« 豪CPI後の、3通貨ペアの動き | トップページ | 円元仲値 日中通貨高競争、負けるが勝ち »

2010年7月28日 (水)

なんだか解せないCPI:津田

先ほど発表になったQ2CPIは予想よりかなり低かった。

豪ドル、豪ドル円共に50-60ポイントほど下に飛んだが、、、特にRBAの注視するUnderlying Infulationが低かった: 刈り込みと加重の平均なので前期比0.5%、前年比2.7%(前回0.8%、3.05%)

刈り込み平均値 前期比 0.5%(予想0.8%、前回0.8%)
           前年比 2.7%(予想3.0%、前回3.0%)
加重中央値    前期比 0.5%(予想0.8%、前回0.8%)
           前年比 2.7%(予想3.0%、前回3.1%)

しかし、こちらの実感は全く異なる。つまり物価上昇が非常に目立つのだ。
一年前とざっくり比較すると
レント週400→週500
電気代3カ月間 300ドル→400ドル(今年は去年より寒いということもあるが、、)
野菜、果物かなり上がっているという印象
御菓子かなりあがっている
電車運賃 例えば4ドル → 5ドル80セント
空港の長期駐車料金(10日間)150ドル→250ドル
肉---これは変わらず、、、、

などなど。

どうも選挙をにらんだ”労働党の陰謀”のような気がする。

ではでは

ジョー@シドニー

   Joeの豪ドル道場サンプル「26_july_2010.pdf」をダウンロード       

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪CPI後の、3通貨ペアの動き | トップページ | 円元仲値 日中通貨高競争、負けるが勝ち »

2津田穣(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豪CPI後の、3通貨ペアの動き | トップページ | 円元仲値 日中通貨高競争、負けるが勝ち »