-16日の下降ラインを上抜いてからは7月20-22日の上昇ラインにのっている。

*雲に到達した。雲は11.80-11.96

*ボリンジャーバンドは11.22-11.96のレンジでやや上位にいる。

*5日移動平均線は7月22日から上向いている。

Ws000002 Ws000003

(注文)

*売りは11.85 から大

*買いは11.60から、11.30から大

*損切りは売り買い小さい

(材料)

政策金利は6.5%で据え置かれた。今週はCPI、PPIの発表あり
*株価堅調
*ズマ大統領ランド=相場水準で議論あり

*マーカス中銀総裁=据置には異論なかった、ランドの水準に目標を設ける事は困難であり、コストを伴う政策委員会がランドに関して協議したのはほんの短い時間だ、ランドの変動幅は大きい、ランドの目標水準は持っていないランドの動向、インフレターゲットに沿うべきだ

2010年のGDPは2.9%に到達へ、ランドの水準について、財務省と協議へ
賃金期待は引き続き上昇している

*公務員スト避けられず
*AIDS削減のためのジェル開発は良いニュース

ゴーダン南アフリカ財務相=安定的で競争力のあるランドを望む
*NTT南アの情報システム会社ディメンション買収=最大約2900億円で10月

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

NZ円、利上げ思惑

「NZ円、利上げ思惑」

*カブセ後、19日-20日の上昇ラインが出来ている

*雲は62.39-63.98

*ボリバンは59.88-65.03

*5日線は上げ

Ws000000 Ws000001

(注文)

*売りは64.0で中。64.50で中

*買いは小さい

*損切りは売り買い小さい

(材料)

29(木)にRBNZオフィシャル・キャッシュレート、NZ貿易収支、マネーサプライあり。30 (金)はNZ住宅建設許可


NZ 7月ANZ消費者信頼感指数は弱かった(今回-5.2%、-3.2%)
6月サービス業指数 55.7 前月53.5で強い
NZ労働省=失業率は今後上昇する可能性
2QCPIは前年比+1.8%(予想+1.9%)をきかっけにNZは急速に売られた。ただNZ紙では今月0.25%の利上げが予想されている。
*6月製造業指数 結果56.2、前回54.0、
*小売売上高指数 前月比(5月)予0.5% 前-0.3%、結果+0.4%

(予定)

29 (木)RBNZオフィシャル・キャッシュレート、NZ貿易収支、マネーサプライ、

30 (金)NZ住宅建設許可

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドル円、PPI予想下回るも、78台へ回復

「豪ドル円、PPI予想下回るも、78台へ回復」

*カブセから逆カブセとダイナミックな動きの後小動き

*7月14日がカブセなら7月19日は逆カブセ

*19日の逆カブセの後は、19日-20日の上昇ラインに乗っている

*5日線は上向きに転じる

雲は7735-79.94で雲中へ 

ボリバンは73.33-80.06

Ws000049 Ws000050

(注文)

*売りは78.60から、78.80が大

*買いは小さい

*損切りは売り買い小さい

(材料)

8月3日の政策金利決定へ向け今週はCPI、PPIの発表あり
豪経済指標=2QPPI:0.3%(予想0.8%)、前年比(前年比):1.0%(予想1.5%)

スティーブンス豪中銀総裁=豪経済はトレンド付近の成長、インフレは目標に近い、欧州は予想より早く財政政策を引締めの公
算、世界の成長の緩和を予想。

(予定)

26(月)豪 2Q生産者物価指数

27 (火)豪 景気先行指数

28(水)豪 2Q消費者物価指数

29 (木)豪 HIA住宅価格

30 (金)豪 民間信用供与

| | コメント (0)

ポンド円、GDP&小売効果

「ポンド円、GDP&小売効果」

(テク)

*7月14日のカブセで下げたが7月16日-17日の下降ラインを上抜いて横ばい

*一目の雲の中へ。雲は132.61-136.32

*ボリバンは131.68-135.48

*5日線は上向く

Ws000047 Ws000048

(注文)

*売りは135.40から、136.0で大

*買いは134.20から

*損切りは売り買い小さい

(材料)

