« ユーロドル、鍋底相場、今年初の月足陽線なるか | トップページ | まだ仲値しこってるようですねドル円、ユーロ円、ランチタイム »

2010年7月20日 (火)

7月RBA理事会議事録:津田

先ほど発表された7月のRBA理事会議事録要旨:

・重要点ははQ2のCPIが中期的な見通しを変えるかどうか。
・Q2のコアインフレ率は依然として2-3%のレンジの上限を予想。
・ヘッドラインインフレ率は増税の影響で上昇する可能性。
・EUストレステストの結果で市場の信頼感が揺らぐかどうか注視。
・一時的に民間需要が公的支出削減を相殺する兆候。
・国内成長は設備投資と交易条件の改善で維持されている。
・豪州の調達金利は緩やかに上昇しているが、ネット(インフレ調整後)の上昇はほとんどなし。
・5月の労働市場は強く、今後更に強くなる可能性。
・小売業者によると6月は前月よりポジティブ。
・財政面や銀行問題から2011の欧州の成長は今年より弱いであろう。
・住宅市場鎮静化の兆候が見られる。
・鉄と鋼鉄の価格は下落したが歴史的には依然として高い。
・アジアの成長緩和が望ましいが、向こう2年間はトレンド成長を維持するであろう。欧米の景気低迷が長引いた場合、アジアが強い成長を見せるか否かが重要問題。
・最近の米国の就業者数には失望するが、米国は緩やかに成長するであろう。

以上

ではでは

ジョー

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ユーロドル、鍋底相場、今年初の月足陽線なるか | トップページ | まだ仲値しこってるようですねドル円、ユーロ円、ランチタイム »

2津田穣(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユーロドル、鍋底相場、今年初の月足陽線なるか | トップページ | まだ仲値しこってるようですねドル円、ユーロ円、ランチタイム »