« Japan's NTT to buy Dimension Data | トップページ | 夜はこれから »

2010年7月16日 (金)

外為入門31、ユーロとは何か、ECBの役割

「外為入門31、ユーロとは何か、ECBの役割」

(ECBの役割)
物価安定、外部からの独立、理事の解任制限
初代総裁オランダのドイセンベルグ、ECBの設置場所で敗れたフランスから第二代総裁トリシェを選ぶこととなる

(金融政策)
上限=ロンバードレート債券担保貸付
下限=公定歩合=ECBが民間から受け入れる預金の翌日物金利
通貨供給量をコントロール、インフレ率を3%以下
ECBは各国の予算に注文をつけることが出来る

(為替システムの今後は)
EMS ERM ERM2 調整の歴史

(経済格差)
GDP 失業率、ルクセンブルグとポルトガル、南欧に工場移転?

(相互監視)
違反すると罰金

|

« Japan's NTT to buy Dimension Data | トップページ | 夜はこれから »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Japan's NTT to buy Dimension Data | トップページ | 夜はこれから »