まだ2QGDP効果継続。
 *BPのリビヤ原油採掘開始とパンナム事件の関わりで米国から批判あり

英・2Q-GDP(前期比)、前回:+0.3%、予想:+0.6%、今回:+1.1%
英・2Q-GDP(前年比)、前回:-0.2%、予想:+1.1%、今回:+1.6%

*6月小売売上高指数(前月比)も良し、前回:+0.5%、予想:+0.6%、今回:+1.0%

(予定)

29 (木)英 全国住宅価格 消費者信用残高、英マネーサプライM4、

30 (金)英 GFK消費者信頼感調査

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

2010年7月26日 (月)

ユーロ円、113台売り増加

「ユーロ円、113台売り増加

(テク)

7月1日-7日の上昇ラインを下抜けしている

*欧州指標改善で戻しているが上の上昇ラインに届かず

*ボリバンレンジは狭く108.34-114.04

*雲は111.45-117.85で雲の中へ

:IMMのユーロショート減少継続

*5日線は上げ

 Ws000045 Ws000046

(注文) 

売りは113台前半が増えてきている

*買いは112台は中、112.0が大

*損切りは売り買い小さ台い

(材料)

ゴンサレス・パラモECB理事=ストレステストに満足している、ストレステストは銀行業の強さを示した。

ビーニスマギECB専務理事=ギリシャは債務危機に上手く対応できることは明らか、過去数週間が示す(IMF、EUがチェック)

* 今週は雇用統計とCPIに注目

*独・7月IFO企業景況感指数=前回:101.8、予想:101.5、今回:106.2

格付け機関S&P=ハンガリーの格付け見通しを安定的からネガティブに引き下げ
格付け機関ムーディーズ=ハンガリーのBaa1の格付けを格下げの可能性ありで見直し
*トリシェ総裁=緊縮財政を開始すべき、景気刺激策を維持し続ける事を否定する

(予定)

27 (火)ユーロ圏 マネーサプライM3、独消費者信頼感指数、

28(水)独消費者物価指数

29 (木)仏 生産者物価指数、独 失業者数、独失業率、ユーロ圏消費者信頼感、

30 (金)ユーロ圏 失業率、消費者物価指数、スイスKOF先行指数

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル円、夜のPF

「ドル円、夜のPF」

P1000002

| | コメント (0)

ドル円テク、16-20日上昇ラインはつらいよ

「ドル円テク、16-20日上昇ラインはつらいよ」

*7月16日-20日の上昇ラインを抜き返して上昇するのは難しかった

 朝から入っていた87.45の損切りの売りを執行してからは今日は弱かった

*右肩上がりを追っていくのはつらい

*14日-15日の下降ラインがサポートとなった。

*ボリバンレンジ86.12-90.15

*一目の雲は遠く91.08-46

*5日移動平均線は先週金曜に上向く

Ws000043 Ws000044

(注文)

*売りは87.40以上小から中

*買いは小さい、86.80で中

*損切りは売りが87.15で中以上、買いはない

(材料)

6月通関ベース貿易収支、前回:3242億円、予想:6909億円、今回:6870億円

*全国財務局長会議ではエコカー減税の効果などで乗用車の販売が好調で、個人消費に持ち直しの動きがみられるなどとして、全国の景気の判断を2期連続で上方修正した。

*月末週、決算、指標多い、国会も開幕、外貨投信も多いが個人は投資の余裕があるだろうか。株価低迷も気になる
*政府の円高懸念発言もあるが行動は伴わない。

(予定)

26(月)日 通関ベース貿易収支、東京証券取引所が株式配当指数の先物を上場

27 (火)日 企業向けサービス価格指数、自動車各社の生産・販売実績、

28(水)日 中小企業景況観測調査

29 (木)日 対外・対内証券売買契約 大型小売店販売額、小売業販売額

30 (金)日 臨時国会召集(8月6日まで)、日銀議事録(2000年1─6月分)、失業率、有効求人倍率、東京都区部消費者物価指数、全国消費者物価指数、全世帯家計調査-消費支出、鉱工業生産、住宅着工、大手建設受注、自動車生産・輸出実績、外国為替平衡操作の実施状況

(講演)

