« 豪ドルNZドルテク、依然NZ底堅し | トップページ | 月曜早朝シドニー市況:津田 »

2010年7月 5日 (月)

2010年後半の株式市場を考える ; かかし

 早いもので2010年も半分が終わってしまいました。もう7月です。そこで、2010年後半の株式市場を考えてみたいと思います。

 昨年1221日に「来年の株式市場は?」と題して投稿したのですが、時間が経ったこともあり、その中のポイントの部分をそのまま引用します。

 (この図を使って)今後の株価の動向を予想すると、今年とはかなり異なった構図が浮かび上がってきます。

l  今年の在庫循環モメンタムは2月を底に大きく上昇しました。したがって、基本的にはマーケットの上昇を前提とした投資判断で臨んできました。もちろん、短期的には「小休止」、「注意報」、「一休み」などがありましたが。

  

l  今後の鉱工業在庫循環モメンタムの動向を見ると、上昇局面は1月で終わりそうです。ただし、5月あたりまでは高い水準にとどまることが株価を支えるだろうと見ています。したがって、5月の数字が発表になる6月末までは、マーケットは比較的に堅調な推移をすると見て良いのではないでしょうか?

   

l  しかし、6月を過ぎると様子が変わってきそうです。景気の頭打ち感が拡がると同時に、マーケットも調整色が濃くなってくるように思います。投資戦略としては、先物を売り立てたり、ディフェンシブ株の比重を増やすことなどでパフォーマンスを高める必要がありそうです。

   

 たしかに、年の後半になると、緊急経済対策の効果も薄れてくることが懸念されますから、マーケットの動きも注意するに越したことはないと思っています。

 6月に入ってからの現実のマーケットの動きは、欧州問題や米国の回復基調の弱さの影響を受けて、想定よりも厳しい展開でしたが、現時点でも大きな変更を加える必要はないだろうと考えています。

 私の株式ブログである「スケアクロウ投資経済研究所」で、2010年後半の投資戦略についてQ&Aの形式でまとめていますので、その全文を引用します。ご参考にしていただければと存じます。

Q:景気回復への期待が高まっていますが・・・

A:景気は悪くなると思っています。67日に内閣府が、直近の景気の谷は20093月であったと発表しました。景気は13カ月にわたって上昇してきたわけです。株価の上昇率も一時は6割を越えました。これから回復というのは虫のいい見かただと思います。

Q:景気悪化の理由は?

A:景気循環です。正確には在庫変動によって引き起こされる短期の景気波動によるものです。鉱工業在庫循環モメンタムという指標を用いると、20092月の底を打って、既に頭打ち傾向が鮮明です。今後の動きをシミュレーションすると、指標はさらに下降を続けます。

520100703

   

Q:景気が悪化するならば、株式投資は控えるべきですか?

A:そのようなことはないと思います。在庫循環モメンタムが下落する局面では、電力、食品、医薬などのディフェンシブ株が上昇する傾向があります。東京電力に注目しています。また、信用売りを積極的に利用するのも良いかもしれません。投資機会はふんだんにあります。

Q:景気の悪化は長く続くのでしょうか?

A:短いのでは。既に下降局面に入っています。重要なのは、より長い経済波動が下落局面ではないために、調整は短期に終わる可能性が高いということです。

Q:より長期の経済波動とは?

    

A:建設サイクルです。姉歯問題、建築基準法改正、リーマンショックンなどが相次ぎ、基調が弱いように見えるのですが、サブプライム・ローンで底上げされた住宅バブルの崩壊で苦しむ米国とは局面が異なります。というか「逆」なのです。

Q:いつごろからマーケットは反発するのですか?

A:早ければ10月、11月ごろ。ヘッジファンドの決算処理が終わるころです。

Q:具体的な投資戦略は?

A:しばらくはディフェンシブ。対象銘柄を拡げても、円高メリットの内需関連あたりまで。レンゴーや東京製鐵の注目しています。そして、10月、11月に大きな調整があれば、より長期的な視点に立った銘柄選択が望ましいと思っています。

Q:より長期的な視点に立った銘柄選択とは、具体的に?

     

A:たとえばスマートグリッド。既に人気化しているので、マーケットの調整とともに、値を消してくれると具合がいいと思っています。このテーマは巨大なインフラという側面があるので、日立製作所の総合力が意外に面白いと思っています。また、スマートメーターがこのインフラのカギになるので、富士電機HDや大崎電気工業に注目しています。

20100114

     

Q:超長期の経済波動に興味をお持ちと伺いましたが?

A:公文俊平氏が提唱されている日本経済の60年サイクルに興味を持っています。それによれば、現在は、日本経済は江戸末期から数えて3つ目となる30年にわたる上昇期の初期段階に当たっています。今回の上昇期の始点は2005年というところに注目しています。

20100227p

     

Q:でも、日本経済は高齢化社会を迎えて停滞するのでは?

A:そんなことはないでしょう。エネルギー源としての石油と、ガソリンエンジンで走る自動車が象徴していた20世紀が本当の意味で終わろうとしています。今、路上を走っている世界中の自動車がすっかり入れ替わり、証明もLEDに置き換わり、火力発電が自然エネルギー発電や原子力発電に置き換わることだけを考えても、途方もないビジネスチャンスが創出されていきます。そのビジネスチャンスを取り込むために必要とされる労働力は極度に不足するようになると思っています。平均年齢がこれだけ伸びていますので、60歳以上も積極的に労働力として取り込んでいく必要がでてきそうです。高齢化による停滞経済などと言っているヒマはないのでは?

今日は長くなってしまいましたので、定例の後報告は割愛させていただきます。来週にまとめてご報告しますが、徐行運転を継続したいと考えています。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪ドルNZドルテク、依然NZ底堅し | トップページ | 月曜早朝シドニー市況:津田 »

日本株」カテゴリの記事

6かかし(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豪ドルNZドルテク、依然NZ底堅し | トップページ | 月曜早朝シドニー市況:津田 »