26(月)全国財務局長会議、みんなの党の渡辺代表、ブレイナード米財務次官(国際経済担当)、地区経済について
27(火)自民党の谷垣禎一総裁
28(水)亀崎日銀審議委員
29(木)
30(金)武藤敏郎前日銀副総裁

(決算)

27(火)キヤノン、JCOM、ヤフー、JFE、日立金、日立建機、大和、マネックスG、JR東日本、JR東海、大証、デュポン、USスチール
28(水)協和キリン、新日鉄、コマツ、NEC、三洋電、プロミス、みずほイン証、岡三、JR西日本、京王、コノコフィリップス、スプリント・ネクステル、ボーイング、VISA
29(木)JT、神戸鋼、東芝、エルピーダ、ルネサス、パナソニック、シャープ、ソニー、京セラ、日産自、三菱自、任天堂、H2Oリテイ、SBI、アコム、三井不、ヤマトHD、郵船、商船三井、NTTドコモ、関西電、東ガス、ソフトバンク、富士通、エクソンモービル、モトローラ
30(金)サッポロHD、アサヒ、昭和シェル、武田、第一三共、富士フイルム、三菱電、デンソー、三菱重、川重、マツダ、ホンダ、ヤマハ、丸紅、住友商、三菱商、三菱UFJ、みずほFG、武富士、野村、菱地所、阪急阪神、日通、ANA、東電、中部電、大阪ガス、Jパワー、日立、三井造、富士重、シェブロン、メルク

(外貨投資)

27(火)米2年国債、国際投信投資顧問 グローバル鉄道関連株オープン
28(水)米5年国債
29(木)米7年国債、キャピタル アセットマネジメント 南アフリカ株ファンド

30(金)HSBC投信 HSBC ブラジル株式オープン、野村アセットマネジメント (新興国債券ファンズ、インド株投資、新中国株投資)大和住銀投信投資顧問 アジア・ハイ・インカム、岡三アセットマネジメント ブラジル消費関連株オープン、日興アセットマネジメント (グリーンバランスファンド、ロックフェラー医療戦略ファンド 国際株式型)、中央三井アセットマネジメント PIMCO米国ハイイールド債通貨選択(米ドル

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円、ランド円、NY需給

「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000041 Ws000042

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000039 Ws000040

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円、ユーロ円、NY需給

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

Ws000037 Ws000038

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜はこれから

「夜はこれから」

*夜は3つの指標あり

*決算は概ね好調、株価も持ち直す。弱い景気指標が心配だが今週は2QGDP、ケースシラーなどあり。決算もピーク過ぎるも続く

*ガイトナー米財務長官:米企業は人材採用になお「極めて慎重」、欧州ストレステストは情報開示強化と市場安定化努力示す

*バーナンキ議長=準備預金金利の引下げは一つの選択肢、経済で懸念すべき事柄多いが、一部明るい兆候もある
*ダドリ-NY連銀総裁=二番底を回避するという楽観視に根拠あり、金融政策は極めて緩和的だ、製造業が比較的好調に

21:30 6月シカゴ連銀全米活動指数  (前回0.21)
23:00(米)新築住宅販売件数 年率換算件数(6月)予32万件 前30万件
23:30 7月ダラス連銀活動指数(予0.0%、前回-4.0%前月比)

講演=ブレイナード米財務次官(国際経済担当)、地区経済について

++++++++今日の出来事++++++

*日経平均、配当指数など3つの配当指数先物が東証上場
*キュ-バ革命記念日
*米韓軍事演習

8:50(日)貿易統計(通関ベース)(6月)予7200億円 前3242億円
10:00 全国財務局長会議(野田財務相あいさつ)

10:30(豪)四半期卸売物価指数(PPI)前期比(4-6月期)予N/A 前1.0%
17:30 マーケットアイミーティング  

講演=全国財務局長会議、みんなの党の渡辺代表(12:00
決算=花王、日電硝、松井、カブコム
外貨投資=特になし

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドルランドテク

ドルランドテク

*月足は7.5を割ったが概ね7.5-8.0で推移している。現在は7.43-46.2009年6月から約1年7.5-8.0を中心に安定している。

Ws000024

日足ではボリンジャーバンド下限に絡んでいる。現在のレンジは7.3998-7.7762。6月21日-28日の上昇ラインをボリンジャーバンド上限近くで反転下に切り、7月6日-7日の下降ラインを上抜けたが再び下落。一目均衡表では雲の下から雲に一旦接したが雲中に入れず大きく下げ7.5割れとなった。5日移動平均線は下向きとなっている。

Ws000025 Ws000026

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

南ア 7月29日から公務員スト

「南ア 729日から公務員スト」

南アの公務員労組幹部は、政府との賃金交渉が暗礁に乗り上げたことを受け、29日に組合員約18万人がストライキを行うと明らかにした。政府の提案している6.5%の賃上げ案を拒否し、8.6%の引き上げと月1000ランドの住宅手当支給を要求。 賃金交渉では、政府と同国最大の労組COSATUとの協議も難航しており、COSATUがストに参加すれば、130万人の公務員がストに突入する可能性がある。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アランド円テク

「南アランド円テク」

*年足は陰線のままである。月足は4、5、6月と陰線であったが、7月はここまで陽線。

Ws000021 Ws000022

*日足は7月15-16日の下降ラインを上抜いてからは7月20-22日の上昇ラインにのっている。雲にはまだ到達していない。雲は11.80-11.96.ボリンジャーバンドは11.23-11.94のレンジでやや上位にいる。

*5日移動平均線は7月22日から上向いている。

Ws000023

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日も楽しくFX

「明日も楽しくFX」

27 (火)豪 景気先行指数、日 企業向けサービス価格指数、自動車各社の生産・販売実績、ユーロ圏 マネーサプライM3、独消費者信頼感指数、香港貿易収支、米 米週間チェーンストア売上高、米週間レッドブック大規模小売店売上高、ケース・シラー住宅価格指数リッチモンド連銀製造業指数、消費者信頼感指数 、インド金融政策決定会合

講演=自民党の谷垣禎一総裁

決算=BP決算?キヤノン、JCOM、ヤフー、JFE、日立金、日立建機、大和、マネックスG、JR東日本、JR東海、大証、デュポン、USスチール

外貨投資=米2年国債、国際投信投資顧問 グローバル鉄道関連株オープン

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スイス ちょっと変

「スイス ちょっと変」

*私の中では、ドルスイスは5月からの主役であった。1.16台の団子天井から、富士山直滑降のように1.04まで下落してきた。

*ただ最近はポンドやユーロに脚光が集まってちょっとすねている。

*ドルスイスが1.04-1.06で横ばい推移が続いている

*まだなべ底というのは早いかもしれない

*ちょっと変な感じである。まさか介入しているのではないかと思うが、スイス中銀にとっては

良い方向へ動いている。ユーロスイスもスイス安である

以下日足と月足

Ws000029

Ws000030

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

質問=本間宗久相場三昧伝

外為どっとコムさんの投資の時間を楽しみに待ちます。ところで、紹介されていた「本間宗久相場三昧伝」ですが、出版社は投資レ-ダ-でしょうか?パンロ-リングでしょうか?よろしくお願いします。

投稿: とんなべ様 | 2010年7月24日 (土) 09時34分」

*投資レーダー社ですが、パンローリングさんも出していらっしゃるのでしょうか

出井洲 忍著です

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円、ランド円、夕暮れ需給

「ポンド円、ランド円、夕暮れ需給」

Ws000035

Ws000036

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

Ws000034 「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

Ws000033

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

Ws000031 Ws000032

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

質問=豪中銀介入実績はどこに載っていますか

「介入実績はRBAのどこのページに載っているのでしょうか?

投稿: ぱぱんだ様 | 2010年7月24日 (土) 00時38分」

*RBAのサイト(http://www.rba.gov.au/ )のStatistical TablesのRBAの項の中に

A4  RESERVE BANK OF AUSTRALIA - FOREIGN EXCHANGE TRANSACTIONS

AND HOLDINGS OF OFFICIAL RESERVE ASSETS

というエクセルの表が出てきます。その中に毎月の中銀の米ドル建てのネットの売買金額が出ています

*それとともに読んで頂きたいのは、MARKET OPERATIONの中の為替介入についての項目です

The Exchange Rate and the Reserve Bank’s Role in the Foreign

Exchange Market

Ws000028_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (1) | トラックバック (0)